未分類

学習塾STRUX講師にインタビューvol.2|現役東大生は、こうやって不安を解消していた!

「STRUX大学受験マガジン」では、学習塾STRUX塾長である綱島将人監修のもと、第1志望校合格のための勉強法や志望校別の対策のしかた・勉強に関するコラムをわかりやすくお伝えしています。高校生のマルオをはじめとするキャラクターたちと、合格への"最短距離"をすすんでいきましょう。

トップページでほかのコンテンツを見る

志望校別の対策を見る!こちらをクリック

無料勉強計画作成会について知る!こちらをクリック!

今回はSTRUXの講師である小野木洸介さんにインタビューをしました!小野木さんはユーモアあふれる授業を展開するため、生徒さんから厚い信頼を得ています。そこで今回は、講師の小野木さんに受験生の悩みの種の1つである『受験勉強をする中での不安の解消法』についてアドバイスを頂きました!

受験生の多くが受験をする中で、様々な悩みを抱くと思います。やる気がおきない、集中力が続かない、不安で押しつぶされそうになる、勉強法がよく分からない参考書に関してどれを使えばいいのか分からない。など悩みはつきものですよね……。

では、さっそく小野木さんから受験生に向けて『不安の解消法』のアドバイスをお願いします!


やる気は起こすものじゃない?!自然と勉強に向かえるたった2つのポイント

まずは、やる気が起きないケースについて話します。どうしてもやる気が起きなくてどうしようって焦る気持ちよくわかりますよ~。僕がやる気が起きない時、やる気をそがないためにしていたことが2つやっていたことがあります。

Point1.勉強する場所を固定してしまおう!

1つ目が、勉強する場所を変えずに決めてしまうんですよ。僕は、浪人して東大に受かったんだけど、現役生の時は家で勉強することが多かったんですよ~。

家でやろうとはしていたけど、誘惑が多くて……。(汗)
ついついスマホをいじっちゃったり、テレビを観ちゃったり、布団があるから知らぬ間に寝たりすることも……。これってやりがちではないですか?(笑)



だけど、さすがにそれではまずいと思って、浪人時代は自習室で勉強をして、家ではやらないというオンとオフの線引きをはっきりさせました

Point2.生活習慣を決めてしまおう!

2つ目が、生活習慣を決めてしまうということ。というのは、起床時間から始まって、出発時間や到着時間や何時から何時まで勉強をし、どのくらい休憩をとるのかを決めて、毎日をルーティン化することで次第に慣れていき、やる気が起きないという感情が起こらなくなります

つまり本当にルーティンは大事なんです。これは僕が身をもって経験したことだから、ぜひぜひ参考にしてみて下さい!

集中したいなら、集中することに目を向けちゃダメ!

次に集中力が続かない時の対処法だね。人間1日中集中力を持続させるのは困難です。だからいかに効率良く休憩し、リフレッシュをするかが重要です。

どうしても集中できない時は誰しもあるかと思うのですが、そんな時はどうしていましたか?

僕は、どうしても集中できない時は友達と話していたかな~。友達と話すのが本当に好きで集中力がきれやすくなる夕方とかは時間を決めて話してたね。

ここで重要なのが、時間を決めること。自分の好きなことをしてる時間ほど短く感じません?勉強してる時間は長く感じるのに、休憩してる時間はあっという間です。(笑)だから、集中できる午前中の時間はがっと集中して勉強して、夕方とか午後の時間に例えば20分とか時間を決めて休憩してました。

気をつけてほしいことで、ストイックになりすぎないでください。自分を追い込みすぎても集中力は続かないし、身体ももたないし、むしろ逆効果になってしまうリスクがあります。
ですからほしい程よく休憩をとることをおすすめします。

あなたが使うべき参考書のヒントは◯◯◯にある!!

最後に、多くの人が悩んでいる参考書の選び方についてアドバイスを頂けたらなと思います。

僕自身現役生の時は、参考書の選び方が分からないが故にやる気が起きず、そのままなんとなく勉強をしていました。逆に浪人してからは、まずは過去問から情報を集めることから始めました。

なぜかって?自分が受験する大学の傾向をつかめなきゃ、自分に必要のないレベルの問題集を選んでしまい、時間を無駄にしてしまうからですよ。

過去問をみて、それに似たような教材をピックアップするんだ。自分だけで選べないようであれば、自分の信頼している人。つまり塾の先生や学校の先生などに相談してみることが大事ですね。

まあ1番手っ取り早いのが『STRUXマガジン』を見てみて下さい!!やるべき参考書から勉強法など詳しく分かります!

まとめ

僕が今日伝えたいことは、ルーティンと自己分析の大切さ

前者に関しては、長い受験生活の中で生活のサイクルを定めて、習慣に出来ればこっちのものです。その波に乗ってしまえば、余計なことを考えずに済むし、勉強にかなり集中出来るようになります。

後者に関しては、何をするのにも現状の自己分析がかなり大事です。目標が決まっていても、自分の現状が分からなければ、何をしていけばいいか分からなくなるでしょう。
ですから、立ち止まったら自己分析をしてみましょう!

長々とここまで読んでいただきありがとうございました。僕のアドバイスしたことを多くの人が参考にしてくれたらなと思います。


今回のインタビューに答えてくれた小野木トレーナーが指導する『学習塾STRUX』では、無料体験を実施しています。無料体験では、夏休みの膨大な時間を効率的に使うにはどうすればいいのかがわかります。特に、どの参考書をどのタイミングで取り組めばいいのかが明確になります。気になった方はぜひお申し込みください!


ライター|学習塾STRUX講師陣

STRUX講師陣

『自学自習で合格する』をコンセプトにした学習塾です。生徒に学習トレーナーをつけることで、第1志望校合格に導いています。学習トレーナーが、第1志望校合格までに【どの参考書を】【どの時期に】【どれくらい】【どの勉強法で】やるべきかまでを指定するので、「今日、なにを勉強すればいいの?」といった悩みを持たせません。

STRUXの詳細を見る
line@の概要
友だち追加
line@限定動画
line@限定記事
友だち追加