北海道大学


北海道大学 国語の対策

北海道大学は由緒ある旧帝国大学の一校にふさわしく、総合力の問われる高難易度の試験が課されます。試験突破には各分野で実践的な演習を積み、文章を客観的かつ論理的に理解する能力が必要です。

この記事では、北海道大学合格に向けた国語の勉強法をお伝えしていきます。

北海道大学の国語出題傾向

北海道大学の国語の試験は現代文・古文・漢文すべてがバランス良く出題されます。
全問記述式のため、文章のポイントを掴み、自分の言葉で置き換えを行う記述力が重要です。出題ジャンルの幅が広いので、知識のない分野の文章が出題された場合でも正確に読み進めていける読解力も必要となります。

北海道大学国語の各問題の特徴

大問構成はこのようになっています。

  • 第1問 現代文(評論)
  • 第2問 現代文(評論)
  • 第3問 古文
  • 第4問 漢文

第1問:現代文(評論)

2500~3000文字程度の評論文を読み、続く問題に記述式で解答する形式です。
例年7問程の漢字問題も出題されています。ジャンルは科学や生物など、文系学部生からするととっつきにくい文章が多いです。どんなジャンルの文章でも、筆者の主張を正しく読み取り、自分の言葉に置き換えを行う必要があります。

第2問:現代文(評論)

2500~3000文字程度の評論文を読み、続く問題に記述式で解答する形式です。
例年堅めで難解な文章が多く出題される傾向にあります。記述解答するためには内容をかみくだく必要がありますが、時間を使いすぎないように注意しましょう。

第3問:古文

随筆や説話集等を読み、続く問題に記述式で解答する形式です。
文章量は他大学と比べて標準~少し多めです。解答に必要なポイントを見極め、簡潔に記述する力が必要になります。単語や文法はしっかりおさえた上で、古文読解の演習を積み重ねる必要があります。

第4問:漢文

随筆や物語等の漢文を読み、続く問題に記述式で解答する形式です。
例年漢字の読み問題が出題されているため、過去問等で対策を行い、着実に得点しましょう。白文を読み下す問題も出題されますので、句法も漏れなくおさえておく必要があります。

北海道大学国語の時間配分の例

北海道大学の国語の試験時間は120分です。
最初は着実に得点ができ、かつ素早く解くことができる漢文・古文から解き始めていくのがオススメです。後半は評論文の問題が続きます。大問ごとに時間を使いすぎないように、時間を確認しながら解き進めていきましょう。

時間配分の例

00:00 第4問 漢文(20)
00:20 第3問 古文(25)
00:45 第1問 現代文(評論)(30)
01:15 第2問 現代文(評論)(35)
01:50 見直し(10)

文章量も多く記述式のため、時間が足りなくなりがちです。時間内に終わらせるためにはポイントを掴んで文章を読む演習を重ねましょう。

あなたの志望校に沿った
勉強計画を作成します

学習塾STRUXでは、第1志望校の傾向に合わせたレーダーチャート・勉強計画を作成しています!あなたの今の学力にあった勉強計画を知るには、学習塾STRUXの無料体験をご活用ください。

北海道大学の国語で必要な学力レベル

北海道大学の国語は全問記述式のため、何となくの理解では正答できません。答えの根拠となる文章を正確に読み取り、自分の言葉に変換する必要があり、難易度は高めです。

現代文

現代文はレベル5。全ての問題が記述式のため、文脈を捉えて筆者の主張を正確に読み取る力、内容を簡潔にまとめる記述力が必要です。
大問1では漢字問題も出題されます。日常生活ではあまり読み書きしないものも多いため、漢字の参考書を利用して対策を行いましょう。

古文単語

古文単語はレベル4。難解な単語は出題されませんが、標準的な参考書レベルの単語は漏れなく覚えていることが必要になります。参考書を何度も繰り返し学習することで確実に覚えていきましょう。

古文文法

古文文法はレベル5。正しく品詞分解、訳出ができることが必須です。特に助詞・助動詞の理解は必須ですので、参考書を使ってしっかり取り組みましょう。

古文読解

古文読解はレベル5。正しい訳ができることはもちろん、長文でもスムーズに読み進められるように演習を積み重ねる必要があります。演習は文章量と読解にかかった時間をチェックし、現在の自分の実力を把握しながら行いましょう。

漢文句法

漢文句法はレベル5。正しい訳出ができるよう句法は完璧におさえておきましょう。漢字の読み問題も出題されますので、慣用的な句法の読みも漏れなく覚えておく必要があります。

漢文読解

漢文読解はレベル5。文章を読むうえで、文脈をしっかりと捉え、解答の根拠となるポイントを見つけることを意識しましょう。

北海道大学国語が解けるようになるためのレベル別勉強法

ここからは、北海道大学の国語で合格点をとれるようになるための勉強内容をご紹介します。「これから勉強を始める!」という人ははじめから進めてほしいですし、ある程度基礎はできている!これから北海道大学に特化していきたい!という人は途中から読み進めてもOKです。

まずは基礎固めから。古文・漢文の単語と文法学習入門

古文・漢文は英語と同様、単語と文法を覚えていなければ読み進めることはできません。試験で必要な単語や文法を何度も繰り返し学習し、確実に身につけましょう。

単語は3周以上、文法は2周以上繰り返し、それぞれ8割以上は覚えられている状態になったら、次のステップに進みましょう。

現代文についても早いうちから入試レベルに慣れるため、この段階で基本を入れておくのがオススメです。

  • 現代文高校現代文をひとつひとつわかりやすく。

こちらは2周程度読み進めて内容が理解できるようになったら次のステップです。

高校3年になるまでにこれらの基本を固めてしまいましょう。
一通り参考書をやり終えたら次のステップに進みます。

次に進むポイント

  • 助動詞の「接続」「意味」「活用」を全て覚えている
  • 動詞の活用をすべて覚えている
  • 古文単語帳の意味を8割以上覚えている
  • 漢文の句法を8割以上覚えている

入試基礎レベルまで引き上げる「古文読解」の演習

入試レベルの古文を読み解くためには、単語・文法の知識だけではなく古文読解の技術が必要です。助動詞の識別や敬語の見極め、品詞分解ができるようになれば、迅速かつ正確に文章を読めるようになります。このステップでは助動詞の識別と品詞分解をおさえ、古文読解の基礎を身につけましょう。

マドンナの単語・文法を繰り返して基礎固めをしつつ、古文読解の学習を取り入れていきます。

現代文・漢文についてもより実践的なレベルに向けて基礎を固めていきましょう。

各参考書を2周以上読み進め、8~9割は覚えているぐらいになればOKです。
高校3年生の夏までに終えられるのが理想的です。

次に進むポイント

  • 敬語の表を覚え、品詞分解ができる
  • 助詞・助動詞の識別の仕方がわかる
  • 古文読解の演習問題がスムーズに読み進められる

共通テストレベルを網羅する国語各入試演習実践

古文読解が身につけたら、現代文・漢文も含めてできる限り多くの演習問題に取り組みます。共通テストレベルの問題は演習教材として非常に使いやすいので、積極的に活用しましょう。

共通テストの過去問も早い段階から活用し、多くの問題にふれることを意識しましょう。

  • 古文読解センター試験過去問
  • 漢文読解センター試験過去問
  • 現代文センター試験過去問

高校3年生の夏~秋でこれらの演習問題を解き進め、共通テストレベルであれば8割以上は得点できるという状態になっていると良いペースです。

次に進むポイント

  • 各参考書の内容を完璧に覚えている
  • 共通テストレベルの問題は8割以上正答できる

北海道大学合格に向けて最後の総まとめ

共通テストレベルで8割以上正答できれば、基本的な入試対応力は身についています。ここからのステップでは、北海道大学の記述問題対策を重点的に行い、総まとめをしていきましょう。

漢字問題の暗記は直前までにできればいいため、早い段階から対策を行う必要性は高くありません。ただし、共通テストレベルの漢字でも複数個間違う・書けないものがあるという場合は夏明け以降にしっかり取り組めるように参考書は準備しておきましょう。

高校3年生の秋以降は直近10年ほどの過去問を赤本で時間を測って取り組みます。どの分野に時間がかかっているのかを把握すると共に、自分の得点力が不足しているポイントをおさえましょう。弱い分野については他の国公立大学の過去問等で演習を重ねることも有効です。

  • 過去問赤本(5〜10年分)

【ストマガ読者限定】
勉強のペースメーカーになってくれる!
ストマガ公式LINEアカウント

記事サムネイル

勉強法を読んで理解できたけど、結局どういうペースで勉強すればいいかわからない、という状態では不安になってしまいます。
ストマガ公式LINEアカウントでは

  • 登録者限定の受験相談イベント先行案内
  • 毎月のおすすめ勉強内容や合格のポイント定期配信
  • 時期ごとの勉強のコツや限定動画の配信

などを行っています。

友だち追加はこちら

これさえ登録しておけば、毎月のカリキュラムと受験についての情報、勉強の注意点がすべてわかります!
ぜひ、受験当日までの勉強のペースメーカーとして活用してください。

記事中参考書の「価格」「ページ数」などについては執筆時点での情報であり、今後変更となることがあります。また、今後絶版・改訂となる参考書もございますので、書店・Amazon・公式HP等をご確認ください。

監修者|橋本拓磨

橋本拓磨

東京大学法学部を卒業。在学時から学習塾STRUXの立ち上げに関わり、教務主任として塾のカリキュラム開発を担当してきた。現在は塾長として学習塾STRUXの運営を行っている。勉強を頑張っている高校生に受験を通して成功体験を得て欲しいという思いから全国の高校生に勉強効率や勉強法などを届けるSTRUXマガジンの監修を務めている。

詳しいプロフィールはこちら
伸び悩んでいる人が気をつけるべき3つのこと、ストマガ読者限定公開!
学習塾STRUX新年度無料体験受付中!
毎日の勉強を分析・改善・指導する学習塾STRUXってどんな塾?
志望校に合格するために何から始めればいいかわからない!そんな人はチェック!