科目別分析

千葉大学の理系数学入試の対策法 徹底分析!

「STRUX大学受験マガジン」では、学習塾STRUX塾長である綱島将人監修のもと、第1志望校合格のための勉強法や志望校別の対策のしかた・勉強に関するコラムをわかりやすくお伝えしています。高校生のマルオをはじめとするキャラクターたちと、合格への"最短距離"をすすんでいきましょう。

トップページでほかのコンテンツを見る

志望校別の対策を見る!こちらをクリック

無料勉強計画作成会について知る!こちらをクリック!

千葉大学の理系数学入試の対策法|入試内容を徹底分析

受験の成否を握る科目だ!心して聞いてくれ!

千葉大学の理系数学入試の全体外観

千葉大学の理系数学は基本的に大問5題からなります。数学の様々な範囲から幅広く出題され、高得点を狙うにはまんべんなく対策しておく必要があります。また、多くの問題で小問がついているので、難しいものに関しては小問をどれだけ取れるかもポイントです。

特に数学Ⅲの範囲は対策に多くの時間をかけられないから注意しよう!

千葉大学の理系数学のレーダーチャート分析


解説

千葉大学の理系数学のレーダーチャートはこのようになりました。全体的に難易度の高い問題が出題されるので、早い時期からの対策が重要です。

また、の試験は基本的に幅広く出題されるので、まずは青チャートレベルまでを完璧にすることを強く意識しましょう。

その後の対策は確率や微積分などの頻出分野を最優先にし、図形や複素数などの分野についても順番に仕上げていきましょう。

千葉大学理系数学での頻出分野を解説!

微積分

まずひとつめの頻出分野は微積分です。理系数学においてはあらゆる大学で頻出分野となりますが、千葉大学でもそれは同じですね。
数学Ⅲの微積分は習ってから入試までに期間が短いですから、高校3年生の夏休みなどに集中的に進められると良いかと思います。また、ここで時間を取るためには、他の頻出分野に関しては高校2年生の間にどんどん進められると素晴らしいですね!

さきさき慌てる表情
確かに数学Ⅲの微積とかは対策の時間なさそう……。他の分野を早めから固めるのね!

確率

一般的な確率の問題や、漸化式とセットになった問題が出題されますね。漸化式が絡むものは一見するとかなり難しいですが、解き方をしっかりと身につけてしまえば解ききれる問題が多いので、過去問演習などを通じて確率や確率漸化式の考え方を身につけてしまいましょう。

さきさき喜ぶ表情
漸化式は考え方を身につけてしまえばけっこう楽に解けるね!

千葉大学の理系数学の対策法|具体的な勉強内容を分析

千葉大学の理系数学でやるべき参考書リスト

参考書を紹介していくわね!

数学1A2Bカリキュラム

レベル0→1(高校授業レベル)

レベル1→2(基礎レベル)

レベル2→3(MARCHレベル)

レベル3→4(難関大レベル)

レベル4→5(最難関大レベル)

数学3カリキュラム

レベル0→3(MARCHレベル)

レベル3→4(難関大レベル)

レベル4→5(最難関大レベル)

対策の全体方針|千葉大学の理系数学

千葉大の理系数学は以上のように高いレベルが求められます。

理系の人は物理や化学について、高校3年生の夏以降にかなり対策していく必要があるので、数学については早めから対策していかなければいけません。特に数学ⅠAⅡBについては高校2年生の間に青チャートレベルまで完璧にしておくことで、その後の数学の実力も伸びやすくなっていきますよ!

数学は早めからの対策がポイントだ!高校1,2年生から着実に対策していこう!

ライター|学習塾STRUX講師陣

STRUX講師陣

『自学自習で合格する』をコンセプトにした学習塾です。生徒に学習トレーナーをつけることで、第1志望校合格に導いています。学習トレーナーが、第1志望校合格までに【どの参考書を】【どの時期に】【どれくらい】【どの勉強法で】やるべきかまでを指定するので、「今日、なにを勉強すればいいの?」といった悩みを持たせません。

STRUXの詳細を見る
line@の概要
友だち追加
line@限定動画
line@限定記事
友だち追加