科目別分析

慶應大学法学部世界史入試の対策法 徹底分析

「大学受験オンライン戦略会議」、略して「オン戦」では、学習塾STRUX塾長である綱島将人監修のもと、第1志望校合格のための勉強法や勉強に関するコラムを、"受験計画"を通してわかりやすくお伝えしています。高校生のマルオをはじめとするキャラクターたちと、合格への"最短距離"をすすんでいきましょう。

サイトについてはこちら

5月 限定イベント 部活生注目!自分専用のオーダーメイド計画を作ろう!

慶應大学法学部の世界史入試の対策法|入試内容を徹底分析

今回は慶應大学法学部の世界史について解説するぞ!

慶應大学法学部の世界史入試の全体外観

慶應大学法学部の世界史の入試は、大問4題で構成されていて、全てマーク式の問題です。

現代史が頻出することが特徴で、教科書のレベルを超える問題も出題されるので、以下の記事を参考にしてしっかり対策しましょう。

法学部の世界史は、難易度が高いので、基礎を早めに固めてしまって難問に対応できるようにしよう!

慶應大学法学部の世界史のレーダーチャート分析


解説

慶應大学法学部の世界史のレーダーチャートはこのようになりました。通史理解、単語暗記で豊富な知識量が求められます。

問題の中には、教科書レベルを超える問題も出てくるので、参考書を使った入念な対策が必要です

通史理解

通史理解はレベル5。 歴史上の出来事の因果関係を細かく理解する必要があります。またさらに地図問題や文化史の対策もしなければなりません。

さらに現役生が苦手とする現代史が頻出します。 出題範囲が多いですが、まずは確実に流れを理解してから、深く細かい理解をしていきましょう。

難易度がかなり高いが、基礎固めから確実にしよう!

単語暗記

単語暗記はレベル5。かなり難易度は高く、教科書のレベルを超えて出題されます。

こちらも通史理解と同様、重要単語はもちろん必須ですが、出題頻度の低いとされる単語まで 覚える必要があります。

かなり細かいところまで覚える必要がありそうだね!

論述

論述はレベル0。特に対策は必要ありません。

くれぐれも出ないところを勉強しないように!

慶應大学法学部の世界史入試の対策法|具体的な勉強内容を分析

慶應大学法学部の世界史でやるべき参考書リスト


やるべき参考書の詳しい解説は、下を見てね!

通史理解カリキュラム

レベル0→1
レベル2→5

単語暗記カリキュラム

レベル0→3

レベル3→4
レベル4→5

対策の全体方針|慶應大学法学部の世界史

慶應大学法学部の世界史は、論述は出題されませんが通史理解や単語暗記をしっかり対策する必要があります 。

特に現代史は頻出される分野なので、重点的に単語の暗記や演習を繰り返す必要があります。演習に多くの時間を割きたいので、早めに通史を理解してしまいましょう

細かい知識までしっかり覚えて、定着させよう!
line@の概要
友だち追加
line@限定動画
line@限定記事
友だち追加