数学勉強法


共通テスト数学とセンターの違いは?【配点・時間・出題傾向】の違いが分かる!

共通テストの対策を見る!こちらをクリック

合格実績を見る!こちらをクリック!

「共通テストの数学ってセンターとどこが変わったんだろう?」「センターの過去問だけやっておけば、共通テストってできるのかな?」

こんな疑問をお持ちではないでしょうか?

こちらの記事では、共通テストの数学と、従来のセンターの数学との違いを丁寧に解説していますので、これを見れば違いが全て分かります。

共通テスト数学とセンター数学【大問構成】の違いは??

まず大問構成は共通テストの数学とセンターの数学で変更はありません。

数学「1A」「2B」ともに大問4問構成で、そのうち前半2問が解答必須の問題。後半の大問2つ分は大問3問のなかから2つを選ぶ形式になっています。

数学1Aでは、数学1の範囲が必答部分に、数学Aの範囲が選択部分に該当します。同様に数学2Bでは、数学2の範囲が必答部分に、数学Bの範囲が選択部分に該当します。

共通テスト数学とセンター数学【配点】の違いは?大問ごとの配点が変わる可能性あり!

共通テストの数学は1A、2Bともに100点満点という点ではセンター数学と変わりません。

30年度に行われた試行調査(プレテスト)では、数学1Aの方の設問ごとの配点が少し変更されていて、第1問が25点、第2問が35点、第3問から第5問がそれぞれ20点となっていました。

これまでのセンター試験や29年度の試行調査では、数学1Aの第1問が30点、第2問が30点でしたから、第1問と第2問の配点は少し変化しました。

数学1からの出題が60点分、数学Aからは40点分という点に変わりはありません。

共通テストの数学2Bに関しては、センター試験と同じ配点です。

細かい大問ごとの特徴はこちらの記事をチェック!

共通テスト数学とセンター数学【試験時間】の違いは??1Aが70分に!

数学1Aは10分試験時間が伸び、70分での試験となりました。数学2Bはセンター試験と同様60分の試験です。

共通テスト数学とセンター数学【解答形式】の違いは??記述は見送りに!

当初、計画されていた記述式解答の導入は見送られました。

ですから、共通テストでもセンターと同様のマーク形式で解答をしていくことになります。

共通テスト数学とセンター数学の【出題形式】の違い

ここからが本題だぞ!!

最も大きく変わったのはそれぞれの問題の出題の仕方です。

「日常的な物事を数学的に考える問題」や「2人の生徒の会話形式から考え方を読み取る問題」などが多く取り入れられています。

例えば、以下のような問題です。

試行調査30年1A第1問[3]引用


試行調査30年1A第2問[2]引用

センター試験では、こういった出題のされ方はしていませんでした。出題形式がセンター試験と共通テストで最も大きく変わった点です。

問題それ自体はセンターのときと比較して難しくなっているわけではありませんが、問題文や会話文から数学的な問題を取り出してくる必要がある分、時間はかなりかかるようになったと言えます。

読解が苦手な受験生にとっては、出題形式が変わったことでセンターの時と比べると難易度が上がったと感じる場合も多いでしょう。

各単元・各設問ごとのより詳しい解説は以下の記事にまとめてあるから参考にしてくれ!

まとめ

この記事のまとめです。

共通テストとセンターの数学を比較すると、次のようにまとめられます。

大問構成、配点はほぼ変化なし
数学1Aのみ試験時間が10分増えて70分に
出題形式が大きく変わった

共通テスト数学対策の全てを知りたい場合はこちら!

Q&A

Q共通テストの対策としてセンター試験の過去問を使うのは効果的ですか?
A出題形式がかなり変わったので、センター試験の数学の過去問を使うよりは各予備校・各出版社が出している予想問題で対策をする方がより効果的です。

詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

【ストマガ限定・これだけは伝えたい】
頑張っても成績が上がらない時に
確認すべき3つのこと

記事サムネイル

大学受験において参考書や勉強法はとても重要ですが、それだけでは合格できません。

  • 同じ参考書を使って「受かる人」と「落ちる人」の違い
  • 合格に向けて、根拠を持って勉強を進めるために必要な〇〇とは?
  • 迷いなく毎日の勉強を進める唯一の方法

について、ストマガ読者の方だけにすべてお伝えしています。

限定記事を読む

この記事を読むだけで、第一志望に向けた勉強の仕方が大きく変わり、今よりも効果的勉強を進められます。ぜひ、この記事を読んで日頃の受験勉強に役立ててください。

記事中参考書の「価格」「ページ数」などについては執筆時点での情報であり、今後変更となることがあります。また、今後絶版・改訂となる参考書もございますので、書店・Amazon・公式HP等をご確認ください。

監修者|橋本拓磨

橋本拓磨

東京大学法学部を卒業。在学時から学習塾STRUXの立ち上げに関わり、教務主任として塾のカリキュラム開発を担当してきた。現在は塾長として学習塾STRUXの運営を行っている。勉強を頑張っている高校生に受験を通して成功体験を得て欲しいという思いから全国の高校生に勉強効率や勉強法などを届けるSTRUXマガジンの監修を務めている。

詳しいプロフィールはこちら
学習塾STRUX新年度無料体験受付中!
志望校に合格するために何から始めればいいかわからない!そんな人はチェック!