受験相談記事

【受験相談】慶應大学文学部合格への傾向と対策法!

「STRUX大学受験マガジン」では、学習塾STRUX塾長である綱島将人監修のもと、第1志望校合格のための勉強法や志望校別の対策のしかた・勉強に関するコラムをわかりやすくお伝えしています。高校生のマルオをはじめとするキャラクターたちと、合格への"最短距離"をすすんでいきましょう。

トップページでほかのコンテンツを見る

志望校別の対策を見る!こちらをクリック

このSTRUX塾長綱島将人による 受験相談記事では、高校生の皆さんが、「大学受験オンライン戦略会議」を運営する学習塾STRUXの受験相談を受けた様子を掲載しています。

「志望校に受かるためにやるべき勉強がわからない……」と合格できるのか不安を抱える人
「どうしてもいきたい大学があるから、勉強法を知りたい……!」と志望校にどうしても合格したい人
「部活が忙しくて、勉強が思うように進まない……!」と部活と勉強の両立を目指す人
「勉強しようとしても、結局集中できなくて……」と勉強のやる気が出ない人

といった様々な高校生が、自分のやるべき勉強を明確にして、自信を持って勉強ができるようになった理由がわかるはずです!
皆さんと同じような状況にいる高校生を見つけて、ぜひ参考にしてくださいね。

それでは、今日も「綱島先生の受験相談」をはじめましょう!!

今回の相談者は、Y・O です。

今回の相談者:慶應義塾大学文学部志望のY・Oさん

  • 名前
  • Y・Oさん
  • 高校・学年
  • M高校既卒生
  • 高校偏差値
  • 55
  • 相談時期
  • 高卒1年目の春
  • 部活
  • 応援団
  • 志望校
  • 慶應義塾大学文学部
  • 昨年度の入試結果
  • ・早稲田文化構想学部:不合格
    ・慶應文学部:不合格
    ・明治文学部:不合格
  • 受験相談の方法
  • 教室
  • 受験科目
  • 英語・日本史・小論文
  • 得意科目
  • 日本史
  • 苦手科目
  • 英語
  • 面談で相談したいこと
  • ・毎日勉強する習慣がない
    ・どんな勉強をしたらいいのかわからない

Y・Oさんは今年の春に高校を卒業して、もう1年受験勉強をスタートする高卒生。高校時代の部活は応援団で、高校3年生の秋まで部活動メインの生活。もともと文学や歴史に興味があり、一年間浪人するということで、憧れの慶應義塾大学文学部を第一志望に設定。
ですが、高校時代は部活が忙しく、毎日勉強できなかった上に、部活引退後も勉強習慣が身に付かなかったので、浪人生活で毎日勉強し続けられるかが悩み。また今まで受験勉強を真剣に取り組んでこなかったので、「どんな参考書を使えばいいのか?」「そもそも何から手をつければいいのか」わからない状態です。
そこで今回Y・Oさんは無料相談に申し込みをして、自分の不安・悩みを相談することとなりました。

現状の悩み|慶應義塾大学文学部の対策にむけて

綱島です。今日はよろしくね。
よろしくお願いします。
では早速始めていこうと思うんだけど、特に相談したい悩みとかはあるかな?
慶應義塾大学文学部が第一志望なんですが、昨年の受験勉強で毎日勉強を続けることができなかったので、どうやって毎日の勉強習慣を身につければいいのかが悩みです。
あと、いざ勉強をしようとしても、何から勉強すればいいのかがわからないので、それもどうにかしたい!と思ってます。
勉強習慣の身につけ方
そもそも何を勉強すればいいのかわからない
じゃあ
英語・日本史・小論文
の各教科の勉強法を説明しながら、Y・Oさんの問題点を解決していきましょう!

英語の勉強法|慶應義塾大学文学部の合格への対策法

じゃあ早速始めていこうと思います。今回は今後1年間で何を勉強するべきか、をはっきりするために、年間計画と今後何を勉強すればいいのかがわかるレーダーチャート分析を行っていきます。まずは現状の学力を知ることが大事なので、現状の学力が明らかになる、
レーダーチャート分析を行います。

レーダーチャート分析ってなに?

レーダーチャートとは自分の現在の学力と、目指す大学で必要な学力を表したグラフのことです。

※青が今の自分の学力で、オレンジが目指すべき学力

主要大学約300学部のデータを用いて作った、レーダーチャートを見ることで自分の現在の学力と、目指すべき学力の差が明確になります!
その結果、自分のやるべき勉強が明確にわかります。

年間計画ってなに?

年間計画とは

  • どの参考書をやるべきなのか
  • 何月に、どの参考書をやるべきなのか

を明確にした、勉強計画のことです!

その結果、毎日自分がやるべき参考書がわかるようになるので、同じ勉強時間でも、勉強した内容が身につきやすくなります。

慶應義塾大学文学部のレーダーチャート分析で、傾向を知ろう!

じゃあまずは、慶應義塾大学文学部志望ということなので、合格するための鍵となる英語のレーダーチャート分析と年間計画を立てていきましょう。
よろしくお願いします。

レーダーチャートを作る!

レーダーチャートを作る全過程はこちら!

じゃあまずはじめに今使っている参考書を教えてくれるかな?
はい、今使っている参考書はこんな感じです。
英語の分野 使っている参考書
英単語 システム英単語Basic
英文法 Vintage
英文解釈 入門英文解釈の技術70
英長文 やっておきたい英語長文500
英作文 学校の授業のみ
リスニング 特になし
なるほど!ありがとうございます。では、ひとつひとつの勉強状態を聞いていきますね。まずは英単語から質問していこうかなと思います。
よろしくお願いします。
英単語帳は『システム英単語Basic』を使っていると言ってくれましたが、学校で使っていたんですか?
そうです。授業の中で毎週小テストがありました。
そうなんですね。では、踏み込んで質問するんですが、もし『システム英単語Basic』を使って単語テストを行うとしたら、今何割くらいできそうですか?
うーん。今年の受験の時にまずは英単語だと思って勉強したので、だいたい8割以上できると思います。
わかりました。OKです。普段はどんな感じに勉強していますか?
赤シートで隠して日本語の意味を言えるように覚えました。
なるほど。わかりました。じゃあ続いては英文法について聞いていこうと思います。今『Vintage』を使っていると言ってくれましたが、これも学校で使っていたんですか?
はい。そうです。定期テストで範囲に入っていたので、定期テスト前に丸暗記していました。
なるほど。『Vintage』は何周くらいしましたか?
部活が終わってから2周くらいやりました。
わかりました。では、もし『Vintage』の習った部分でテストするとなると、今何割くらいできますか?
これはあんまり自信ないですね。大体6割くらいですかね。
わかりました。じゃあ次は英文解釈について質問しようと思うんだけど、英文解釈の勉強はやってましたか?
『入門英文解釈の技術70』を使って勉強してました。
なるほど。これは何周くらいやりましたか?
いや、難しくて途中で諦めちゃいました。
なるほど。模試の和訳問題とかは結構できる?
いや、和訳であったり、一文一文を正確に理解するのは結構苦手です。今年の入試も長文の中で読み解けない一文があって、それでわからなくなってしまった問題がありました。
了解です。わかりました。じゃあ今度は英長文についてなんですが、英長文は得意ですか?
そうですね。あんまり自信ないです。今年の入試も問題によって点数の幅が大きかったです。
わかりました。入試本番の英長文で、時間足らないなと思ったことありますか?
自分的に長文が苦手なんで、時間足りないと思ったことはよくあります。
わかりました。じゃあ今度は英作文について聞こうと思うのですが、まず何か勉強していますか?
授業で少し勉強したくらいです。あんまり対策する時間がなかったです。
わかりました。ありがとうございます。じゃあ最後にリスニングについて聞いていきます。リスニングの勉強は何かやっている?
特にやっていないです。センター試験の前に何回かリスニング問題の練習をしたくらいです。
そうなんですね。センター試験本番ではどのくらい解けてますか?
リスニングでは35/50くらいでした。
わかりました。ではこれで質問は終わりになります。この質問をもとにレーダーチャート分析を行ったので、解説していきますね。

Y・Oさんのレーダーチャートはこちら!

解説

Y・Oさんのレーダーチャート分析はこちらです!オレンジが慶應義塾大学文学部で求められる学力で、青がY・Oさんの現状の学力です。これを見ると、英長文、英作文は対策が必要ですね。英文解釈ももうすこし伸ばす必要があります。ですが、全体的に見ると1年間、しっかりコツコツ勉強を進めればしっかり合格できるレベルの実力まで伸ばせることがわかりました。

実際に見てみてどうですか?
思った以上に小さかったです。英長文とかすごく差が開いてますね。
そうですね。慶應文学部の英長文は長くて難しいので、入念な対策が必要かなと思います。
そうですよね。英作文も必要ですし、なかなか大変だな。
確かにやることは多いかもしれないですね。ただ注目してほしいポイントは、このレーダーチャートを見てもわかる通り、行きたい大学次第でレーダーチャートは全然違うんですよね。そうなると、使うべき参考書も全然違ってきます。
確かにそうですよね。リスニングは出ないんですもんね。
はい。なので、今度はY・Oさんの志望校に合わせて、今後やるべき参考書を年間計画として立てていきます。
わかりました。よろしくお願いします。

慶應義塾大学文学部の年間計画で、対策法を知ろう!

ではこれから年間計画を立てていこうと思うんですが、Y・Oさんは計画を立てて勉強したことはありますか?
いや、ほとんどないです。
なるほど!今回は受験本番までの約1年間の勉強計画を立てていきます。この計画で「こんな風に勉強を頑張っていけば、慶應義塾大学文学部で戦っていけるレベルになって本番迎えられるんだ」というイメージをつかんでもらえればと思います。まずはこれから慶應義塾大学文学部合格までにやる必要のある参考書がこちらです。

解説

では、具体的な勉強内容を確認していきましょう。

英単語

英単語は2→4まであげなければいけませんね。そのための参考書としては『ターゲット1900』をやってもらえればいいかなと思います。ターゲット1900までやりきれれば、慶応大学のレベルでも十分対応できるようになりますね。
むしろポイントとしては英単語にあんまり時間をかけすぎないことです。受験勉強は英単語以外にも色んな分野の勉強が必要で、求められている以上の勉強をするオーバーワークをしてしまうと、他の勉強の時間がなくなってできなくなってしまいます。なので、英単語は早めに終わらせて、他の伸びしろの大きい分野の勉強をしていきましょう。

システム英単語が使い慣れているのであれば、『ターゲット1900』ではなく、『システム英単語』 を使ってもいいでしょう。
英文法

今までの傾向によれば英文法問題は出題されず、基本的なレベルが理解できていれば問題ないので、新たに英文法を勉強する必要はないです。他の分野に力を入れて勉強していきましょう。

長文や英作文など、別の分野に時間を割いていきましょう。
英文解釈

まず英文解釈で1→2にあげるためには『入門英文解釈の技術70』ですね。そして2→3にあげるためには『基礎英文解釈の技術100』がオススメです。また最後に『英文解釈の技術100』までやると慶応大学文学部で出てくるような難しい英文も読みこなせるようになっていきます。

まずはじめは『英単語』『英文法』『英文解釈』を中心に勉強を進めていきましょう。この分野は長文を読むための土台となる基礎力です。しっかり基礎力を磨きましょう。
英文読解

英文読解は1→5に引き上げなければいけません。まず1→2に引き上げるために、『イチから鍛える300』から使っていきましょう。そして2→3に引き上げるために使う参考書としては『イチから鍛える英長文500』ですね。英長文はたくさん解くことが鍵になるのでもう一冊解いていきます。その参考書が『ポラリス1』です。また3→4に引き上げるために使う参考書としては『イチから鍛える英長文700』『ポラリス2』になります。そして最後に『ポラリス3』を使って慶応文学部レベルの実践的な問題集をやっていきましょう。

英文読解は数をこなすのがポイントですね。
英作文

最後に英作文です。現在1なので4にあげなければいけません。そのためにまずは『英作文トレーニング(必修編)』をやりましょう。その後に『ユメサク』をやりましょう。英作文で重要な考え方として、自分の知っている英文を使って英作文を書くことが重要です。ユメサクはそのための英文を覚える用の参考書だと思ってください。例文暗記というのですが、自分の覚えた例文を使って英作文を書くことでほぼ満点に近いような解答を作ることができるので、例文暗記は効率よくいい点数を取るために重要ですね。慶応大学の文学部では自由英作文が出るので、ユメサクで例文暗記をしたあとは、『英作文トレーニング自由英作文編』を使って自由英作文を演習を行いましょう。

英作文は自由英作文と和文英訳があります。過去問の傾向を見て対策をしていきましょう。
これで必要な参考書は以上です。
かなり多いですね。
数えてみると全部で12冊ですね。これをやりきれれば、慶應義塾大学文学部で必要な英語の学力を身につけられるようになります。
なるほど。すごいですね。
では最後にこれを年間のスケジュールに落とし込んでいきますね。

解説

こちらが年間計画になります。文学部の問題は長文問題ですが、いきなり読解演習をやってもなかなか伸びません。まずは英単語・英文解釈に取り組むことで基礎的な力を身につけましょう。夏休み前後に長文問題に入れると理想的ですね。そこまでに基礎力を身につけていきます。そして英作文の対策も長文と同時並行で進めていけるといいですね。このペースで進めていけると12月までには過去問演習に入れるかと思います。

小論文・日本史の勉強法|慶應義塾大学文学部の合格への対策法

英語に引き続いて、小論文・日本史についてもレーダーチャート分析・年間計画を作ったので、確認しましょう!

Y・Oさん×慶應義塾大学文学部の小論文のレーダチャート


Y・Oさん×慶應義塾大学文学部の小論文の年間計画


Y・Oさん×慶應義塾大学文学部の日本史のレーダチャート


Y・Oさん×慶應義塾大学文学部の日本史の年間計画


小論文と日本史に関しても、こちらのレーダーチャートと年間計画を使って、計画的に勉強を進めていきましょう!日本史は、まずスタディサプリを使って基本的な歴史の流れをおさえましょう。ここで基本的な流れを押さえておくことで後の勉強が格段に楽になっていきます。
小論文はやるべき参考書は少ないですが、いろいろな形態で出題されるので問題演習を多めにとっています。

傾向と対策法まとめ

今回はレーダーチャートと年間計画を立てたけど、どうだったかな?
1年間の見通しが立ってよかったです。ただ参考書の数にはびっくりしました。
確かにすごい冊数だね。でも計画的に進めることで着実に実力を伸ばせるようになるので、年間計画を参考にしてみてください。おっと、そろそろ時間だね。今日はここまでかな。参加してくれてありがとうね。
いえいえ、ありがとうございました!!

今日の受験相談はここまでです!!「もっと自分と似た人の受験相談の様子を知りたい!」という人は、こちらをチェック!

Y・Oさんのように、『志望校に向けた具体的なアドバイスをしてほしい!!!』というあなたは、ぜひ無料相談にお越しください。下のバナーから無料相談特設ページをご覧になれます。(スマートフォン環境での閲覧を推奨します)

無料相談では今回の Y・Oさんのようにレーダーチャートを使った詳細な学力分析、あなた専用の勉強計画書の作成が行えます。より詳しい無料相談のご案内は下のバナーをクリック!!

ライター|学習塾STRUX講師陣

STRUX講師陣

『自学自習で合格する』をコンセプトにした学習塾です。生徒に学習トレーナーをつけることで、第1志望校合格に導いています。学習トレーナーが、第1志望校合格までに【どの参考書を】【どの時期に】【どれくらい】【どの勉強法で】やるべきかまでを指定するので、「今日、なにを勉強すればいいの?」といった悩みを持たせません。

STRUXの詳細を見る
line@の概要
友だち追加
line@限定動画
line@限定記事
友だち追加