科目別分析

千葉大学の生物入試の対策法 徹底分析!

千葉大学の生物入試の対策法|入試内容を徹底分析

千葉大で生物を受験する人は参考にしよう!

千葉大学の生物入試の全体外観

千葉大学の生物では、難易度が非常に高い問題が出題されます。問題形式も文字数の多い論述問題が出題されるなど、表面上の知識だけでない、きちんとした理解ができているのかどうかが問われます。基礎知識からしっかりと理解し、問題演習をこなしていくことが必要ですね。

千葉大の生物は難しい問題が並ぶぞ!理解を中心にすえて勉強していこう!

千葉大学の生物のレーダーチャート分析

解説

最高難易度の試験とはいえ、基本的なレベルの問題から入念に対策していくことがポイント。記述問題がメインとなるなど、多くの受験生にとって解きにくい試験です。

生物は時間をかけた分、点数が上がりやすい教科ですから他の教科の勉強時間を確保しつつ、計画的に問題演習を重ねたいですね。

千葉大学の生物の対策法|具体的な勉強内容を分析

千葉大学の生物でやるべき参考書リスト


千葉大の生物で合格点を狙うためには、この参考書を使ってね!

インプット

レベル0→4

レベル4→5

基本問題演習&入試問題演習

レベル0→3

レベル3→4

レベル4→5

対策の全体方針|千葉大学の生物

千葉大の生物は以上のように、内容理解と問題演習とを通じて生物に対する正しい知識を身につけることが重要な試験と言えます。

生物は他の理系教科に比べてあとまわしになりがちな科目です。数学をはじめとする他の教科の勉強時間を確保しつつも、高2の時期から、学校のカリキュラムに沿って問題演習を増やしていくなど、計画的にインプットを進めておくことが合格へのポイントとなるでしょう。

時間をとって問題演習を行い、高得点を狙おう!
 記事中参考書の「価格」「ページ数」などについては執筆時点での情報であり、今後変更となることがあります。また、今後絶版・改訂となる参考書もございますので、書店・Amazon・公式HP等をご確認ください。

STRUXマガジンYouTubeチャンネル開設!

監修者|橋本拓磨

橋本拓磨

東京大学法学部を卒業。在学時から学習塾STRUXの立ち上げに関わり、教務主任として塾のカリキュラム開発を担当してきた。現在は塾長として学習塾STRUXの運営を行っている。勉強を頑張っている高校生に受験を通して成功体験を得て欲しいという思いから全国の高校生に勉強効率や勉強法などを届けるSTRUXマガジンの監修を務めている。

STRUXの詳細を見る