科目別分析

早稲田大学人間科学部の世界史入試の対策法 徹底分析

早稲田大学人間科学部の世界史入試の対策法|入試内容を徹底分析

今回は早稲田大学人間科学部の世界史について解説するぞ!

早稲田大学人間科学部の世界史入試の全体外観

早稲田大学人間科学部の世界史の入試は、大問数は4〜5題で構成されています。

問題は選択形式で、例年、正誤判定と空欄補充の問題が出題されます。また年号整序問題も頻出です。ですので通史理解では年号まで意識しながら各時代の出来事の因果関係をしっかり理解しましょう

人間科学部の世界史は、年号や出来事の因果関係を理解しておくことがカギになるぞ!

早稲田大学人間科学部の世界史のレーダーチャート分析


解説

早稲田大学人間科学部の世界史のレーダーチャートはこのようになりました。通史理解、単語暗記共にレベル5です。早稲田大学に特徴的な高い単語レベルが求められます。

教科書の載っていないレベルの単語が求められるのはまれなので基本的には教科書に載っているレベルを深く理解して覚えれば対応できるでしょう。

通史理解

通史理解はレベル5。近現代史がよく出題される傾向にあります。

東洋史より西洋史の方が比較的、出題される割合は大きいですが、全ての分野・時代についてバランスよく理解する必要があります文化史や地図の理解も忘れずに行ないましょう

通史理解は早めに完成させるのが、ポイントだ!

単語暗記

単語暗記はレベル5。レベルは高いですが、まずは教科書レベルの単語を覚えきって基礎固めすることが大切です。また、教科書に乗っているような図や表にも注意して覚えましょう。

さらに、文化史の問題も頻出します。絵画や建築物などを歴史上の出来事との関係性をしっかり理解して覚えましょう。

文化史の対策もしていかないといけないんだね!

論述

論述はレベル0。特に対策する必要はありません。

出題されないものは、勉強する必要がないぞ!

早稲田大学人間科学部の世界史入試の対策法|具体的な勉強内容を分析

早稲田大学人間科学部の世界史でやるべき参考書リスト


やるべき参考書の詳しい解説は、下を見てね!

通史理解カリキュラム

レベル0→1
レベル2→5

単語暗記カリキュラム

レベル0→3

レベル3→4
レベル4→5

対策の全体方針|早稲田大学人間科学部の世界史

早稲田の世界史は、文化史を含め全分野をまんべんなく対策する必要があります。

人間科学部独自の問題形式で出題されるので、過去問を使ってしっかり対策しましょう。特に正誤判定問題では、間違いがない場合もあるので消去法で解答することができません。あやふやな分野を残すことなく、根拠を持って解答できる力をつけましょう

入念な基礎固めをして演習を繰り返そう!
 記事中参考書の「価格」「ページ数」などについては執筆時点での情報であり、今後変更となることがあります。また、今後絶版・改訂となる参考書もございますので、書店・Amazon・公式HP等をご確認ください。

監修者|橋本拓磨

橋本拓磨

東京大学法学部を卒業。在学時から学習塾STRUXの立ち上げに関わり、教務主任として塾のカリキュラム開発を担当してきた。現在は塾長として学習塾STRUXの運営を行っている。勉強を頑張っている高校生に受験を通して成功体験を得て欲しいという思いから全国の高校生に勉強効率や勉強法などを届けるSTRUXマガジンの監修を務めている。

詳しいプロフィールはこちら