科目別分析

千葉大学の化学入試の対策法 徹底分析!

化学科目別分析記事テンプレ

千葉大学の化学入試の対策法|入試内容を徹底分析

千葉大の試験で化学を使う人は参考にしてくれ!

千葉大学の化学入試の全体外観

千葉大の化学は学部によって解くべき大問が異なり、大問3〜4題の場合が多くなっています。問題のレベルは国公立大学の中でも比較的高めで、時間をかけて対策しておく必要があります。

また、問題の傾向としては式を解くだけではなく、説明問題などきちんと理解できているのかが問われる試験も多いため、丸暗記ではなかなか対応できません。

実力がそのまま点数に反映されやすい試験だ。レベルは高めの試験になっているから、早めから対策していく必要がある!

千葉大学の化学のレーダーチャート分析


解説

どの分野からも出題されるので、穴のないように勉強していきましょう。特に有機分野は習ってから入試までの期間が短く、高いレベルまで仕上げるには直前期の追い込みが必要です。また、その時期に有機分野に時間をかけられるように、それ以外の理論、無機に関しては夏休みごろにはセンターレベルに仕上げていきましょう。

千葉大学の化学の対策法|具体的な勉強内容を分析

千葉大学の化学でやるべき参考書リスト


参考書を紹介していくわ!

参考書リスト

レベル0→2

レベル2→3

レベル3→4

対策の全体方針|千葉大学の化学

以上のように、千葉大学の化学はレベルの高い問題が出題されるため、学校の授業と同じペースで基礎問題精講を進めていき、高校3年生の夏休みにセンターレベルを仕上げるなど、早い時期からの対策が重要です。問題の形式としては標準的ですから、紹介した参考書で対策していくことが一番の近道になっていきます。

高校3年生になってから焦らないようにするためにも、高校2年生の間から苦手分野については対策していこう!
 記事中参考書の「価格」「ページ数」などについては執筆時点での情報であり、今後変更となることがあります。また、今後絶版・改訂となる参考書もございますので、書店・Amazon・公式HP等をご確認ください。

監修者|橋本拓磨

橋本拓磨

東京大学法学部を卒業。在学時から学習塾STRUXの立ち上げに関わり、教務主任として塾のカリキュラム開発を担当してきた。現在は塾長として学習塾STRUXの運営を行っている。勉強を頑張っている高校生に受験を通して成功体験を得て欲しいという思いから全国の高校生に勉強効率や勉強法などを届けるSTRUXマガジンの監修を務めている。

詳しいプロフィールはこちら