化学勉強法

【共通テスト化学】6割を取るための勉強法は?3パターンの失敗原因と解決策

共通テストの対策を見る!こちらをクリック

合格実績を見る!こちらをクリック!

「共通テストの化学でせめて6割取りたいんだけど、何を勉強すればいいの?」「共通テストの化学だけは勉強しているのに半分も取れないんだけど、なんでだろう?」「出来なさすぎて本当に何から手を付けていいか分からない」

このようなお悩みをお持ちの受験生のあなたが、共通テストで60点(6割)を取るために必要なことや、勉強法などを具体的に解説します!

この記事を読んで、その通りに勉強すれば必ず60点の大台が見えてくるはず!

ぜひ最後まで読んでください。

6割に届かない人の3パターンとパターン別勉強法

共通テストで60点に届かない受験生は主に3パターンに分かれます。

以下のチェックリストで確認してみましょう!

チェックリスト

A

  • 定期テストではいつも発展問題は飛ばして勉強をしていた
  • どの単元もどうにかこうにか赤点を取らずにギリギリ学校の授業に付いて行っていた

B

  • 特定の苦手分野だけは赤点やそれに近い点数を取っている
  • それ以外の分野に関してはそれほど悪い点数を取ったことがない

C

  • 小学校中学校のときから計算ミスがひどい
  • 字が汚いといつも指摘される

D

  • 物質の性質のような知識に抜け漏れがある
  • 4択問題などで正解をうまく1つに絞り込めない

パターンA:全体が一定のレベルに達していない受験生

チェックリストでAのパターンにあてはまったあなたは、「全ての単元が中途半端な理解」で止まってしまっています。

学校教材は、もちろん学校によって難易度が違いますから、教材によっては発展問題と書かれている部分も他の教材では基礎問題であることがあり得ます。

ですから、「テスト勉強はしていたけれども発展問題は飛ばしていた」という場合、全体的に基礎の学習が足りていない可能性が高いです。

この場合には、基本の公式や、定石(典型問題の解き方)から学習し直す必要があります。

映像授業や講義系の参考書を用いて、全範囲の学習をし直しましょう。

特に有機や無機の分野では覚えることが非常に多いので、抜け漏れがないか細かく確認し直す必要があります。

ただし、最初から全て覚えようとせず、問題集や過去問を通して徐々に暗記していくのがベストです。

6割を目指すあなたにおすすめの問題集は、「化学の新標準演習」です。

→流し込みのときに「化学の新標準演習」のリンク入れる

問題数は多いですが、しっかりやれば6割以上は確実に取れるようになる問題集です。

そのため、時間がない場合には単元をバラバラに進めるのではなく、まとめて1単元勉強したら、1単元分の問題を解いて、と進めるのがおすすめです!

すでに学校で「セミナー化学」や「リードα化学」などの問題集を使っている場合は、基本例題から順番に解いていくことをおすすめします。

パターンB:特定の単元だけ苦手意識のある場合【苦手単元の克服】が最優先!

チェックリストでBにあてはまると思ったあなたは、特定の単元が全然できないので、そのせいで得点が低いという可能性が高いです。

60点を切るという場合には、1単元ではなく、2単元か3単元か複数単元分の苦手単元があるか、もしくは1単元しか苦手分野はないけれどもミスが非常に多いかのどちらかでしょう。

複数単元の苦手分野がある場合には、その単元の学習は基本に立ち返って、スタディサプリなどの映像授業か講義系参考書を使って公式と定石の理解をしましょう。

その後、該当部分の問題を「化学の新標準演習」などの問題集を使って解き進めましょう。

ここからは、特に「暗記系の分野が苦手」な方や、「計算系の分野が苦手」な方のために、個別の対策を紹介します。

特に暗記系の分野が苦手な場合

暗記系の分野が苦手な場合には、覚えるべき内容を整理したノートを作りましょう。

教科書をそのまま読むのでは、情報量が多くどこが自分の苦手な部分なのか一目で分かりません。

暗記していない部分だけを書き出したノートを作り、いつでも必要な知識を確認できるようにしましょう。

例えば「気体の性質を覚えていない」場合には、どの気体にはどういった性質があるということがすぐに分かるよう箇条書きした表を書き出します。

最初から全てを覚えようとする必要はありません。

いつでもノートに戻ってこれるようにした状態で、問題集や過去問を通して徐々に暗記していきましょう。

最初はバツだらけになってしまっても構いません。

バツがついた問題を解き直す際に少しずつ覚えていくことが、地味ですが有効な勉強法となります。

3回や4回くらいではそうそう覚えられるものではないので、記憶力が低いなどと諦めず、辛抱強く繰り返してください。

特に計算系の分野が苦手な場合

計算系の分野が苦手な場合には、いくつか気をつけるべきことがあります。

立式までは上手くできているのに途中で計算を間違えてしまう場合、大きな数同士の計算で間違えてしまっている可能性が高いです。

特に割り算は間違えやすいので、注意が必要です。

分数の形にしたら、約分できる数字同士をできるだけ約分して、大きな数÷大きな数の割り算をしなくていいようにしてから計算します。

こうすることで、計算が簡単になり、割り算のミスをし辛くなります。

また、「大体どのくらいの数になりそうか」の見当がつく問題であれば、結果が出た時にその数がありえそうかを検討してください。

この1ステップを加えることで、明らかにありえない答えが出てしまうことを防ぐことができます。

立式そのものを間違えてしまう場合には、一度に一つの式にまとめて計算しようとしてしまっている可能性が高いです。

市販の問題集の解説にはそういった解き方が紹介されていることが多いですが、実際は短い式を一つひとつ立てて状況を明らかにしていく方が安全な場合が多いです。

無理せず、自分が理解できる範疇の立式を繰り返すことで答えに辿り着けるようにしましょう。

例えば、結晶が析出する問題の立式をよく間違えてしまう場合、一度に式を立てようとしてはいけません。

「100gの水には、何gの溶媒が解けていられるのか」「その飽和水溶液をこれだけ冷やしたら、何gの結晶が析出するのか」「ということは、今回の問題文の水溶液の量だと何gの結晶が析出するのか」といったように、1つ1つに関して式を立て、慎重に確認して解いていくようにしましょう。

いずれにしても、現時点では演習不足の可能性が高いです。

必ずサボらずに計算を解き、バツがついた部分を解き直す際も手を動かしながら行うようにしてください。

苦手をつぶせば、かなり点数は伸びるはずです。

ミスも多い場合は以下の内容も参考にしてください。

パターンC:ミスが非常に多い場合

共通テストは正確に速く解くことが重要なテストです。

ですから、計算力が足りないせいで、ミスを連発してしまうとそれだけでかなり大きな減点になってしまいます。

苦手な単元もなく、予想問題集なども解説を読めば、難なく理解できるということであれば、勉強の仕方を直して演習を続ければ点数は上がります。

具体的には、「解説を読んだ後、解説を閉じて間違えた問題を自分の手で解きなおす」という作業を入れましょう。

これをすることで、計算ミスを激減させることが出来ます。

また文字を綺麗にかくことも重要です。

文字が汚かったり小さすぎると自分が書いた文字を読み間違えてしまったり、計算が正しいかどうかの確認が出来なかったりします。

これらも注意して勉強を進めましょう。

パターンD:細々とした知識に抜け漏れがある場合

パターンBにあてはまるほどは大きな抜けではないものの、細かい所が覚えきれていない場合はこちらに当てはまります。

物質の性質に覚え漏れがあると、選択問題では選択肢を絞りきれず点を取れないということが多々あります。

特に無機化学や有機化学の分野では、覚えなければいけないことがたくさんあります。

暗記が苦手な場合は、一度暗記したことのあるところでも忘れてしまっているということが少なくありません。

そのため、知識不足が原因で間違えてしまうことがある人は、勉強の仕方を工夫しなければなりません。

模試や問題演習をする際には、不安な知識があれば毎回教科書や資料集に戻って周辺知識まで含めて毎回確認するようにしましょう。

また、不正解の選択肢で登場した知識も覚えることが必要となります。

覚えていなかった部分を発見したら、付箋を貼るか、ノートにまとめるなどしてすぐに見返せるようにしておきましょう。

おすすめの教材

基本レベルの学習をし直す場合には以下のような教材がおすすめです。

・スタディサプリ

スタディサプリを見る

スタディサプリは月額料金で映像授業を受けることができるサービスです。

無料体験も可能となっているので、苦手な分野に関してはぜひ試してみてください。

・化学の新標準演習

Amazonで詳細を見る

化学の新標準演習は、化学の基礎から中堅国公立大学レベルまでを固めることができる問題集です。

こちらも解説は丁寧で、この一冊をこなせば入試問題を解くのに必要な知識が身につくようになっています。

共通テストの対策だけでなく一般入試の対策にもなりますが、少々難易度が高い問題も含まれているため、行き詰まった時には誰かに聞くようにしましょう。

まとめ

共通テストの化学で60点を取るための勉強について解説しました。

  • 全体が理解不足の場合、全単元の基本から学習し直す(ただし、1単元理解しては1単元問題を解く方法で)
  • 苦手な単元が決まっている場合、苦手単元を集中的に補強する
  • ミスが多い場合、勉強法を見直す
  • 覚えていない部分だけをまとめたノートを作る

【ストマガ限定・これだけは伝えたい】
頑張っても成績が上がらない時に
確認すべき3つのこと

記事サムネイル

大学受験において参考書や勉強法はとても重要ですが、それだけでは合格できません。

  • 同じ参考書を使って「受かる人」と「落ちる人」の違い
  • 合格に向けて、根拠を持って勉強を進めるために必要な〇〇とは?
  • 迷いなく毎日の勉強を進める唯一の方法

について、ストマガ読者の方だけにすべてお伝えしています。

限定記事を読む

この記事を読むだけで、第一志望に向けた勉強の仕方が大きく変わり、今よりも効果的勉強を進められます。ぜひ、この記事を読んで日頃の受験勉強に役立ててください。

記事中参考書の「価格」「ページ数」などについては執筆時点での情報であり、今後変更となることがあります。また、今後絶版・改訂となる参考書もございますので、書店・Amazon・公式HP等をご確認ください。

監修者|橋本拓磨

橋本拓磨

東京大学法学部を卒業。在学時から学習塾STRUXの立ち上げに関わり、教務主任として塾のカリキュラム開発を担当してきた。現在は塾長として学習塾STRUXの運営を行っている。勉強を頑張っている高校生に受験を通して成功体験を得て欲しいという思いから全国の高校生に勉強効率や勉強法などを届けるSTRUXマガジンの監修を務めている。

詳しいプロフィールはこちら
学習塾STRUX新年度無料体験受付中!
志望校に合格するために何から始めればいいかわからない!そんな人はチェック!