英語の参考書使い方

【英文法参考書】大学受験英語を乗り切る!文法書&問題集ベスト3&活用法

「英文法の参考書、何使えばいいのかな?」そんな悩みを抱いたことはありませんか?英文法の参考書といっても、様々なタイプの参考書が存在しています。人によって合う・合わない、はあるとは思いますが、ここではおすすめの参考書をそれぞれの特徴をあげながら紹介していきます。ぜひあなたに合った1冊を見つけてみて下さい。

おすすめ英文法参考書・問題集ベスト3

エイッ!エイッ!英文法!! エイッ!エイッ!英文法!!
・・・
ぶんぶんブンブン文法書!!ぶんぶんブンブン文法書!!
・・・
・・・
どうも〜英文法書芸人のマルオです。
・・・
・・・
先生!笑ってくださいよ(汗
全然、面白くないわよ。センス無い。。。
早稲田大学合格後に、高学歴芸人としてデビューしようと思っていて!はやりじゃないですか!?
そんなネタ考える前に、しっかりと勉強しなさい!
英語の豆知識をしゃべる芸人とかってどうですかね??
・・・
すみません。真面目に勉強します。
英文法書芸人になる前に、あなた英文法は大丈夫なの??
大丈夫じゃなさそうだな。
それが。。絶賛、英文法書選びに迷い中なんです。。
ネタ考えて現実逃避しないで、真面目に英文法書を選びなさい!
とはいってもですね!英文法書って何を選べばいいんですか??王道のFORESTとかがいいのかな??
いつも言っているでしょ!参考書選びは自分の好みに合ったものを選ぶのが大切!!
でも、英文法の参考書っていろいろあって何を使えばいいのかわからないんですよね~。
たしかに参考書の数は無限にあるから迷うよな。
おすすめの英文法の参考書を教えて下さい!!
わかった。それじゃあこれからおすすめベスト3の参考書を紹介していくぞ!

1位:入門英文法問題精講

Amazonで詳細を見る

英文法を体系的に学び、センター試験レベルの文法力を養成する一冊。各章は文法事項の根本となる考え方を見開き2ページで示した「基本の整理」、入試の必修事項を押さえる例題演習、応用力を高める練習問題の3部構成となっています。例題は小項目ごとに「設問」+「文法事項解説」+「解答解説」の見開き完結型となっています。

入門英文法問題精講のメリット

  • 問題数が多く演習の数をこなせるところ。
  • 音声がついているため、音声学習を取り入れながら学習できる。

入門英文法問題精講のデメリット

  • 日本語訳が所々で意味が読み取りづらい訳になっているところ。
  • 構文の解説が若干薄いです。

入門英文法問題精講はこんな人におすすめ!

  • とにかく数をこなして実力を上げていきたい人。
  • 長い読解問題を解く実力はないから、短文から力をつけていきたい人。

入門英文法問題精講の基本情報

  • 価格
  • ¥1,080
  • ページ数
  • 296ページ
  • 出版社
  • 旺文社
  • レベル
  • 受験基礎レベル
  • おすすめ度
  • ★★★★★
長い読解問題を解くことに抵抗がある人は、まずはこの問題集から解いてみましょう!

詳しい使い方はこちらも参考にしてみてください。

2位:NextStage

Amazonで詳細を見る

本書は、体系的理解が可能なように全128のPointを設けてあり、内容が明示されています。整理欄、考え方欄、問題レベルの表示、解説中の[!!注意]や[+プラス]など、情報を理解しやすい構成となっています。

NextStageのメリット

  • 文法だけではなく、1冊でイディオムや発音・アクセントの知識も身につけられます。
  • 左に問題、右に答えという構成のため、時短で問題をこなせます。

NextStageのデメリット

  • 解説が詳しくないので、じっくりと学びたいという人にはおすすめ出来ません。
  • 左に問題、右に答えという構成のため、答えが目に入ってしまうことも。

NextStageはこんな人におすすめ!

  • 時短で問題数を演習したい人。
  • センター試験から難関大のレベルを目指している人。

NextStageの基本情報

  • 価格
  • ¥1,436
  • ページ数
  • 511ページ
  • 出版社
  • 桐原書店
  • レベル
  • 受験基礎レベル
  • おすすめ度
  • ★★★★★
文法の基礎知識が身についていて時短で問題を演習したい人にはぴったりね!

詳しい使い方はこちらも参考にしてみてください。

3位:ファイナル英文法標準

Amazonで詳細を見る

よくある分野ごとに分かれている問題集とは異なり、さまざまな出題形式で文法事項をランダムに配列しているため、試験を想定しながら演習をこなすことができます。また問題数がかなりあるため、自分の弱点をチェックする際に使うのが有効的でしょう。

ファイナル英文法標準のメリット

  • 問題数が多く演習の数をこなせるところ。
  • ランダムに出題されるためより実践的に文法事項を学ぶことができる。

ファイナル英文法標準のデメリット

  • 英語を勉強し始めた人には少しレベルが高い。
  • 1冊だけでは難関大レベルまではカバーしきれない。

ファイナル英文法標準はこんな人におすすめ!

  • とにかく数をこなして実力を上げていきたい人。
  • 自分の抜けを確認したい人。

ファイナル英文法標準の基本情報

  • 価格
  • ¥1,188
  • ページ数
  • 208ページ
  • 出版社
  • 桐原書店
  • レベル
  • 受験基礎レベル
  • おすすめ度
  • ★★★★★
自分の英文法の実力を実践的にチェックしたい人にはおすすめの一冊ね!

詳しくはこちらも参考にしてください。

自分にあったものがわかる!英文法参考書・問題集レベル別おすすめ

以下の紹介する参考書をみて自分に合ったものを見つけてみてくれ。
さっそく解説していくわ!

高校1・2年生向けおすすめ英文法参考書・問題集3選

とってもやさしい英文法

Amazonで詳細を見る

高校の基礎英文法の大事なところをおさらいできる本書。最初の15ページくらいでは、中学英語のおさらいもできるのであやふやな部分を無くしてから本編に入る事ができますね。構成は見開き1ページで『左→文法解説』『右→確認問題』という流れ。解説はかなりわかりやすく書かれており、『ページに文字がびっしり!』という意欲をそぐビジュアルでもないので非常にすんなり頭に入ってきます!動詞や時制のような基礎の基礎からしっかり振り返れるので、受験勉強をする上でどうにも参考書のレベルが高いと感じたら原点に立ち返るも良いでしょう。

とってもやさしい英文法の基本情報

  • 価格
  • ¥1,188
  • ページ数
  • 176ページ
  • 出版社
  • 旺文社
  • レベル
  • 高校1,2年生向け
  • おすすめ度
  • ★★★☆☆
これから勉強を始める1,2年生だけでなく、基礎でつまづく3年生にもオススメよ!

いちばんはじめの英文法[超基礎文法編]

Amazonで詳細を見る

東進の名物講師大岩先生による参考書。タイトル通り、中学レベルの基礎固めから始まりだいたい高校一年レベルの英語までが収録されています。構成としては『各項目ごとに数ページの解説があり最後に練習問題を解く』という流れ。本書はこの解説がとにかくわかりやすいです!基礎につまづいた人が使うことを想定しているので、英語が苦手な方でも納得しやすいような解説が心掛けられているんですね。さらに文章が口語体で『〜ということだよ』『〜してみよう!』と非常にとっつきやすい。著者の講義を受けているような感覚で読み進めることができます!ポップなイラストや図を交えた解説で、英語嫌いな方でも抵抗なく頭に入ってくるでしょう。

いちばんはじめの英文法の基本情報

  • 価格
  • ¥1,080
  • ページ数
  • 230ページ
  • 出版社
  • ナガセ
  • レベル
  • 高校1,2年生向け
  • おすすめ度
  • ★★★★☆
1、2年生はまずはここから!英語に慣れることから始めましょう!

中学英文法をひとつひとつわかりやすく

Amazonで詳細を見る

こちらは『中一・中二・中三・中学総ざらい』と学年ごとに分かれていますが基本方針はどれも同じで、英語の基礎をとにかく丁寧に解説してくれる内容になっています。現役中学生自分の学年のものを、中学総ざらいの『もう一度ひとつひとつわかりやすく』は受験前にもう一度超基礎から学び直したい高校生にぴったり!構成は見開き一ページで『左→用語解説』『右→練習問題』となっています。解説は手書き風のポップなイラストを使っておりビジュアル的にも覚えやすい!要所要所では英作文や穴埋めに挑戦できる復習問題もあるため、少しづつ学んでから忘れないうちに確認!というサイクルで勉強できますね!

中学英文法をひとつひとつわかりやすくの基本情報

  • 価格
  • ¥1,058(『もう一度ひとつひとつ〜』は¥2,484)
  • ページ数
  • 135ページ(『もう一度ひとつひとつ〜』は327ページ)
  • 出版社
  • 学研プラス
  • レベル
  • 高校1,2年生向け
  • おすすめ度
  • ★★★★☆
受験はかっこつけるものじゃないわ!基礎がわからなければここから始めましょう!

受験基礎レベルおすすめ英文法参考書・問題集3選

Evergreen

Amazonで詳細を見る

英文法参考書として絶大な人気を誇った『Forest』が絶版になり、その後釜として登場したのがこちらの参考書!構成は四部に分かれており『基本を知る→理解する→深く知る→確認する』という順番。『確認する』パートでは、章の内容が整理されているのでしっかり再確認するのに最適。また試験前の復習にも使いやすいので、うっかり忘れてしまうということを防いでくれます。ビジュアルはポップではなくしっかり文字で説明はされていますが、随所に図表を交えながら解説してくれるのでわかりやすさは抜群。公式サイトから音声ダウンロードができるので、耳からもしっかり身につけることができますね。

Evergreenの基本情報

  • 価格
  • ¥1,642
  • ページ数
  • 672ページ
  • 出版社
  • いいずな書店RT
  • レベル
  • これから受験勉強を始める人向け
  • おすすめ度
  • ★★★☆☆
Forestの良さを残しながらパワーアップした一冊!名著の強化版は心強いわね!

改定前の「Forest」についての使い方はこちらも参考にしてみてください。

高校英文法をひとつひとつわかりやすく

Amazonで詳細を見る

高校英文法の基礎を学び直せる参考書!あくまで高校レベルからなので『中学レベルが若干怪しい』という受験生は、『中学英文法ひとつひとつわかりやすくシリーズ』から始めるのが良いでしょう。高校の勉強を先取りしたい中学生にもオススメです!構成は見開き一ページで『左→講義』『右→演習問題』という王道の形。抑えるべきポイントを55のテーマに絞り、それをポップなイラストを使って解説しています。これにより、分厚い参考書に尻込みしている受験生が抵抗なく勉強できる内容になっているんですね。CDも付いているためリスニングのトレーニングにもぴったり!また要所要所に入試問題も含まれているため、日東駒専レベルであれば慣れることができます。

高校英文法をひとつひとつわかりやすくの基本情報

  • 価格
  • ¥1,188
  • ページ数
  • 150ページ
  • 出版社
  • 学研プラス
  • レベル
  • これから受験勉強を始める人向け
  • おすすめ度
  • ★★★★★
基礎を確実に固めながら、自然とセンターレベルにも慣れていきましょう!

いちばんはじめの英文法[英語長文編]

Amazonで詳細を見る

先ほどもご紹介した一冊!基本的にはまだ受験勉強が始まっていない一、二年生が少しでも土台作りをするのにふさわしい内容です。ですが、これから本格的に勉強を始める三年生の中には『今まであまり復習はしてこなかったし、そもそも英語が苦手・・』という方もいるのではないでしょうか?その状態で普通に参考書を解いても辛いだけ。別に受験はかっこつけるものではないので無理して難しい参考書から解く必要はありません!本書は高校一、二年生でも理解しやすいような平易な内容なので、英語に高いハードルを感じている人は無理せず基礎の基礎から振り返りましょう!

いちばんはじめの英文法の基本情報

  • 価格
  • ¥1,080
  • ページ数
  • 230ページ
  • 出版社
  • ナガセ
  • レベル
  • これから受験勉強を始める人向け
  • おすすめ度
  • ★★★★☆
受験はかっこつけるものじゃないわ!基礎がわからなければここから始めましょう!

受験応用レベルおすすめ英文法参考書・問題集3選

ポラリス英文法1

Amazonで詳細を見る

英文法ポラリスは『標準(1)・応用(2)・発展(3)』の三段階に分かれており、ここでご紹介するのは標準の1。センター試験レベルをクリアすることが目標です。中学程度の基礎が危ういという受験生には少し厳しい内容なので、別の参考書でしっかり固めてからこちらに取り組みましょう!本書は、入試で実際に出るであろう問題を解くことに徹底しています。直近2年間の入試問題を分析し今後も出るであろう内容を厳選。さらに分析した問題でおかしな箇所があればそれを修正し、『傾向をしっかり抑えつつより精査された問題』を解くことができるのです!それを詳しい解説と共に頭に入れ込むことで着実に力を付けられますね。シリーズを通して問題の重複は一切無いので、一通りこなせればいろんな問題に対応できるようになるでしょう。

ポラリス英文法1の基本情報

  • 価格
  • ¥1,296
  • ページ数
  • 308ページ
  • 出版社
  • KADOKAWA
  • レベル
  • 受験勉強をある程度進めた人向け
  • おすすめ度
  • ★★★★☆
過去問をしっかり分析しているので、一通りこなせばしっかり力がつく!素晴らしいわ!

入門英文法問題精講

Amazonで詳細を見る

基礎〜センターレベルの内容が収録された本書。基礎事項の説明はありますが、最低限高一レベルくらいは抑えておいた方が無難でしょう。各章は三部構成。文法の基本を解説した『基本の整理』、入試の必修事項を抑える『例題演習』、応用力をつける『練習問題』となっています。章ごとにきっちりと必要な知識がまとまっており、それを順を追って問題を解くことで効率よく定着させることができますね!『基本の整理』は通学時間等を利用してしっかり読み込むのも良いでしょう。解説は別冊で詳しく書かれており、間違えたところの読み込みも忘れずに行えるとより良いですね!

入門英文法問題精講の基本情報

  • 価格
  • ¥1,080
  • ページ数
  • 296ページ
  • 出版社
  • 旺文社
  • レベル
  • 受験勉強をある程度進めた人向け
  • おすすめ度
  • ★★★★★
基本情報がきちんとまとまっているから、隙間時間で読み込んでいきましょう!

詳しい使い方はこちらも参考にしてみてください。

一億人の英文法

Amazonで詳細を見る

こちらの参考書は考え方がかなりネイティブ寄り。いわゆる受験用の勉強というよりも『英語を実生活で話せるようになる』ことを目的としています。なので内容も、例えば『speak・talk・tell』の微妙な違いを解説したり、『probabiyとmaybeの確信度合いの違い』等、かなり細かいところに突っ込んだモノになっています。本質的なところを突いてくるので実際に海外に行く機会のある人であればぴったり!しかし『受験用の問題を解く』という側面では少しずれてくるので、まだ余裕のある高校1,2年生のうちに取り組むのが良いでしょう。また『志望校への勉強は一通り終わって、より英語への理解を深めたい!』という受験生が使うのもアリですね。

一億人の英文法の基本情報

  • 価格
  • ¥1,944
  • ページ数
  • 682ページ
  • 出版社
  • ナガセ
  • レベル
  • 受験勉強をある程度進めた人向け
  • おすすめ度
  • ★★★★☆
参考書自体は優秀だけど、自分がこれを使うべき段階かどうかはしっかり考えるべきね!

詳しくはこちらも参考にしてください。

センター試験対策おすすめ英文法参考書・問題集3選

NextStage

Amazonで詳細を見る

受験生なら一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?NextStageは文法問題が2000問以上収録されており、演習で力をつけたい受験生にマストな一冊となっています!ただし、あくまで『問題集』の側面が強いのですでに文法の基礎を抑えていることが前提となるので注意しましょう。解説もそこまで丁寧には書かれていないので、基礎があやふやの場合は別の参考書でインプットするのをオススメします。内容はセンターレベルから始まり早慶レベルまで対応!見開き一ページで『左→演習』『右→解説』なので、ハイスピードで問題をこなすことができます。演習でとにかく力をつけたい受験生にはありがたい構成ですね。センターで8割を目指すならいつまでも基礎に取り組むわけにも行かないので、このレベルまで頑張りましょう!

NextStageの基本情報

  • 価格
  • ¥1,436
  • ページ数
  • 511ページ
  • 出版社
  • 桐原書店
  • レベル
  • センター試験で8割とる
  • おすすめ度
  • ★★★★★
基礎が終わってアウトプット中心にしたい受験生にはぴったりの一冊ね!

詳しくはこちらも参考にしてください。

Vintage

Amazonで詳細を見る

先ほどのNextStageと同様に、基礎が終わって問題演習に取り組みたい受験生向きの一冊!こちらも見開き一ページで演習と解説がまとまっているので次々に問題に取り組むことができます。問題数は1500問程度とNextStageよりは少なめ。ですが時制、語法、イディオム、発音、会話表現等、受験に必要な範囲を網羅しているので、これに取り組めばあらゆる問題に対処できる力が身につきます。解説も見開きにしては詳しく書かれているので、しっかり解き方を学んでおけば入試で同じような問題が出題された時に応用させることができますね。考え方を学びながらもひたすら問題演習にも取り組める、かなりタフですが力をつけるには最適な勉強ができます!

Vintageの基本情報

  • 価格
  • ¥1,512
  • ページ数
  • 576ページ
  • 出版社
  • いいずな書店
  • レベル
  • センター試験で8割とる
  • おすすめ度
  • ★★★★★
この一冊で実践力を身につけて、合格というゴールにさらに近づきましょう!

詳しくはこちらも参考にしてください。

Upgrade

Amazonで詳細を見る

基本方針はNextStageやVintageと同じで、演習問題によって力をつけることを目的にしています!ですが問題数は1000問程度でやや少なめ、レベルも若干易しくなっています。基礎が終わったとはいえ、いきなり2000題近い問題に取り組むのがヘビーに思う受験生はこちらをやるのも良いでしょう。演習の他に要点整理の点でも充実した一冊!約15年間分の入試問題を分析し、単元ごとに出やすい内容をまとめた『Date Research』や、受験生が入試で間違いやすくややこしいイディオム等をまとめた『CHECK項目』もあり、随時大事な部分を確認しながら進めることができます!

Upgradeの基本情報

  • 価格
  • ¥1,393
  • ページ数
  • 447ページ
  • 出版社
  • 数研出版
  • レベル
  • センター試験で8割とる
  • おすすめ度
  • ★★★★★
要点を確認しながらたくさんの演習に取り組める親切設計の問題集ね!

MARCHレベルおすすめ英文法参考書・問題集3選

ファイナル英文法標準

Amazonで詳細を見る

センター試験の確実な突破やMARCHレベル合格を目指す受験生には必須の問題集!基礎の参考書を一冊終わらせてほぼ完璧にした状態で臨みましょう。内容は全10回の実践テスト形式。各回50題程度なので実際に入試を意識して制限時間を決めて解くのが良いでしょう。一番の特徴は問題がランダムに出題されるところ!一般の参考書は章ごとに学ぶ内容が決まっていて、確認問題もそこと関連するものが出題されます。ですが本書は、どの分野から出題されるかは完全にランダム!『どのタイミングでどんな問題が出てきてもすぐに対処できるようにする』ことで本番でも慌てずに力を発揮できます。さらなる難関大学を目指す前の、英文法基礎の総仕上げとしてもバッチリですね!

ファイナル英文法標準の基本情報

  • 価格
  • ¥1,188
  • ページ数
  • 208ページ
  • 出版社
  • 桐原書店
  • レベル
  • マーチ・関関同立に合格する
  • おすすめ度
  • ★★★★★
基礎の総仕上げ!さらなる難関を目指す前の小手調べにも最適よ!

詳しくはこちらも参考にしてください。

ポラリス英文法2

Amazonで詳細を見る

ポラリス英文法1よりもさらに進んだ内容の一冊!基本の構成は1と同じです。講義解説は1よりもやや詳しく書かれているのが特徴ですね。多少難易度は上がりますのでそちらに対応した解説ページになっています。参考書の始めの方から英語に関する専門用語を使って解説されているので、もしそもそもの意味が理解できないのであればポラリス1に戻るのが無難でしょう。全ての長文で構文についての説明があるので、レベルが上がったからこそ一文一文丁寧に確認しながら進めていきましょう!

ポラリス英文法2の基本情報

  • 価格
  • ¥1,296
  • ページ数
  • 288ページ
  • 出版社
  • KADOKAWA
  • レベル
  • マーチ・関関同立に合格する
  • おすすめ度
  • ★★★★☆
レベルが上がってもやることは同じ!さらに丁寧に進めていきましょう!

基礎英文法問題精講

Amazonで詳細を見る

すでにある程度の長文が読めるのを前提にして書かれた一冊です。本書の目的は『長文レベルがさらに上がっても、正しく読解し和訳できるようになる』というもの。なので、センターレベルの長文を読める受験生でないと解くのは厳しいでしょう。内容は、長文を読む上で覚えるべき『決まった言い回し』を中心に学ぶことができます。構文のパターンを覚えれば、そこに当てはめて解答を導けるのでしっかり覚えるのが重要です。短文の中にある構文や長文に潜む言い回しを文脈から判断するトレーニングをした後に、入試を想定した問題演習ができるので苦手を潰しながら進めていきましょう。入試想定問題は難しいので初見では難しいかもしれません。

基礎英文法問題精講の基本情報

  • 価格
  • ¥1,026
  • ページ数
  • 272ページ
  • 出版社
  • 旺文社
  • レベル
  • マーチ・関関同立に合格する
  • おすすめ度
  • ★★★★☆
構文のパターンをしっかり覚えて、確実に得点につなげていきましょう!

詳しくはこちらも参考にしてください。

早慶・難関私大レベルおすすめ英文法参考書・問題集3選

ポラリス英文法3

Amazonで詳細を見る

ポラリスシリーズの最終版!早慶クラスの難関大受験生向けの内容です。問題集というよりも参考書の色合いが強く基礎は飛ばして書かれているので注意が必要。『たくさん問題を解きたい!』という受験生は、他の問題集と組み合わせて使うと良いでしょう。解説は著者の講義を凝縮したような内容になっておりインプットの密度はバッチリ!別の参考書で数多くの問題をこなせれば、量は大変ですが『質の良いインプット・アウトプット』によって勉強としては完璧に近い状態ですね!

ポラリス英文法3の基本情報

  • 価格
  • ¥1,296
  • ページ数
  • 272ページ
  • 出版社
  • KADOKAWA
  • レベル
  • 早慶に合格する
  • おすすめ度
  • ★★★★☆
ポラリスシリーズもいよいよ最後!ここまで学べていれば英語は自信を持って良いわ!

ファイナル英文法難関大編

Amazonで詳細を見る

ファイナル英文法標準を終えた後にやるべき一冊。基本の内容は同じですがレベルがさらに上がります。標準と同じく入試本番を意識したテスト形式でランダムに問題演習ができるので、入試本番を迎える前の総仕上げとして挑むのがベスト。各回には『絶対に外せない問題』や『合否が別れる問題』といったテーマがあるので、ここでしっかり間違えておいて本番では確実に得点できるようにしましょう!本書を『最後の参考書』と位置づけ、この後は過去問に取り組んでいくというのも良いですね。

ファイナル英文法難関大編の基本情報

  • 価格
  • ¥1,296
  • ページ数
  • 226ページ
  • 出版社
  • 桐原書店
  • レベル
  • 早慶に合格する
  • おすすめ度
  • ★★★★★
英文法勉強の総仕上げ!ここまで頑張ってきたらもう一踏ん張りよ!

詳しくはこちらも参考にしてください。

全解説頻出英文法・語法問題1000(英頻)

Amazonで詳細を見る

『講義でインプットをするよりもどんどん問題演習がしたい!』という受験生にぴったりの一冊!難関私大レベルの問題を1000題に渡って解いていきます。入試に出やすい問題を厳選しており、解説も別冊で非常に丁寧に書かれています!解説の中で、類題についても説明してくれるので、一つの問題に紐づけて効率的に学ぶことができますね。基礎レベルの問題は少なめ。なので入試前の最後の総復習として使うのもオススメです。解答冊子には問題文と和訳が掲載してあるので、隙間時間に確認用の参考書として使うこともできますね!

全解説頻出英文法・語法問題1000(英頻)の基本情報

  • 価格
  • ¥1,490
  • ページ数
  • 367ページ
  • 出版社
  • 桐原書店
  • レベル
  • 早慶に合格する
  • おすすめ度
  • ★★★★★
入試前の最後の総仕上げ!解答冊子はサクッと確認できる参考書としても有効的よ!

難関国立大レベルおすすめ英文法参考書・問題集3選

河合塾シリーズ 東京大学英語①文法語法語句整序

Amazonで詳細を見る

東大入試の『大問4A文法語法問題』に特化した問題集です!当然ほぼ東大受験生向けの内容ですが、難関国立を目指す人も力試しとして取り組むのも良いでしょう。収録問題は全てオリジナルで、これまでの出題傾向を基に新たに問題が作成されています。かなりピンポイントな内容のためページ数は46ページと圧倒的に少ない。ですがその分、実際の東大入試で出題される形式に合わせた問題だけを徹底的にこなせるので、自分の苦手分野が分かっている東大受験者にとっては非常に使い勝手が良いですね!

河合東京大学英語①文法語法語句整序の基本情報

  • 価格
  • ¥1,512
  • ページ数
  • 46ページ
  • 出版社
  • 河合出版
  • レベル
  • 難関国立に合格する
  • おすすめ度
  • ★★★★☆
かなりピンポイントな分、自分の目指すものが分かっている受験生には使いやすいわね!

英文法レベル別問題集6

Amazonで詳細を見る

東進の名物講師安河内先生による問題集。1〜6までレベルがあり、この6は最難関レベルの大学入試問題を想定して作られています。基本は東大早慶レベルの過去問を参考に問題が作られており、一部実際の入試問題がほぼそのまま出題されています。『空所補充』『正誤問題』『整序問題』『その他』で構成されており、これらがランダムで出題されているのが特徴。1〜5は項目ごとに問題がまとめられていましたが、6は入試本番を意識して実際の入試に合わせた配列で出題されているのです。6冊に分かれているので解説はかなり丁寧。シリーズ全てをこなせば1000題以上の問題に取り組めるので、時間はかかりますがインプットとアウトプットを合わせて相当な実力が身につくでしょう!

英文法レベル別問題集6の基本情報

  • 価格
  • ¥864
  • ページ数
  • 165ページ
  • 出版社
  • ナガセ
  • レベル
  • 難関国立に合格する
  • おすすめ度
  • ★★★★☆
6冊合わせれば質も量も問題なく演習をこなせるからぜひチャレンジしてほしいわ!

英文読解の透視図

Amazonで詳細を見る

『学んだ英文法をきちんと英文読解に活かす』ことを目的にした参考書!内容は全て早慶レベルの過去問から構成されておりかなりハイレベルです。収録されている英文は一文一文がそんなに長くはありません。これはいきなり難関長文を読むのではなく、一つずつ確実に読めるようにしていくことを意識するため。こうした考えに加えて解説も非常に丁寧なので、ハイレベルではありますが着実に解答していくことができますね。扱うテーマは倒置や強調、省略といった受験生が苦手とするものばかり!これ一冊をしっかりこなせば一気に差をつけることができます。

英文読解の透視図の基本情報

  • 価格
  • ¥1,512
  • ページ数
  • 236ページ
  • 出版社
  • 研究社
  • レベル
  • 難関国立に合格する
  • おすすめ度
  • ★★★★★
苦手分野を潰しながら着実に英文を読めるようになっていきましょう!

整序問題や正誤問題……分野別苦手を克服する英文法参考書

「助動詞」が苦手!「英文法イメージリンク助動詞」

Amazonで詳細を見る

こちらはKindle版のみの発売されています。著者の遠藤雅義氏は、英語学習を始める前段階の『英会話ができるようになる考え方』というものを、独自の『英会話イメージリンク習得法』を通じて発信しています。本書はこの習得法を使って、微妙なニュアンスの多い助動詞をイメージで学ぶことを目的とした一冊!『canとbe able toの違い』等、細かすぎて一般の参考書では扱わない助動詞の話を、豊富なイラストと共に解説しています。かなり細かい部分を突っ込んでいるのでこれだけで受験を乗り越えられるわけはありません。英語の勉強を始める前に頭を慣らす意味で使うのが良いでしょう。

英文法イメージリンク助動詞の基本情報

  • 価格
  • ¥299
  • ページ数
  • 302ページ
  • 出版社
  • 英会話エクスプレス出版
  • おすすめ度
  • ★★★★☆
狭い範囲を突っ込んでいるので、受験勉強を始める前の肩慣らしで使うのが良いわね!

整序問題・並び替えができるようになる!「頻出英語整序問題850」

Amazonで詳細を見る

入試への出題率が増加している整序問題。これを解くことに特化した問題集です。難易度はやや高めなので、難関大学を目指す受験生が取りこぼし防止のために取り組むのがベストでしょう!整序問題特有の間違えやすいポイントを文法や語法、語彙の面から丁寧に解説している一冊です。一題一題への解説に、和訳やそこで使われたイディオム、副詞等についての説明が示されており、整序問題への理解を深めると共にイディオム方面の知識も自然と勉強することができますね!

頻出英語整序問題850の基本情報

  • 価格
  • ¥1,382
  • ページ数
  • 352ページ
  • 出版社
  • 桐原書店
  • おすすめ度
  • ★★★★☆
分野特化の参考書!自分の苦手分野を明らかにしてから必要な人は使いましょうね!

正誤問題に慣れる!「河合塾スーパー講義英文法・語法正誤問題」

Amazonで詳細を見る

こちらは正誤問題に特化した問題集。レベル的には私立上位校〜難関大学を想定しています。正誤問題の難しいところは、問題を読んで『今この場で使うべき知識』を導き出すという部分にあります。実際に正誤問題の答えを見ると、そこまで難しい知識を使っているわけではない場合も多い。そこに気づくための『慣れ』と『視点の引き出し』が足りない場合がほとんどです。基本的な文法事項をマスターしなければその引き出しは作れないので、苦手とする受験生も多いのではないでしょうか?本書の構成は、『基礎テクニックを身につけるA問題』『様々な出題形式に対応するB問題』『応用力の養成をするC問題』の3つに分かれています。あらゆる視点からの問題に慣れておくことで、入試本番でも落ち着いて対応できる状況を作っておきましょう!

河合塾スーパー講義英文法・語法正誤問題の基本情報

  • 価格
  • ¥946
  • ページ数
  • 77ページ
  • 出版社
  • 河合出版/li>
  • おすすめ度
  • ★★★★☆
苦手分野を徹底的に潰して、受験本番に向けて文法の引き出しを作っておきましょう!

英文法参考書・問題集の使い方・活用法をチェック!

次に英文法の代表的な参考書についての具体的な使い方や、どういうタイミングで使っていけばよいかを解説していきます。

英文法参考書の活用法

まずは『英文法の参考書』の活用法について解説していくぞ。
参考書を買ってはみたものの、使い方がいまいちわからなくて…。

『英文法参考書』は、『英文法問題集』のような問題形式型ではなく、「これをみればなんでもわかる」といったような文法解説書といったものです。もちろん、実戦的に学べる『英文法問題集』も利用して解いていく必要があります。問題集を解いている中で、疑問がでてくると思います。そういった場面で使ってほしいのが、Forestのような『英文法参考書』なのです。学校の先生や塾・予備校の講師に聞くのも1つの手ですが、聞いたからといって100%理解できるとは限りません。ものにもよりますが、参考書は解説が丁寧で、何度も読み返せるところがメリットです。ですから、『英文法問題集』と併用して『英文法参考書』を利用してみて下さい。

活用法は…??

そうでしたね。まるお君のために解説していきましょう。

利用法としては、単元ごとに『問題集』を解く前と後に見直すようにしましょう。というのも、なにも知識がないのにも関わらず、問題を解いてもあまり効果がありません。ですから、問題集を解く前に一度『参考書』を見て、知識をつめましょう。そうすることでより定着度が高くなります。

なるほど~!『参考書』は教科書みたいなイメージですね。
まあそうだな。だが、『参考書』は教科書とは違って、より読者の目線に立って、わかりやすいように作られているから”独学で勉強する人”には特におすすめだぞ!
さっそく『参考書』使ってみます!
あ!1つ言い忘れた!
なんですか?!

先ほどは、いわば予習段階での『参考書』の使い方について解説していきましたが、次は復習段階でどのように『参考書』を使っていけばいいのか解説していきます。

『参考書』を演習前に知識のインプットのためにみよう、という話はしましたよね。『問題集』を解いていて、まったく問題なく解けてしまう人もいるとは思いますが、はじめて英文法の勉強をする人にとっては、すべての問題を1回で完璧に解くというのは無理があります。ですから、復習段階でもう一度見直してみましょう。そうすることによってより定着度合いが高まっていきます。

理解するまで何度も見直すことが大事なんですね!
うむ。今日はよく話を聞いているな。まるお君。
いつも聞いてますよ!!
そうむきになるな(笑)この調子で頑張っていくぞ!
頑張ります!!
(単純なやつだな……笑)

英文法問題集の活用法

次は『英文法の問題集』の活用法について解説していくぞ!
あの~…。
どうしたんだ?まるお君。
『問題集』ってどういうやつですか?
さっきも軽く解説したが、まあしょうがないな。もう一回解説していくぞ!

先ほどは、『英文法の参考書』の使い方について解説していきました。ここでは『英文法の問題集』の使い方について『参考書』の使い方と比較しながら、徹底的に解説に解説していきます。

『問題集』を使う目的ですが、インプットした知識をアウトプットするために解くのです。つまり、教科書のような役割を果たしている『参考書』で知識を詰め込んだ後に、演習をするために『参考書』を利用するのです。

うーん。どのくらい復習すればいいんですかね~?
どのくらいというのは人によるぞ。
ってことは、単元ごとに自分が理解するまで何回も解けばいいんですね?
その通りだ。
『問題集』をやる時って、ノートに書いてやっていけばいいですか?それとも、赤シートで隠しながら、一問一答のように書かないでやっていくのは、どっちがいいですか?
じゃあそれを解説していくぞ。

ノートに1つひとつやっていくのか。それとも、赤シートで隠しながら一問一答のようにノートに書かずにやっていくのか。についてですが、正直に言ってしまうと、正解はありません。人によって、書かなければ覚えられない人や、書かなくても覚えられるからがんがん解いていきたい人、などタイプは様々です。

ですが、単語や文法は、書いてじっくり時間をかけて覚えていくというよりは、赤シートなどで隠して、いわば一問一答のように繰り返し繰り返し、短時間で何回も触れていく方が圧倒的に効率的です。ですから必ずやれ、とは言いませんが、効率の良さを考えたら、上記で説明したようなやり方の方をオススメします。

それは効率の良いやり方の方がいいじゃないですか!!
そうだよな。目標までいかに最短で進んでいけるかを考えられるようになってきたな。
だって赤神先生、毎回その話するんですもん(笑)
いいことだろ?
たしかにいいことです(笑)

まとめ

以上が英文法の『参考書』と『問題集』の解説だ。なにかわからないことはあるか?
いいえ、よ~くわかりました!!
それはよかった!これを参考にして勉強頑張ってみてくれ。
もちろんです!がんばります!

英文法おすすめ参考書・問題集ベスト3

「入門英文法問題精講」「NextStage」「ファイナル英文法」で英文法の勉強はバッチリ!

英文法問題集・参考書の活用法

参考書はあくまで「解説書」!
補助教材の代わりやわからないところを見直すために使おう!
問題集はアウトプット!
単語や文法は何度も繰り返し解いて身につけよう!
 記事中参考書の「価格」「ページ数」などについては執筆時点での情報であり、今後変更となることがあります。また、今後絶版・改訂となる参考書もございますので、書店・Amazon・公式HP等をご確認ください。

STRUXマガジンYouTubeチャンネル開設!

監修者|橋本拓磨

橋本拓磨

東京大学法学部を卒業。在学時から学習塾STRUXの立ち上げに関わり、教務主任として塾のカリキュラム開発を担当してきた。現在は塾長として学習塾STRUXの運営を行っている。勉強を頑張っている高校生に受験を通して成功体験を得て欲しいという思いから全国の高校生に勉強効率や勉強法などを届けるSTRUXマガジンの監修を務めている。

STRUXの詳細を見る