塾・予備校

【大学受験】後悔しないための予備校の選び方!自分にあった塾を選ぶには?

大学受験の塾・予備校、そろそろ選びたいけど「自分にあった塾がわからない…」「どういう基準で選べばいいのかわからない…」という人は多いはず。

親御さんにしてみれば決して安くない買い物でもありますし、受験生にとっても合否を左右する塾選びはどうしても慎重になりがち。この記事では、そんな大学受験の塾・予備校選びに役立つポイントを紹介しているので、塾選びの参考にしてみてください!

しかし本当に、大学受験予備校の数も増えたわねー。
赤神普通の顔
オンライン授業が普及して、授業の仕方も多様になったしな。まあ、選択肢が増えたのは良いことじゃないか。
でも、こんなに塾の数が多いと、受験生はどこを選べばいいのか、混乱しちゃうんじゃないかしら?
赤神決め顔
そうだな。じゃあ今日は、塾・予備校選びのポイントについて解説してやるか!

大学受験の塾・予備校選びは重要?どう選べばいい?

言うまでもないことですが、塾や予備校選びは大学入試の合否を大きく左右します。第一志望合格を本気で目指すなら、塾選びに妥協は絶対にありえません。しかし、「○○塾に通いたいけど、授業料の負担が重くて無理そう」「○○の授業を受けたいが、開講している校舎が遠くてとても通えない」という人もいるでしょう。

マルオ困った顔
色々考えてると、いつまで経っても塾が決まらないんですよね……。

たしかに考えることは多くて大変ですが、では実際何を考えなければならないかを、きちんと自分で整理してみたことはありますか?実は、塾選びで考えるべきポイントは5つに絞られているのです。

赤神決め顔
今からその5つのポイントについて解説するぞ!

大学受験で塾・予備校を選ぶ5つのポイント!

赤神決め顔
まず、5つのポイントとはずばりこれだ!
教室・校舎の雰囲気
カリキュラム
質問対応
生徒のフォロー体制
合格実績

それでは、上から順に詳しく見ていきましょう。

塾・予備校に実際に足を運んで雰囲気を確認しよう!

教室や校舎の雰囲気は、塾・予備校によってかなり異なります。塾生同士仲が良く、塾で新しい友達ができたりするところもあれば、隣の席の人とも一言も話さないまま、1年間の通塾生活が終わるような塾もあります。また、自習室の雰囲気も重要ですね。おしゃべりしている人がいないか、スマホを触っている人や居眠りしている人は多いか、入念にチェックしておきましょう。せっかく塾に通うなら、周りの人たちが頑張っていて、自分の勉強に集中しやすい環境に身を置きたいですからね。

いくら受験生といえども、人間はどうしても周りに流されてしまうもの。周囲の人たちがサボってばかりいたら、自分もサボってしまいたくなるのが自然だわ。できるだけそうならない環境に身を置くのが得策よ。

何に力を入れているのか?カリキュラムを確認しよう!

カリキュラムには、ひとつひとつの塾が大切にしているものや、その塾の強みがはっきりと表れます。塾の顔であり、背骨であり、心臓でもあるといってよいでしょう。オンラインか、ライブ授業か、はたまた添削指導かという指導体制の違いに始まり、理系に強い、○○大対策に強い、○○の教科専門、という塾のカラーの違いもあります。例えば都内の進学校の生徒や東大生の間で有名な鉄緑会は、東大受験を専門としており、文系志望の学生の間で有名な「史塾」は、世界史だけを専門として授業を行っています。また、一概には言えませんが、「河合塾は文系に強く、駿台は理系に強い」といったことも一般的に言われています。まずは第一志望の大学・学部・学科を決め、そこの入試対策を強みとしている塾を、優先して選ぶようにするとよいでしょう

赤神決め顔
自分の受験計画との相性を考えるうえで、カリキュラムはとても大事だから、慎重に検討して選ぶようにしろよ

悩むことなく勉強するにはこれを確認!質問対応!

わからないことが出てきたとき、すぐに質問できる人の存在はとてもありがたいですよね。したがって、そういう人がいるかどうかを見究めることは、塾選びをする上で非常に重要です。いくら授業が良かったとしても、授業をしておしまい、では、自分の苦手を克服して点数を向上させることはできません。講師への質問や添削指導、チューターあるいは担任助手の質など、利用できるサービスの内容や質は事前にできるだけ聞き出しておきましょう

授業前後のアフターケアは重要だけど見落とされがちだから、よく見ておいてね。

あなたをしっかり見てくれる?生徒のフォロー体制

塾や予備校に通うことの大きなメリットの一つは、授業だけにとどまらない幅広い受験サポートが受けられることです

赤神喜んだ顔
志望校の合格最低点や倍率、模試や講習の情報、成績の推移などの情報を自分ですべて管理するのは大変だが、塾に通えばこれらをまとめてやってくれるぞ。

これらのサービスのうちどこまでを提供してくれるかは、塾によって大きく異なります。一般に、河合塾や投信などの大手予備校は、チューターなどのサポート制度がよく整備されていて、知用しやすくなっていることが多いです。ただ、生徒の数も多く、一人一人の学力状況を完全に把握するのが困難なので、ある種型にはまったアドバイスとなってしまうことももちろんあります。一方、ある教科を専門に教えている単科の塾などでは、授業のクオリティが高い分、これらのサポート体制は整備されていない場合も多いようですね。

受験生諸君がどこまで自己管理に長けているのかにもよるけど、サポート体制は手厚いに越したことはないわ。
マルオ困った顔
僕なんかはベタベタにお世話してもらう必要がありますね……。

塾・予備校の合格実績を確認!

塾を選ぶときの基準として、合格実績は最もよく参考にされるものの一つであり、塾側もそれを強調していることが多いですよね。実際、ある塾の指導力を見る上で、難関大学合格者を輩出しているのか、あるいは自分の志望校への合格者を多数輩出しているのかということは、一つのわかりやすい指標となります

赤神普通の顔
特に注意したいのは、自分の第一志望の大学・学部・学科に、その塾がもう何年も合格者を輩出していない場合だ。そのときは、その塾が自分の志望校を目指すうえで最適な塾かどうか、一度よく考えてみたほうがいい。
合格者がたくさん出てるからと言って自分も合格するとは限らないけど、今まで一人も合格者がいない中で初の合格者を目指すのは、かなりハードルが高いものなのよね。

と、ここまで実績を参照することの意味を述べてきましたが、もちろんそれだけで確信を持って判断が下せるわけではありません。そもそも、塾や予備校の中には、講習のみの受講者や自習室のみの利用者も合格実績に参入しているところがあり、実際にあの数字が全て塾の功績であるとは言い難いところがあります。

それに、数字はあくまで結果であり、それ自体が自分の志望校への合否に決定するわけではもちろんありません。結果の数字を見るよりも、あくまで上に挙げたような特徴(カリキュラム・質問対応・フォロー体制など)を中心にチェックするようにしましょう

実績で指導力や信頼度はある程度測れるけど、結局は相性や生徒のモチベ―ション維持など、他の要因も大きく効いてくるわ。慎重に検討することが必要よ!

大学受験の塾・予備校の授業形態で見るポイントは2つ!

ここまで、塾・予備校選びの5原則について紹介してきました。ここからは別の切り口、すなわち、自分に合う「授業の規模」「塾の規模」は何かという切り口から、塾選びを考えてみましょう。

集団授業か?個別授業か?はたまた映像?塾・予備校の授業形態

塾や予備校の授業スタイルは大きく、「集団」「個別」「映像」に分けられます。それぞれにどんな人に向いているのか、順に見ていきましょう。

1.集団授業

集団授業の写真

こんな人におすすめ!
  • レベルの高い講師の授業を受けたい
  • 授業を基点に予習・復習の計画を立て、学習ペースを管理したい
こんな人にはおすすめできない……
  • 基礎学力が足りておらず、授業がなかなか理解できない
  • 部活などで忙しく塾に行ける時間が短い

集団授業はそのほとんどが大学受験を知り尽くしたプロ講師によって行われるため、個別指導よりも講師そのものの質は高いことが多いです。予習復習の習慣がついており、授業を聞いてスムーズに理解できる基礎学力があるなら、集団授業から多くの内容を学び取ることができるでしょう。一方、時間の融通が利かないというデメリットもあるので、部活などで忙しい人にとっては、自分の取りたい授業に間に合わない可能性も高いためあまりお勧めできません

2.個別指導

個別授業の写真

こんな人におすすめ!
  • わかるまで何度も丁寧に教えてほしい!
  • 授業を聞くよりも自分から質問したり、添削指導を受けたりしたい!
こんな人にはおすすめできない……。
  • 東大・早慶など超難関大学志望の受験生(高3生)
  • 自分で参考書などを使って勉強するのが苦手

今でも根強い人気を誇るのが、対面での個別指導。大学生くらいの先生がわかるまでじっくり丁寧に教えてくれるため、集団授業になかなかついていけない高校生たちにも人気の授業スタイルとなっています。先生との距離が近く、自分に特有の事情でもためらわず相談できることも、人気の秘訣なのかもしれませんね。

先生を独り占めして、自分の聞きたいことを好きなだけ聞けるわよ。

そんな個別指導ですが、当然デメリットもあります。まず、個別指導の講師は、ある教科の知識や入試問題の傾向について、集団指導の講師ほどにはよく知らないことが多いです。集団指導の講師はその科目の指導を何年も継続しているベテランたちなので、これ自体は仕方がないというか、当然のことですね。そのため、高度な内容を学習したり、徹底的な傾向分析が必要になる超難関大学志望の受験生は、個別指導よりも集団指導の方が適している場合が多く、実際多くの人がそうしています。

マルオ困った顔
ベテランの壁は厚いってことか。

また、個別指導は毎週一定のペースで進むわけではないので、自分で学習のペースを管理することができなかったり、自主学習で質問を蓄えて個別指導に持っていけないような人も、同様にあまり向いていない、ということになりますね。

3.映像指導

映像授業の写真

こんな人におすすめ!
  • わかるまで何度も繰り返し授業を受けたい!
  • 部活などで忙しいので、自分の好きな時間に授業を受けたい
こんな人にはおすすめできない……。
  • 授業を聞いてわかった気になって満足してしまいがちだ
  • 講師に積極的に質問や添削指導を受けに行きたい

映像授業には、有名な講師の授業を全国どこにいても受けられるなど、様々なメリットがありますが、特に大きなメリットはやはり「いつでも、何度での授業が受けられる」ということ。部活などで忙しかったり、家の近くに塾がない人にとっては、ほんとうにありがたい存在ですね。またスタディサプリなど、定額制の映像授業なら、授業料も安く押さえられます

マルオ喜んだ顔
僕は家が最寄り駅から遠くて、近くに塾もないからありがたいな。

いっぽう、映像授業は視覚・聴覚に訴えかける授業をしていることが多いので、授業を聞いただけで分かったような気になってしまいやすいという危険性もはらんでいます。また、当然のことですが、講師が目の前にいるわけではないので、すぐに質問に答えてもらったり、添削指導を受けられるわけでもありません。次々に質問が浮かんでくる人にとっては、もどかしい環境といえますね。

赤神決め顔
油断すると授業を受ける態度があまりに受動的になってしまうから、注意が必要だ。

大手か?中規模・小規模か?塾・予備校の規模もチェック!

大手(河合・駿台・東進)と中規模・小規模の違いについては、この記事でもすでにいくつか触れてきましたが、その中でも重要なものは次の二つです。

  • 学習サポートの充実度
  • 総合的な指導/特徴的な指導

学習サポートの充実度は、単科の小さな塾よりは、大手の予備校の方が充実している場合が多いです。ただし、後で触れますが、この学習サポートをサービスの根幹に据えている塾もあります。

大手予備校は長年磨いてきた安定のメソッドで、安心の受験指導をしてくれるところが多いですが、小規模な塾の中には、創業者独自のアイデアで面白い指導をしているところもあります。ある教科の配点が入試で極端に高く、その教科を集中的に勉強したい人にとっては、その独自メソッドを採用して一気に点数を上げに行くのも、一つの選択肢かもしれませんね。

東大生に聞いた!大学受験の塾・予備校はこう選んでいた!

学習塾STRUXでトレーナーをしている東大生に塾選びのポイントを聞いて見たぞ!参考にしてほしい!

ケース1:首都圏在住・Sさんの場合

相談者のシルエット(男)

家か学校から近いことは必須で考えました。高校が都心の方だったので、そこの塾で有名講師の授業を受け、家近くの塾では映像授業や、参考書での自習をしました(家だとできないので笑)。

あとは、自分のレベルに合っているかどうかを意識しました。とはいえ、自分の実力に完全に合っている授業というものは少ないので、自分にあったものから受けられる映像授業や参考書を使っていました。あとは受験科目ややる気の部分までトータルで見てほしい、というのがあったので、ぜんぶ見てくれるところはポイントかなと。

ケース2:地方在住・Hさんの場合

相談者のシルエット(男)

地方だと近くに大手塾も少ないので、映像授業の衛星配信をしている塾に通っていました。どちらかというと自分で勉強を進められるタイプではあったのですが、その塾に運良く「東大コース」があり、そこの先生が非常に教育熱心でペース配分など細かく教えてくれたので迷わず進めることができました。

映像授業だとどうしてもやるペースがつかめなかったり、どの講座を取ればいいのかわからなかったりするので、そういった相談できる人がいるかどうか?というのは塾を選ぶ上でポイントになるかなと思います。

自分にあった計画や学習効率向上トレーニングで合格へ!学習塾STRUX

学習塾STRUXロゴ
学習塾STRUXの詳細はこちら

最後に、このサイトを運営している学習塾STRUXを紹介しておく!
今回紹介したようなポイントをたくさん兼ね備えているから、STRUXがぴったりという人も多いんじゃないかしら。

受験生が1人では解決できない「どれだけ勉強すればいいのかわからない」「何をすれば成績が上がるのかわからない」「今の勉強のままで合格できるのかわからない」など言った悩みに対して、大学・学部分析と受験生の学力状況の把握に基づく戦略を立案し、継続的なサポートを行います。

授業風景

毎回の授業で授業をするのではなく、その週の学習状況をもとに、「なぜその生徒が勉強できなかったのか?」「どういうやり方をすれば勉強できるようになるか?」をアドバイスし、実際に週間計画に落とし込みます。

また、計画を立てるだけではなく、「こうすれば英語が読めるようになる」など、学習効率をあげたり問題の解き方を理解したりするトレーニングを行い、自学自習を迷い無く進め、志望校に合格できる学力をつけて行くことができます。

受験に必要な科目をトータルで見てくれるし、「自分のレベルにあった」参考書を、やり方まで教えてくれるから、成績が伸びるのね!
それだけじゃない。今回話したような「わからないところを質問できる」「やる気を持続できる」ような仕組みもあるんだ!

学習塾STRUXでは『Studyplus』の塾向けサービスを利用しています。普段の授業ではもちろんのこと、このStudyplusのメッセージ機能を使うことで、解いていてわからなかった問題や勉強の進め方で悩んだ部分についてトレーナーにいつでも相談できます。

それだけでなく、Studyplusに記入した学習時間をトレーナーもリアルタイムで見ることができるので、生徒が勉強しているか?というのをトレーナー側でも確認することができます。

リアルタイムで勉強時間を把握しているから、細かい修正や勉強時間の調整ができるんだ!見られている、ということで勉強のモチベーションにもつながるぞ!
まあ、いろいろ聞くよりこちらも興味があったら資料請求や無料体験をしてみることね。
そうだな!前にも言ったが、自分の勉強スタイルや性格に合っているかは授業を体験して見ないとわからない!ぜひ受けて見てほしい!

まとめ

大学受験の塾・予備校選びのポイントをまとめたぞ!
教室・校舎の雰囲気
カリキュラム
質問対応
生徒のフォロー体制
合格実績
通塾時間を無駄にしたくない人におすすめできるオンライン塾・予備校が気になる人はこちらをチェック!!!
 記事中参考書の「価格」「ページ数」などについては執筆時点での情報であり、今後変更となることがあります。また、今後絶版・改訂となる参考書もございますので、書店・Amazon・公式HP等をご確認ください。

STRUXマガジンYouTubeチャンネル開設!

監修者|橋本拓磨

橋本拓磨

東京大学法学部を卒業。在学時から学習塾STRUXの立ち上げに関わり、教務主任として塾のカリキュラム開発を担当してきた。現在は塾長として学習塾STRUXの運営を行っている。勉強を頑張っている高校生に受験を通して成功体験を得て欲しいという思いから全国の高校生に勉強効率や勉強法などを届けるSTRUXマガジンの監修を務めている。

STRUXの詳細を見る