科目別分析

千葉大学の日本史入試の対策法 徹底分析!

「大学受験オンライン戦略会議」、略して「オン戦」では、学習塾STRUX塾長である綱島将人監修のもと、第1志望校合格のための勉強法や勉強に関するコラムを、"受験計画"を通してわかりやすくお伝えしています。高校生のマルオをはじめとするキャラクターたちと、合格への"最短距離"をすすんでいきましょう。

サイトについてはこちら

5月 限定イベント 部活生注目!自分専用のオーダーメイド計画を作ろう!

千葉大学の日本史入試の対策法|入試内容を徹底分析

今回は千葉大学の日本史について解説するぞ!

千葉大学の日本史入試の全体外観

千葉大学の日本史では、単語の穴埋め問題から難しい論述問題まで出題されます。

単語の一問一答は多くの受験生が正解すると予想されるため、差をつけられないように確実に得点しなければなりません。また、入試で差のつく論述の試験に対応していかなければいけません。論述試験は難しい問題も出題されるので、時間をとって早めから対策していきましょう!

千葉大の日本史で高得点を狙うためには、論述試験を的確に対策できたかどうかがポイントだ!

千葉大学の日本史のレーダーチャート分析


解説

千葉大学の日本史のレーダーチャートはこのようになりました。単語の難易度はセンター試験レベルである一方で、通史理解や論述は高いレベルが求められます。特に通史理解と論述は密接に関係しているので、千葉大に合格するためにはどちらも欠かせません。

通史理解

通史理解はレベル5。通史に関してはひととおり学習を進めておく必要があります。

学校の授業内容を完璧に理解している人ならば心配ありませんが、多くの人は忘れてしまったり、あやふやな部分があったりするはず。長期休みなどに復習してしまうと論述の対策が行いやすいですよ!

通史理解は早めに終わらせることが大切だ!

単語暗記

単語暗記はレベル3。センターレベルの単語については完璧に理解しておく必要があります。

単語だけの問題も出題される一方で、論述の対策としても最低限の単語は必要。通史理解と合わせて覚えてしまえるとスムーズに勉強できますね!

学校の授業と一緒に勉強するのもありだね!

論述

論述のレベルは4です。単語の説明ができるだけでなく、時代背景をきちんと理解したり、文章から読み解いたりする必要があるなど高いレベルの論述力が求められる試験です。大きなテーマの問題でも自分なりに文章を構成できるように、問題演習・過去問演習を進めていきましょう。

論述はしっかり演習を積んで、力をつけておこう!

千葉大学の日本史入試の対策法|具体的な勉強内容を分析

千葉大学の日本史でやるべき参考書リスト


やるべき参考書の詳しい解説は、下を見てね!

通史理解カリキュラム

レベル0→1(高校授業レベル)

レベル1→5(センター・難関大レベル)

単語暗記カリキュラム

レベル0→3(センターレベル)

論述カリキュラム

レベル0→2(基礎レベル)

レベル2→3(MARCHレベル)

レベル3→4(難関大レベル)

対策の全体方針|千葉大学の日本史

千葉大の日本史は、以上のように通史理解と論述の能力において高いレベルが求められます。

合格点を獲得するには、単語のまる暗記に走ることなく、通史をきちんと理解することや、論述で求められる能力を常に意識しながら勉強していく必要があります。具体的には学校での日本史の授業と並行してに勉強し、通史理解や単語暗記を進めていくことも有効です。特に高校1,2年生は学校の授業をペースメーカーとして使いましょう!

学校の授業で基本を勉強しつつ、論述も高校3年生の早めから対策できるとベストだ!
line@の概要
友だち追加
line@限定動画
line@限定記事
友だち追加