数学勉強法

共通テスト数学ではこんな問題が出る!設問の特徴を徹底解説!

志望校別の対策を見る!こちらをクリック

合格実績を見る!こちらをクリック!

「共通テストの数学ってどんな問題が出るの?」「どんな特徴があるの?」

この記事では、あなたのそんな疑問を解決します!

共通テスト数学の出題形式

共通テスト数学は、センター試験の頃と同様に正解の数字をマークさせるマークシート方式となっています。

設問の形式は、大きく2つの形式に分けることができます。

直接マークシートで数字を答える問題と、選択肢に対応する番号をマークする問題です。

マークシートで数字を答える問題の一例として、平成30年度試行調査数学1Aから一部を抜粋しました。

この問題では、ア、イ、ウ、エ、オにそれぞれ対応する数字をそのままマークすることで解答することができます。

それに対し、選択肢に対応する番号をマークする問題も出題されます。

一例として、平成29年度試行調査数学1Aから一部を抜粋しました。

この問題では、マークシートの数字がそのまま解答になるわけではなく、最も適切な選択肢に振られている番号をマークするという形式になっています。

特に指示がない場合は、マークシートの数字がそのまま解答となります。

解答の仕方には大きく分けて以上の2つの形式があるので、問題を解く際には注意してください。

共通テスト数学の設問構成

ここまでは共通テスト数学の設問の形式について説明しました。

共通テストの数学はどのような設問構成になっているのでしょうか。

数学1Aの設問

数学1Aのテストは70分間で5つの大問に答えるというものです。

大問1、大問2は全受験者が解かなければいけない問題となっています。

大問3、4、5は選択問題となっており、それぞれ「場合の数と確率」「整数の性質」「図形の性質」に対応しています。

数学2Bの設問

数学2Bのテストは60分間で5つの大問に答えるというものです。

大問1、大問2は全受験者が解かなければいけない問題となっています。

大問3、4、5は選択問題となっており、それぞれ「数列」「ベクトル」「確率分布と統計的な推測」に対応しています。

共通テスト数学の設問の特徴

ここまでは設問の構成について説明しました。

それでは、共通テストの設問には、他のテストとは異なるどのような特徴があるのでしょうか。

  • 実用的なテーマから出題される
  • 会話文が織り交ぜられる
  • 1つの問題に対し、複数の解法が紹介されることも
  • グラフに関する問題が多い
  • 正解が複数ある問題も

実用的なテーマから出題される

共通テストの特徴として、高校生活や実生活を題材とした、実用的な文章から出題されるというものがあります。

例えば平成30年度の試行調査では、建築基準法における小学校と高校の建物の階段の違いを数学的に議論する問題が出題されました。

また、平成29年度、30年度ともにコンピュータのグラフ表示ソフトを用いた場合にどのようなグラフが画面に表示されるかといった問題が出題されました。

下の画像は平成30年度試行調査数学1Aから抜粋したものです。

ただ数式が解ければ良いということではなく、現実の状況を数式に落とし込む思考力が必要になります。

会話文が織り交ぜられる

共通テストには、生徒や先生が会話をしているような文章が出題されます。

その一例として、平成29年度試行調査数学1Aから一部を抜粋しました。

会話文が登場する問題の中には、生徒があえて間違ったことを言い、それが正しいか間違っているかを考えさせるものがあります。

書いてあることのすべてが正しいとは限らないため、書かれている情報を精査する力が問われます。

1つの問題に対し、複数の解法が紹介されることも

共通テストでは、1つの問題に対して複数の解法が紹介されることがあります。

例えば平成30年度の試行調査では、1つの証明問題に対し、登場人物である太郎さんと花子さんがそれぞれ別の方法で証明を考え、それぞれについて穴埋めする問題が出題されました。

そのため共通テストレベルの問題は、別解まで含めて対策することが重要になります。

グラフに関する問題が多い

共通テストでは、今まで行われてきたセンター試験と比べて、グラフに関する問題が多いという傾向にあります。

試行調査では平成29年度、30年度ともに二次関数のグラフをコンピュータ上に表示する設問が出されました。

今後もグラフの問題は毎年のように出題されることが期待されるので、グラフに関する問題はしっかり対策しておくようにしましょう。

正解が複数ある問題も

共通テスト数学の中には、正解が複数ある問題もあります。

一例として、平成29年度試行調査数学1Aから一部を抜粋しました。

こういった問題では、全ての選択肢を正しく選んで初めて正解となります。

試行調査ではこの問題の正答率は3.2%しかありませんでした。

その分野について、正確な理解をしていない場合には難しいと感じるかもしれません。

また逆に、「正しいものがなければゼロをマークせよ」という問題が出題される可能性もあります。

しっかり対策して、特殊な問題形式に慣れておきましょう。

まとめ

最後にもう一度、共通テスト数学の設問の特徴をまとめておきます。

  • マークシートで答える形式
  • 数字を直接入れるものと、選択肢から選ぶものがある
  • 実用的なテーマや会話文が織り交ぜられる
  • 複数の解法が紹介されることもある
  • グラフに関する問題が多い
  • 複数解答があったり、選択肢に解答がない場合も

【ストマガ限定・これだけは伝えたい】
頑張っても成績が上がらない時に
確認すべき3つのこと

記事サムネイル

大学受験において参考書や勉強法はとても重要ですが、それだけでは合格できません。

  • 同じ参考書を使って「受かる人」と「落ちる人」の違い
  • 合格に向けて、根拠を持って勉強を進めるために必要な〇〇とは?
  • 迷いなく毎日の勉強を進める唯一の方法

について、ストマガ読者の方だけにすべてお伝えしています。

限定記事を読む

この記事を読むだけで、第一志望に向けた勉強の仕方が大きく変わり、今よりも効果的勉強を進められます。ぜひ、この記事を読んで日頃の受験勉強に役立ててください。

記事中参考書の「価格」「ページ数」などについては執筆時点での情報であり、今後変更となることがあります。また、今後絶版・改訂となる参考書もございますので、書店・Amazon・公式HP等をご確認ください。

監修者|橋本拓磨

橋本拓磨

東京大学法学部を卒業。在学時から学習塾STRUXの立ち上げに関わり、教務主任として塾のカリキュラム開発を担当してきた。現在は塾長として学習塾STRUXの運営を行っている。勉強を頑張っている高校生に受験を通して成功体験を得て欲しいという思いから全国の高校生に勉強効率や勉強法などを届けるSTRUXマガジンの監修を務めている。

詳しいプロフィールはこちら
学習塾STRUX新年度無料体験受付中!
志望校に合格するために何から始めればいいかわからない!そんな人はチェック!