慶應義塾大学経済学部


慶應義塾大学経済学部 小論文の対策

この記事では、慶應義塾大学経済学部・小論文の攻略に必要な情報をすべて、レベルごとにお伝えしていきます。

慶應義塾大学経済学部・小論文の出題傾向

慶應義塾大学文学部の小論文は、200字程度の本文内容説明および400字程度の意見論述が基本です。テーマの多くは経済学系ですが、もっと広くもう少し幅を広げて政治や国際関係の話題にも親しんでおくと知識の引き出しを充実させることができるでしょう。なお、慶應義塾大学経済学部の小論文では社会工学・数学的観点も必要とされるため、扱う題材は経済に関するものであっても多角的なものの見方を身につけておくことが大切です。

慶應義塾大学経済学部・小論文の時間配分

慶應義塾大学経済学部・小論文の試験時間はは60分です。小論文は構成を作らずに書き始めると、修正に余計な時間がかかって内容が不十分なまま試験を終えてしまう可能性があります。また、慶應義塾大経済学部の場合はテーマとして与えられる文章も  約100行と長いため、論述に十分な時間を割いて合格点を取るためには読解にかける時間も最適化しなければなりません。こうした戦略は入試本番でいきなり実践できるものではありませんので、模試や過去問で十分に演習を行い、試験の要領をつかんでおきましょう。

あなたの志望校に沿った
勉強計画を作成します

学習塾STRUXでは、第1志望校の傾向に合わせたレーダーチャート・勉強計画を作成しています!あなたの今の学力にあった勉強計画を知るには、学習塾STRUXの無料体験をご活用ください。

慶應義塾大学経済学部の小論文で必要な学力レベル

慶應義塾大学経済学部の小論文は、世界の文化を出発点としながら通貨や再分配といった経済的話題について考えさせる出題となっています。ここでは要約や意見論述など各技能の要求レベルを確認したのち、入試に向けてどのような方針で対策すればよいかをご紹介します。

第1問・要約問題の対策

1問目の要約問題は現代文の記述式設問と同じものと考えて問題ありません。現代文の読解・論述を十分に練習しておくことが必須です。ただ字数は多いので、長い文章を筋道立てて構成する力は欠かせません。根拠の拾い方は現代文の入試問題で練習することが可能です。

第2問・意見論述の対策

2問目の意見論述は過去問を使って練習しましょう。経済学部だけでなく法学部・文学部といった他学部の入試問題も活用すると演習量を稼げます。慶應義塾大学経済学部における小論文の出題テーマは幅広いため、特定のテーマに絞った重点的な演習は意識しなくても構いません。また小論文の配点は英語200点・数学or地理歴史150点に対して70点と少ないため、細部を気にしすぎるよりは英語など他の科目に勉強時間を割いた方が戦略としては堅実でしょう。

直近の出題テーマ

直近の出題テーマとして、2021年度は基軸通貨の切り口から見た世界経済、2020年度はインディアンの人々が狩猟の際に行う情報伝達と関連させて人間社会における分かち合いの必要性が取り上げられていました。

慶應義塾大学経済学部の小論文をマスターするためのレベル別勉強法

ここからは、慶應義塾大学経済学部の小論文で合格点をとるための勉強方法をご紹介します。これから小論文の勉強を始める人は最初から順番に進めてください。あるいは基礎が仕上がっており、慶應義塾大学経済学部に特化していきたい人は途中から読み進めてもOKです。

小論文の基本を最短で習得するカリキュラム

小論文の学習では、まず文章執筆に関する基本的な作法を身につける必要があります。どのような文章なら点を取れるのか、また避けるべき表現や構成の注意点といった小論文の基本をここで習得しましょう。

  • インプットスタディサプリ小論文入門
  • インプットスタディサプリ小論文
  • インプット大学受験小論文ルールブック
  • インプット落とされない小論文

まずは「スタディサプリ」などの映像授業を活用し、小論文の試験ではどのような内容が求められており、また採点基準としてどのようなポイントをマスターしておけばよいかといった入試小論文の概要を押さえましょう。

次に進むポイント

  • 原稿用紙の使い方や文法上の注意点を理解した
  • 小論文の書き方・文章構成の型に基づいて文章を書けるようになった

慶應義塾大学経済学部に向けてレベルUP

慶應義塾大学の小論文で合格点を取るためには、当然ながら文章の書き方を理解しただけでは不十分で、自分で文章を書く際に正しく実践できてこそ意味があります。ここからはより発展的な問題を解くことで、慶應義塾大学経済学部の小論文に太刀打ちするための武器を磨いていきましょう。

  • 練習世界一わかりやすい慶應の小論文
  • インプットちくま評論選
  • インプット小論文これだけ!慶應・早稲田編

基本的な参考書を終えたら、慶應義塾大学の過去問や形式の似た他大学の問題で仕上げていきます。個別試験の問題傾向は大学によって大きく異なるため、実際に解いて解答のコツを掴みましょう。

  • 過去問赤本(5〜10年分)

小論文は英語や数学などほかの科目に比べて市販されている教材のバリエーションが少ないものの、慶應義塾大学は専用の参考書が出版されているため、活用必須です。入試で問われやすいテーマを多数収録した問題集で小論文の演習を行い、得点力を高めておくとよいでしょう。

直近10年ほどの過去問は赤本で時間を測って取り組みましょう。特殊な出題形式なので、学校や塾の先生に添削もお願いするのがおすすめです。秋以降は必ず総仕上げとして過去問を使っていきましょう。

【ストマガ読者限定】
勉強のペースメーカーになってくれる!
ストマガ公式LINEアカウント

記事サムネイル

勉強法を読んで理解できたけど、結局どういうペースで勉強すればいいかわからない、という状態では不安になってしまいます。
ストマガ公式LINEアカウントでは

  • 登録者限定の受験相談イベント先行案内
  • 毎月のおすすめ勉強内容や合格のポイント定期配信
  • 時期ごとの勉強のコツや限定動画の配信

などを行っています。

高3・受験生向け友だち追加 高1・高2生向け友だち追加

これさえ登録しておけば、毎月のカリキュラムと受験についての情報、勉強の注意点がすべてわかります!
ぜひ、受験当日までの勉強のペースメーカーとして活用してください。

ストマガYouTubeチャンネルもチェック!

ストマガのYouTubeチャンネルでは、今日から役立つ効率的な勉強法や、受験に関する知識をわかりやすく配信中!大学の傾向分析や計画の立て方、各科目の勉強法だけでなく、ストマガで振れられない時期ごとの勉強法もチェック!

記事中参考書の「価格」「ページ数」などについては執筆時点での情報であり、今後変更となることがあります。また、今後絶版・改訂となる参考書もございますので、書店・Amazon・公式HP等をご確認ください。

監修者|橋本拓磨

橋本拓磨

東京大学法学部を卒業。在学時から学習塾STRUXの立ち上げに関わり、教務主任として塾のカリキュラム開発を担当してきた。現在は塾長として学習塾STRUXの運営を行っている。勉強を頑張っている高校生に受験を通して成功体験を得て欲しいという思いから全国の高校生に勉強効率や勉強法などを届けるSTRUXマガジンの監修を務めている。

詳しいプロフィールはこちら
伸び悩んでいる人が気をつけるべき3つのこと、ストマガ読者限定公開!
学習塾STRUX新年度無料体験受付中!
毎日の勉強を分析・改善・指導する学習塾STRUXってどんな塾?
志望校に合格するために何から始めればいいかわからない!そんな人はチェック!