法政大学

法政大学 化学の対策


このページでは、法政大学に合格できる力をつけるための化学カリキュラムをまとめています。参考にして勉強していきましょう。

法政大学化学の傾向分析

法政大学の化学は、理工学部電気電子工学科・生命科学科ではおおむね典型問題が出題される。だが知識はやや細かいところが問われたり、計算量や問題文の文章量が若干多めだったりと、やや解きづらさはある。法政大学化学実戦までの問題集を徹底的にやりこみ、プラスアルファで過去問を解き、形式に慣れよう。

機械学科でも、典型問題がほとんどだが、実生活に絡めた変わり種の計算問題が数問ある。知識に関しては、冷却曲線や有名な電池の正極と負極の物質名など、誰もが一度は見たことのあるものを答えさせるものが多い。だが、意外と深い知識が求められる。

法政大学化学のチェックリスト

法政大学化学のカリキュラム

    入試基礎レベル

  • スタディサプリ

    スタディサプリ高3化学

    学校の授業を覚えきれていない人は、ここから始めます。各単元を、理解しながら進めましょう!

    法政大学化学実戦

  • 化学基礎問題精講

    化学基礎問題精講

    基本的な理解が全て完了したら、問題集でアウトプットしていきます。センターレベルの問題を完璧にしていきます。

他の科目の対策を見る!

法政大学の他の科目の対策はこちらからチェック!

 記事中参考書の「価格」「ページ数」などについては執筆時点での情報であり、今後変更となることがあります。また、今後絶版・改訂となる参考書もございますので、書店・Amazon・公式HP等をご確認ください。

監修者|橋本拓磨

橋本拓磨

東京大学法学部を卒業。在学時から学習塾STRUXの立ち上げに関わり、教務主任として塾のカリキュラム開発を担当してきた。現在は塾長として学習塾STRUXの運営を行っている。勉強を頑張っている高校生に受験を通して成功体験を得て欲しいという思いから全国の高校生に勉強効率や勉強法などを届けるSTRUXマガジンの監修を務めている。

詳しいプロフィールはこちら