英語勉強法

【共通テストリスニング】有名大のリーディング・リスニング配点比率と各設問の配点を紹介!

志望校別の対策を見る!こちらをクリック

合格実績を見る!こちらをクリック!

センター試験から共通テストへと移行することで、リスニングの配点が50点から100点満点に変更になる他、リーディングとリスニングの配点比率をセンターの時と変更する大学が出てきました。

この記事では共通テストリスニングの配点と、有名大学における共通テスト英語の「リーディング:リスニング」配点比率について解説します。

共通テスト英語におけるリスニングの配点

センター試験ではリーディング200点、リスニング50点という配点で、リスニングの点数が英語全体の25%を占めていました。しかし共通テストからはリーディング100点、リスニング100点という配点に変更になり、リスニングの点数が英語全体の50%を占めることになります。

英語の試験における、リスニングの重要性が高まったといえますね!

共通テストリスニングの設問ごとの配点

共通テストリスニングの各設問の配点は以下の通りです。

問 問題内容 配点 読み上げ CEFR レベル 1A 聞こえてくる英文の内容にあう文章を選ぶ 3点×4 2回 A1 1B 聞こえてくる英文の内容にあう絵を選ぶ 4点×3 2回 A1~A2 2 短い対話を聞き、質問に対する適切な絵を選ぶ 3点×4 2回 A1~A2 3 短い対話を聞き、質問に対する適切な答えを選ぶ 4点×4 1回 A1~A2 4A 説明を聞き、図表を完成させる 4点×2 1回 A2~B1 4B 複数の情報を聞いて、最も条件にあう答えを選ぶ 4点×1 1回 B1 5 講義を聞き、質問に対する適切な答えを選ぶ 4点×5 1回 B1 6A 長めの対話を聞き、質問に対する適切な答えを選ぶ 4点×2 1回 B1 6B 長めの対話を聞き、質問に対する適切な答えを選ぶ 4点×2 1回 B1(*CEFRは外国語の学習者がどのレベルまで習得しているかを判定する際の国際的なガイドラインです。A1は英検3級から準2級、A2は英検準2級から2級、B1は英検2級から準1級程度のレベルを表します)

前半部分では1問3点の問題もいくつかありますが、基本的には1問4点の問題が多いです。センターと比べると1問あたりの点数が約2倍になっているので、どの設問もしっかりと対策しましょう。

各設問ごとの対策について詳しく知りたい方はこちら

各大学のリーディング:リスニング配点比率まとめ

先ほど共通テストは、リーディングとリスニングの配点比率は1:1とお伝えしましたが、大学によっては独自に共通テストのリーディングとリスニングの配点比率を定めているところがあります。

例えば千葉大は、共通テスト英語をリーディング160点満点、リスニング40点満点の「リーディング:リスニング=4:1」の配点比率で計算します。(共通テストでリーディング80点、リスニング80点だった人は、リーディング128点、リスニング32点に換算されるといこと)

センター試験の際はほとんどの大学が「リーディング:リスニング=4:1」の配点比率を採用していましたが、共通テストからは「1:1」「3:1」「3:2」などセンターと比べてリスニングの配点比率を高めている大学も多数出てきます。旧帝大に関しては、北海道大学・九州大学「1:1」、東北大学・名古屋大学・京都大学・大阪大学「3:1」と、いずれもリスニングの配点比率が高まっています。東京大学に関しては、これまでリスニングを英語の得点に含めていませんでしたが、共通テストからは 「7:3」の配点比率でリスニングを得点に算入することになりました。

有名大学の配点比率を以下でまとめておきます。

国立大学のリーディング・リスニング配点比率

有名国立大学のリーディング・リスニング配点比率は以下の通りです。

大学名 リーディング リスニング 北海道大 1 1 東北大 3 1 東京大 7 3 東京工業大 1 1 一橋大 1 1 名古屋大 3 1 京都大 3 1 大阪大 3 1 神戸大 4 1 九州大 1 1 千葉大 4 1 お茶の水女子大 1 1 電気通信大 3 1 東京外国語大 1 1 東京学芸大 1 1 東京農工大 13 7 横浜国立大 教育、経済、経営、理工、都市科学(建築、都市基盤、環境リスク共生) 4 1 都市科学(都市社会共生) 3 1

*配点比率は今後変更になる可能性がありますので、出願時には必ず各大学の一般選抜募集要項をご確認ください。

私立大学のリーディング・リスニング配点比率

有名私立大学のリーディング・リスニング配点比率は以下の通りです。

* R:リーディング、L:リスニング

大学名 R L 備考 早稲田 政治経済、法、社会科、人間科、スポーツ科 1 1 文化構想、文、教育、商、理工、国際教養 共通テスト利用せず 慶応 共通テスト利用せず 上智 1 1 東京理科 3 1 学習院 法、文、理、国際社会 1 1 経済 4 1 明治 法、政治経済、文、理工、農(食料環境政策)、経営、国際日本、統合数理 1 1 商 3 2 農(農、農芸化、生命科) 3 1 Rのみの得点とR+Lの得点を比較し、高得点の成績を利用 情報コミュニケーション 4 1 Rのみの得点とR+Lの得点を比較し、高得点の成績を利用 青山 1 1 立教 1 1 中央 法、商 1 1 共通テスト併用方式は1:1、共通テスト単独方式は4:1 4 1 経済、理工、文、総合政策、国際経営 4 1 国際情報 3 2 法政 法、文、社会、経営、人間環境、現代福祉、キャリアデザイン、情報科、生命科 4 1 経済、デザイン工 1 1 B方式は1:1、C方式は4:1 4 1 理工 3 1 B方式及び航空操縦学専修は1:1、C方式は4:1 4 1 スポーツ健康 1 1 GIS 共通テスト利用せず 関西大 法、経済、商、政策創造、人間健康、総合情報、社会安全、システム理工、環境都市工、化学生命工 3 1 文、社会、外国語 1 1 関西学院大 1 1 同志社 2 1 立命館 4 1 Rのみの得点とR+Lの得点を比較し、高得点の成績を利用(ただし「大学入学共通テスト+面接」グローバルコース方式(情報理工学部)はR+Lの得点のみ使用)

 

 

*配点比率は今後変更になる可能性がありますので、出願時には必ず各大学の募集要項をご確認ください。

まとめ

以上、有名大学のリーディング・リスニング配点比率でした。共通テストになってリスニングを今までよりも重視する大学が増えます。あなたの志望する大学は、どのような配点比率を採用しているのかを必ず大学のホームページで確認するようにしましょう。

共通テストリスニングの勉強法はこちらをチェック!

【ストマガ限定・これだけは伝えたい】
頑張っても成績が上がらない時に
確認すべき3つのこと

記事サムネイル

大学受験において参考書や勉強法はとても重要ですが、それだけでは合格できません。

  • 同じ参考書を使って「受かる人」と「落ちる人」の違い
  • 合格に向けて、根拠を持って勉強を進めるために必要な〇〇とは?
  • 迷いなく毎日の勉強を進める唯一の方法

について、ストマガ読者の方だけにすべてお伝えしています。

限定記事を読む

この記事を読むだけで、第一志望に向けた勉強の仕方が大きく変わり、今よりも効果的勉強を進められます。ぜひ、この記事を読んで日頃の受験勉強に役立ててください。

記事中参考書の「価格」「ページ数」などについては執筆時点での情報であり、今後変更となることがあります。また、今後絶版・改訂となる参考書もございますので、書店・Amazon・公式HP等をご確認ください。

監修者|橋本拓磨

橋本拓磨

東京大学法学部を卒業。在学時から学習塾STRUXの立ち上げに関わり、教務主任として塾のカリキュラム開発を担当してきた。現在は塾長として学習塾STRUXの運営を行っている。勉強を頑張っている高校生に受験を通して成功体験を得て欲しいという思いから全国の高校生に勉強効率や勉強法などを届けるSTRUXマガジンの監修を務めている。

詳しいプロフィールはこちら
学習塾STRUX新年度無料体験受付中!
志望校に合格するために何から始めればいいかわからない!そんな人はチェック!