塾・予備校

【大学受験】予備校の選び方!自分にあった塾を選ぶには?

「STRUX大学受験マガジン」では、学習塾STRUX塾長である綱島将人監修のもと、第1志望校合格のための勉強法や志望校別の対策のしかた・勉強に関するコラムをわかりやすくお伝えしています。高校生のマルオをはじめとするキャラクターたちと、合格への"最短距離"をすすんでいきましょう。

トップページでほかのコンテンツを見る

志望校別の対策を見る!こちらをクリック

無料勉強計画作成会について知る!こちらをクリック!

大学受験の塾・予備校、そろそろ選びたいけど「自分にあった塾がわからない……」「どういう基準で選べばいいのかわからない……」という人は多いはず。親御さんにしてみれば決して安くない買い物でもありますし、受験生にとっても合否を左右する塾選びはどうしても慎重になりがち。この記事では、そんな大学受験の塾・予備校選びに役立つポイントをお伝えしています!「塾や予備校の種類は?」「自分にあった塾はどう選ぶのか?」といったきになるポイントをご紹介しているので、塾選びの参考にしてください!

大学受験の塾・予備校選びは重要?

そもそも「塾や予備校ってそんなに差があるの?」「どのくらいちゃんと選ぶ必要があるの?」と聞いてくれる方は多いわね。
まずはそうした声に答えていくぞ!

大学受験における塾・予備校には非常に多くの形態があり、塾によっても雰囲気や提供しているサービス、売りにしているものが異なります。そのため、受験生の志望校に合うか?受験生の性格や勉強スタイルに合うか?という部分をきちんと気にしないと、「せっかく通わせたのに成績が上がらない……」「やる気が上がらない……」ということになりかねません。

あらかじめ塾・予備校について調べたり、実際に無料体験にいってみたりすることで、そうしたミスマッチを防いで、成績が上がる予備校を選べるようにしましょう。

「自分に合う予備校」でないと、成績は上がらないということ!

大学受験の塾・予備校の授業形態は大きく分けて2つ!

ここではまず、塾・予備校の授業形態や塾の規模について解説していくぞ!
授業形態や規模も、人によって合う合わないがあるってことかしら?
そう!授業形態や規模によってその塾・予備校の雰囲気やできること・できないことがかわってくる!不安な人はこの表を見て、自分に合う形態を探して見るのもいいぞ!
  • 自分で学習を進められる!
    他の受験生と切磋琢磨したい!
    緊張した雰囲気で授業を受けたい!
    集団授業を見る
  • 自分の学習状況やわからないところに合わせて学習を進めたい!
    きちんと学習状況を見てもらいたい!
    個別授業を見る
  • 自分で学習を進められる!
    集中力には自信はある!
    ハイレベルな授業を受けたい!
    映像授業を見る
  • 自分で学習を進められる!
    全国の仲間と切磋琢磨したい!
    大手塾を見る
  • 細かいフォローをしてほしい!
    特殊な受験・自分の状況にも対応して欲しい!
    小規模・中規模塾を見る

集団授業か?個別授業か?はたまた映像?塾・予備校の授業形態

まずは授業の形態。講師と生徒の関係によって大きく3つに分けられるぞ!

集団授業

集団授業では、1人の講師が複数の生徒を相手に授業を行います。全国的によく見られる形態の塾です。教室全体で受験に向けた雰囲気が感じられるところや、他の仲間が勉強している様子を感じられる部分は特に大きなポイントです。

集団授業のメリット
  • 受験生の雰囲気や緊張感を感じられるので、勉強への意欲が高まる。
  • ほかの受験生の様子がわかるので、危機感が持てる。
  • 評判の先生のわかりやすい授業を聞くことができる。
  • (安めの価格帯。)
集団授業のデメリット
  • クラスのレベルが自分に合わない場合がある。
  • 教室の雰囲気が自分に合わないと最悪。
  • 自分に合わない量・レベルの宿題が課されることも。
  • わからないことは別途質問しないといけない。
  • 授業日が決まっているので融通が利かない。

ただ、集団授業の場合、上記のようにレベルが合わないとついて行くだけで精一杯、ということにもなりかねません。また、集団に対して授業をするのでどうしても生徒の平均的なレベルに合わせて授業をすることになり、レベル感が合いにくいというところはネックです。

自分にぴったりのレベルやていねいな質問対応を求めるなら、集団授業はちょっと合わないかも。

個別授業

次は個別授業だ!個別授業にはさまざまなパターンがあるから、これから紹介するメリット・デメリットに当てはまらない場合もあるぞ!注意が必要だ!

個別授業では、ほとんどの場合1対1(1対3などの場合もあり)で授業を行います。実際に授業をしてくれる場合や、演習がメインで講師がいつでも質問受けをしてくれる場合などさまざまなパターンがあります。

ほかにも、このサイトを運営している学習塾STRUXは生徒の学習コーチングという形で週間計画の作成や疑問点の解消、学力向上のトレーニングなどを行なっているわね。こういった形のいわゆる「授業をしない」塾も増えているわね。

いずれの塾も、集団授業に比べて自分の疑問点や不安に思っているところを丁寧にさらってくれる場合が多いです。

個別授業のメリット
  • 受験生それぞれの学習状況や疑問点に対応してくれる。
  • 講師との信頼関係が築きやすい。
  • 自分にあった量・レベルの課題を出してもらえる。
  • 個別に対応してくれるのでモチベーションの低下にも対応してくれる。
個別授業のデメリット
  • 先生との相性が大事。合わないと最悪。
  • 質問する形式の塾だと、質問がないと効果的に使えない。
  • (比較的高価格)。
  • 講師によって授業の質が変動しやすい。
  • 周りの受験生の様子がわかりにくい。

デメリットとしては、講師によって質が変わりやすいところ、またほかの受験生の様子がわかりにくいため切磋琢磨!という環境にはなりにくいというところでしょうか。

映像授業

映像授業は、主に映像授業の講座を取り自分のペースで受講して行くスタイルです。自分のペースで集中してできるので、自分で進められる!という人にとってはいい環境でしょう。

映像授業のメリット
  • 地方などどこにいてもハイレベルな授業が受けられる。
  • 自分のペースで進められる。
映像授業のデメリット
  • あくまで授業のみ。ペースなど自分で管理する必要があるので、悩みやすい。
  • 質問はチューターに聞くことができるが、プロの講師ではないので質にばらつき。

全国どこでも自分のペースでハイレベルな授業が受けられるのは非常に大きなメリットですが、そのペースを自分で管理しないといけない点、質問もしにくい点で映像授業の塾は難点を抱えています。

今回紹介したメリット・デメリットはあくまで一般論だ!もちろん塾・予備校によって大きく異なる部分があるぞ!

大手か?中規模・小規模か?塾・予備校の規模もチェック!

大手塾

大手塾の強みはなんといってもその情報量。過去問や入試情報など大学受験の情報が多く集まっているだけでなく、全国のライバルの状況もわかるのはメリットです。

そのぶん、それぞれの校舎で融通が利きにくい部分はあります。カリキュラム通りの授業や受験計画に沿う必要があるなど、自分にあった受験という点では一歩劣ります。

中規模・小規模塾

大手と異なり、中規模・小規模の塾では大きなデータがありません。そうしたデータは大手から仕入れる場合が多く、そういった点では不安があります。

とはいえ、大手との最大の違いは比較的カリキュラムにも融通が利き、受験生に寄り添った授業・質問対応など受けられやすいという点です。また、塾長や教室長との距離も近いので、教育に対する熱意や受験への意気込み、教育方針が伝わってくるところは信頼できるポイントでしょう。

それぞれいい部分があるから、こうした特徴を頭に入れて検討する必要はあるわね!
そうだ!これだけではどちらがいいとはいえないから、実際に足を運んで見るのが最善策!次の章でくわしく説明するぞ!

大学受験で塾・予備校を選ぶ5つのポイント!

一般論はいいから、しっかり選ぶときに注目するポイントをお伝えしたらどうかしら?
(いちいち厳しいなあ……)そうしよう!ポイントはこの3つだ!
体験授業を受ける!
カリキュラムを確認!
質問対応の体制を確認!
生徒一人一人へのフォローは?
合格実績を確認!

塾・予備校に実際に足を運んで雰囲気を確認しよう!

いちばん信頼できるのは、やはり自分の目で確かめることです。受験生であれば実際に授業を受けて見るのがいちばんいいでしょう。親御さんもその様子を実際に見たり、子供から聞いたりします。

ほとんどの塾は入塾希望・検討をしている人向けに体験授業を行なっています。また保護者の方もそれを見学したり、塾長や教室長、担当講師との面談を受けたりすることで授業の様子を知ることができます。

体験授業では「この授業スタイルで勉強を進めていけるか?」が判断のポイントになります。具体的には、

  • 授業がわかりやすいか?
  • 自分でも勉強が進められそうか?
  • やる気が続きそうか?
  • 気分的にやる気が出るか?

などがあげられるでしょう。

こうした点をみながら、「自分に合うかどうか?」を判断していきましょう。いくつかの塾を並行して見て比較することができるとなおいいですね!

百聞は一見に如かず!ネット上の口コミなども重要だが、実際に受けて見ないと「自分に合うか?」はわからないぞ!

何に力を入れているか?カリキュラムを確認しよう!

次に確認するのが塾のカリキュラム。どういったふうに授業を進めて行くのか?合格までどのように受験生を導いて行くのか?がポイントになるところです。ここは塾ごとに特色が出るところなので、保護者面談などでも聞けるといいですね。

さっち:塾長や校舎長が教育方針や受験へのロードマップをきちんと説明してくれるかどうか?というのは、けっこうポイントね。

悩む事なく勉強するにはこれを確認!質問回答!

受験生にとって「わからない」というのは大きな問題。学習面だけでなく勉強の進め方、志望校の相談などをすぐ質問できるか?というのは大きなポイントです。なるべく質問が気軽にできる塾を選ぶことで、受験生も不安になることなく、勉強に集中することができます

わからないことがあるとつい気になってしまうものね。早く解決できる場所があるとベストね。

あなたをしっかり見てくれる?生徒のフォロー体制

どうしても大手塾・集団授業塾だとおろそかになってしまいがちな、生徒個人個人へのフォロー体制。生徒一人一人の志望校をきちんと把握し、そのために必要な勉強は何か?必要な勉強が滞りなくできているか把握しているか?は志望校合格に必須の要素。

もちろん集団指導塾でも生徒のフォロー体制がしっかりしているところはありますし、個別指導塾だとむしろそうした点を売りにしている塾が多いです。どこまで見てくれるのか?というところをしっかり見極めていくことが大事です。

生徒ひとりひとりそれぞれ志望校が違えばやることもかわってくる!きちんとそれに寄り添えているかチェックだ!

塾・予備校の合格実績を確認!

最後は誰もがきになる合格実績。大手塾が大きく数字を出しているぶん、他の塾も気になりますよね。

ほかの4つの要素に比べるとこの部分は不確実なことが多いため、あまり重要な要素ではありません。ただ、カリキュラムなど他の要素と比べながら生徒のうちどのくらいの生徒が合格しているのか?などは参考になるでしょう。また、「この塾から自分の志望校に合格している」ということは、その志望校の対策ができる環境である可能性が高いので、ひとつの判断材料として大いにありです。

大手塾は在籍生徒も多い分この部分はとても有利ね。ただ「人による」部分もあるから惑わされすぎないことは大切ね。

東大生に聞いた!大学受験の塾・予備校はこう選んでいた!

学習塾STRUXでトレーナーをしている東大生に塾選びのポイントを聞いて見たぞ!参考にしてほしい!

ケース1:首都圏在住・Sさんの場合

相談者のシルエット(男)

家か学校から近いことは必須で考えました。高校が都心の方だったので、そこの塾で有名講師の授業を受け、家近くの塾では映像授業や、参考書での自習をしました(家だとできないので笑)。あとは、自分のレベルに合っているかどうかを意識しました。とはいえ、自分の実力に完全に合っている授業というものは少ないので、自分にあったものから受けられる映像授業や参考書を使っていました。あとは受験科目ややる気の部分までトータルで見てほしい、というのがあったので、ぜんぶ見てくれるところはポイントかなと。

ケース2:地方在住・Hさんの場合

相談者のシルエット(男)

地方だと近くに大手塾も少ないので、映像授業の衛星配信をしている塾に通っていました。どちらかというと自分で勉強を進められるタイプではあったのですが、その塾に運良く「東大コース」があり、そこの先生が非常に教育熱心でペース配分など細かく教えてくれたので迷わず進めることができました。映像授業だとどうしてもやるペースがつかめなかったり、どの講座を取ればいいのかわからなかったりするので、そういった相談できる人がいるかどうか?というのは塾を選ぶ上でポイントになるかなと思います。

自分にあった計画や学習効率向上トレーニングで合格へ!学習塾STRUX

最後に、このサイトを運営している学習塾STRUXを紹介しておく!
今回紹介したようなポイントをたくさん兼ね備えているから、STRUXがぴったりという人も多いんじゃないかしら。

受験生が1人では解決できない「どれだけ勉強すればいいのかわからない」「何をすれば成績が上がるのかわからない」「今の勉強のままで合格できるのかわからない」など言った悩みに対して、大学・学部分析と受験生の学力状況の把握に基づく戦略を立案し、継続的なサポートを行います。

毎回の授業で授業をするのではなく、その週の学習状況をもとに、「なぜその生徒が勉強できなかったのか?」「どういうやり方をすれば勉強できるようになるか?」をアドバイスし、実際に週間計画に落とし込みます。

また、計画を立てるだけではなく、「こうすれば英語が読めるようになる」など、学習効率をあげたり問題の解き方を理解したりするトレーニングを行い、自学自習を迷い無く進め、志望校に合格できる学力をつけて行くことができます。

受験に必要な科目をトータルで見てくれるし、「自分のレベルにあった」参考書を、やり方まで教えてくれるから、成績が伸びるのね!
それだけじゃない。今回話したような「わからないところを質問できる」「やる気を持続できる」ような仕組みもあるんだ!

学習塾STRUXでは『Studyplus』の塾向けサービスを利用しています。普段の授業ではもちろんのこと、このStudyplusのメッセージ機能を使うことで、解いていてわからなかった問題や勉強の進め方で悩んだ部分についてトレーナーにいつでも相談できます。

それだけでなく、Studyplusに記入した学習時間をトレーナーもリアルタイムで見ることができるので、生徒が勉強しているか?というのをトレーナー側でも確認することができます。

リアルタイムで勉強時間を把握しているから、細かい修正や勉強時間の調整ができるんだ!見られている、ということで勉強のモチベーションにもつながるぞ!
まあ、いろいろ聞くよりこちらも興味があったら資料請求や無料体験をしてみることね。
そうだな!前にも言ったが、自分の勉強スタイルや性格に合っているかは授業を体験して見ないとわからない!ぜひ受けて見てほしい!

まとめ

大学受験の塾・予備校選びのポイントをまとめたぞ!
  • 一番大事なのは体験授業!受けてみて体験する!「自分のレベルや性格に合うか?」が大事!
  • 見るポイントは「志望校までの合格ルートが見えるか?」「質問・フォロー体制が十分か?」
  • 集団・個別などは人によって合う合わないがある!

ライター|学習塾STRUX講師陣

STRUX講師陣

『自学自習で合格する』をコンセプトにした学習塾です。生徒に学習トレーナーをつけることで、第1志望校合格に導いています。学習トレーナーが、第1志望校合格までに【どの参考書を】【どの時期に】【どれくらい】【どの勉強法で】やるべきかまでを指定するので、「今日、なにを勉強すればいいの?」といった悩みを持たせません。

STRUXの詳細を見る
line@の概要
友だち追加
line@限定動画
line@限定記事
友だち追加