地学の参考書使い方

【地学基礎】独学でも高得点!?地学基礎の点数が上がる参考書5選

「STRUX大学受験マガジン」では、学習塾STRUX塾長である綱島将人監修のもと、第1志望校合格のための勉強法や志望校別の対策のしかた・勉強に関するコラムをわかりやすくお伝えしています。高校生のマルオをはじめとするキャラクターたちと、合格への"最短距離"をすすんでいきましょう。

トップページでほかのコンテンツを見る

志望校別の対策を見る!こちらをクリック

無料勉強計画作成会について知る!こちらをクリック!

地学基礎を勉強していると、「地学基礎の参考書の情報が少なくて、どんな参考書を使えばいいかわからない。」「地学基礎で高得点をとるにはどうすればいいんだろう?」などの悩みが出てきませんか?地学は先生が少ないために頼る人がいなく、おすすめの参考書すらわからない人は多いと思います。今回は、地学基礎の知識が全くない状態から、センター試験で高得点を取るためのおすすめの参考書を紹介していきます。

地学の先生すくなすぎるよ……。
マルオ、急にどうしたの?
あ、先生!実は地学基礎の勉強をしようと思っていて、地学基礎の参考書はどれがいいのか地学の先生に聞こうとしたんだよ。でも、俺の周りに地学の先生が全然いないんだよ……。これ世界的な問題でしょ!
地学の先生が少ないからって文句を言っても始まらないわ。今回は私がおすすめする参考書を教えるからしっかり聞いてね!

1、おすすめの参考書

まずは、おおまかに参考書ごとの特徴をあげていくわ!気になる参考書を発見してみて!

2、おすすめ問題集

価格は変わっている可能性はあるわ!注意してね!

青山の地学基礎をはじめからていねいに

東進から出版されている、有名シリーズ『はじめからていねいに』の地学基礎の参考書です。この参考書は12章で編成されており、一つ一つ語り口調で解説されているのが特徴です。高校1年生でも理解できるように書かれているので、丁寧に解説されています。
各章末に確認テストがついているので、本当に理解できているのかの確認を行うこともできます。地学基礎の知識が全くない状態から、センター試験で高得点が取れるようになるまで使えるので、1から地学を学びたい人や、地学基礎に苦手意識がある人にオススメです。

『青山の地学基礎をはじめからていねいに』のメリット

  • 地学の知識が全くない人でも理解することができる。
  • 図などを用いて分かりやすく解説している。
  • この参考書1冊で、センターで高得点が狙える。
  • 授業を受けている感覚で、地学基礎を学ぶことができる。
  • 楽しみながら地学基礎を学べる。

『青山の地学基礎をはじめからていねいに』のデメリット

  • 文字数が少し多い
  • 問題数が少ない。

こんな人は『青山の地学基礎をはじめからていねいに』がおすすめ

  • ゼロから地学基礎を学ぶ人
  • センター地学基礎でセンターの成績を20点以上取りたい人
  • 苦手な分野を徹底的に理解したい人。

基本情報

  • 料金
  • 1,296円
  • ページ数
  • 320ページ
  • 構成
  • 12章
  • レベル
  • ~センター試験レベル
  • 段階
  • 勉強開始~初期段階
  • オススメ度
  • ★★★★★
できなくてもこれで高得点だぁ!

センター試験地学基礎の点数が面白いほどとれる本

本屋の参考書コーナーに絶対においてある『面白いほどどれる本』シリーズの地学基礎バージョンです。図や挿絵が多く、難しい内容は書いていないので、手軽に何度も読むことができます。
この参考書は地学基礎に対する考える力を鍛えるために、「どうしてそのような現象が起きてしまうのか?」のような疑問に正面から答えています。地学基礎の難しい問題も、理解できるまで成長できる参考書です。

『センター試験地学基礎の点数が面白いほどとれる本』のメリット

  • センターレベルの問題を解けるようになる
  • 図や挿絵で、地学基礎の本質を理解できるようになる
  • すぐに読み終わることができる
  • 地学が苦手な人でも理解できる内容になっている。
  • 勉強するのがあまり苦痛にならないように作られている

『センター試験地学基礎の点数が面白いほど取れる本』のデメリット

  • 問題演習がない
  • 詳しい内容が書かれていない

こんな人には『センター試験地学基礎の点数が面白いほど取れる本』がオススメ!

  • センター試験で30点以上取れるようになりたい人
  • 広く浅く学びたい人
  • じっくり理解するよりかは、気軽に何度も確認したい人

基本情報

  • 料金
  • 1,296円
  • ページ数
  • 256ページ
  • 構成
  • ??
  • レベル
  • ~センター試験レベル
  • 段階
  • 初期段階
  • オススメ度
  • ★★★★☆
地学基礎の勉強の第一歩を踏み出すためにオススメしたい参考書ね!

解決! センター 地学基礎

『解決!センター地学基礎』は、地学基礎の計算問題など、繰り返しの演習が必要な問題を多くそろえている1点集中型の参考書です。典型問題を解けるようになるために作られた問題集なので、暗記系の部分を学びたい人向けではありませんが、計算問題などの知識を深めたい人にとっては、とても使える参考書となっています。
問題集自体も薄いものとなっており、すぐに終わるので、計算問題が心配な人や、試験の直前の確認などに使える参考書です。

『解決!センター地学基礎』のメリット

  • 地学基礎の考えさせる問題や計算問題を中心に学習できる
  • 問題演習を行える
  • すぐに終わらせることができる
  • 自分の実力によって、解くべき問題がわかる

『解決!センター地学基礎』のデメリット

  • 解説があまり詳しくない
  • 暗記しなければいけない単語については掲載されていない

こんな人に『解決!センター地学基礎』がオススメ

  • 考えさせる問題や計算問題が苦手な人
  • 自分の苦手な部分だけを勉強したい人
  • センター試験で45点以上取りたい人
  • センター試験形式の問題演習をしたい人

基本情報

  • 料金
  • 1,296円
  • ページ数
  • 176ページ
  • レベル
  • センター試験レベル
  • 段階
  • 基本的な内容が理解できた段階
  • オススメ度
  • ★★★☆☆

センター地学基礎 短期攻略

『センター地学基礎 短期攻略』は駿台から出ている問題演習に特化した問題集です。センター形式の問題が63題掲載されており、実践的な形で問題を解くことができます。また、1日2問を1ヶ月間行うだけで、問題集を1周終わらせることができるので、無理のない量を短期間だけで終わらせることができます。
解説は、ただ答えの出し方を説明しているだけでなく、基本事項の確認から不正解の解答に対する解説まで幅広く書かれています。そのため、ひとつひとつの問題に対してどうして間違えたのかを理解することができるので、本当の実力をつけることができます。

『センター地学基礎 短期攻略』のメリット

  • センター形式の問題をたくさん解くことができる
  • 解説が見開き2ページで書かれており、自分がどうして間違えたのかについての理解がはかどる。
  • 問題数が少ないため1周を終わらせるのに時間がかからない
  • 他の地学の参考書よりも少し難易度の高い問題が載っているので、高得点を狙える実力がつく
  • 地学基礎をより理解できるようにするため、地学の範囲の問題も掲載されている

『センター地学基礎 短期攻略』デメリット

  • 基本的な知識があることが前提で書かれている。

こんな人に『センター地学基礎 短期攻略』がオススメ

  • ある程度地学の基本的な範囲を理解している人
  • センター地学で45点以上を取りたい人
  • 地学基礎のより深い部分まで学びたい人
  • 実際にセンター形式の問題をたくさん演習したい人

基本情報

  • 料金
  • 1,026円
  • ページ数
  • 133ページ
  • 構成
  • 63題
  • レベル
  • センター試験レベル
  • 段階
  • 基本的な内容が理解できた段階
  • オススメ度
  • ★★★★★
基本的な部分が理解出来たら『短期攻略』で力をつけるぞ!

マーク式総合問題集地学基礎 2019(河合塾シリーズ)

地学基礎は2015年からできた科目なので、センターの過去問は3年分しかありません。なので、もっとセンター試験の模擬試験を行いたい場合は各塾が出している総合問題集がオススメです。
河合塾が出している『マーク式総合問題集地学基礎』は「河合塾全国マーク模試」で用いた4回分の試験を収録しています。「河合塾全国マーク模試」はセンター試験を意識して作っているため、センターに出るような問題を多く収録しています。過去問も2回分収録されているので、過去問にも挑戦することができるいい参考書です。

『マーク式総合問題集地学基礎2019』のメリット

  • センターの模擬試験を行うことができる
  • 設問別正答率が書いてある
  • 出題傾向や対策が書かれている
  • 解答・採点基準・解説が別ページに収録

『マーク式問題集地学基礎2019』のデメリット

  • 基本的な内容は理解している前提で解説を進めている
  • 基礎が理解できていないままこの参考書だけをやっても、点数アップにはつながらない

こんな人に『マーク式問題集地学基礎2019』がおすすめ

  • センター形式の模擬試験を自分でやってみたい人
  • 地学の総まとめとしてテストを行いたい人
  • センター試験直前で自分の実力を確かめたい人

基本情報

  • 料金
  • 660円
  • ページ数
  • 176ページ
  • 構成
  • 全4回模擬試験、全2回センター試験過去問題
  • レベル
  • センター試験レベル
  • 段階
  • 最後の総まとめ
  • オススメ度
  • ★★★★☆
地学基礎にある程度自信がついたら総まとめとしてやってみるといいわ!

3、まとめ

地学基礎にもこんなに参考書があるんだな!俺は地学初心者だから『はじめからていねいに』シリーズを進めていくことにしよ!
地学基礎もほかの勉強と一緒!基本的な内容を頭に入れて、問題を解いて実力をつけていくの!最後にもう一度どの参考書がオススメなのか、各参考書の一覧を載せておくね!
自分のレベルにあった参考書を使ってセンター地学で高得点を取りましょ!

ライター|学習塾STRUX講師陣

STRUX講師陣

『自学自習で合格する』をコンセプトにした学習塾です。生徒に学習トレーナーをつけることで、第1志望校合格に導いています。学習トレーナーが、第1志望校合格までに【どの参考書を】【どの時期に】【どれくらい】【どの勉強法で】やるべきかまでを指定するので、「今日、なにを勉強すればいいの?」といった悩みを持たせません。

STRUXの詳細を見る
line@の概要
友だち追加
line@限定動画
line@限定記事
友だち追加