日本史の参考書使い方 科目別参考書解説

史料問題対策に最適!「眠れぬ夜の土屋の日本史」の正しい使い方と勉強法

志望校別の対策を見る!こちらをクリック

合格実績を見る!こちらをクリック!

日本史の史料問題とは、昔の絵や文章について歴史的背景や空欄に入る重要語句などが問われる問題のこと。

史料問題は古文で書かれていて読みづらかったり、勉強方法がわかりにくいことから苦手意識を持っている人が多いです。

しかし、その対策に時間を割いている人は少ないのではないでしょうか?漠然と教科書や資料集に載っている史料を見ても、どの史料のどの部分が問われるのかわからないので、非常に勉強しづらい分野だと思います。

そんな史料問題対策にぴったりな参考書が「眠れぬ夜の土屋の日本史」です!この記事では、「眠れぬ夜の土屋の日本史」を使った正しい史料問題対策の勉強方法について紹介していきます!

マルオ困った顔
日本史の史料問題が苦手で「眠れぬ夜の土屋の日本史」を使って勉強しているんですけど、なかなか頭に入ってこないです‥‥。
確かに史料対策は勉強しづらい分野ね。史料問題は時代背景を問う問題が多いから、前提知識として大まかな歴史の流れが必要よ!この記事ではそれらを使うタイミングを含め、「眠れぬ夜の土屋の日本史」の正しい勉強方法を説明していくわね!
マルオ笑った顔
はーい、お願いしまーす!

日本史全体の勉強法を知りたい人はこちらの記事もチェック!

日本史通史(全体像把握)の勉強法を知りたい人はこちらの記事もチェック!

戦略01 「眠れぬ夜の土屋の日本史」はこんな人におすすめ!

まずは基本情報をおさらいしておくわね。

「眠れぬ夜の土屋の日本史」の基本情報

Amazonで詳細を見る

  • 習得にかかる時間
  • 75時間
  • レベル
  • センター試験レベルからスタートして、国立2次・早慶など難関大レベルまで対応
  • おすすめ度
  • ★★★★★(史料問題対策や日本史の学力アップに繋がる!)

センター試験レベルからスタートして、早慶や難関国公立などのハイレベルな試験問題に対応できるほどレベルアップできるわよ!特に下のチェックリストに2つ以上あてはまる人にはオススメね!

こんな人におすすめ!チェックリスト

  • 通史を一通り理解していて、さらに理解を深めたい人
  • 史料問題に特化した対策をしたい人
  • 日本史の知識の整理、最終仕上げをしたい人
  • 通史や用語のインプットを完璧にしたい人
  • 早慶や国公立など難関大志望で、かなり細かい知識まで問われる
  • 日本史は元々得意だが更にレベルアップしたい人
マルオ驚いた顔
結構ハイレベルな参考書だったんですね!びっくりです!
そうよ!「眠れぬ夜の土屋の日本史」にも通史の解説が詳しく書かれているけど、少し難易度が高いからある程度大まかな流れは頭に入れてから始めることをオススメするわ。

こんな人にはおすすめできない!チェックリスト

他の通史勉強にオススメの参考書も見たい、メリットやデメリットをきちんと比べたい、という人は、こちらの記事もチェック!

日本史通史(全体像把握)の勉強法を知りたい人はこちらの記事もチェック!

戦略02 「眠れぬ夜の土屋の日本史」の使い方・勉強法!

じゃあここからは、「眠れぬ夜の土屋の日本史」の基本的な使い方について説明するわね。細かいやり方は時期や志望校によって少しずつ異なるので、それぞれのページを確認してね。
マルオ笑った顔
さっそくお願いします!

「眠れぬ夜の土屋の日本史」は以下の3つのパートで構成されています。

  • 史料パート:頻出史料と現代語訳。ランク別になっている。
  • 解説パート:通史解説(通史のレジュメと年表)
  • 問題パート:97題の初見史料対策問題集
基本的な勉強のステップはこの通り!

基本的なカリキュラムのステップ

1周目
Step1.
史料パート(史料と現代語訳)を読む。
Step2.
解説パート(通史解説)を読む。
Step3.
問題パートの該当する問題を解く。間違った問題はチェックをつけておく。
1周目は用語などを無理に覚えようとせず、さらっと読みましょう。勉強した内容が問題でどのように問われているのか、通史の因果関係などを理解できればOKよ。
2周目
Step1.
史料パート(史料と現代語訳)を史料で重要部分を意識しながら読む。
Step2.
解説パート(通史解説)を用語暗記を意識しながら読む。
Step3.
問題パートの該当する問題を解く。間違った問題はチェックをつけておく。
2周目以降は史料の中で重要なことを覚えながら、何度も何度も読み込みましょう。最終的には見ただけで何の史料か言えるレベルまで、また解説パートは赤シートで隠してもスラスラ読めるレベルまで持っていければ完璧よ!

また「眠れぬ夜の土屋の日本史」ではABCの3つのランクに分かれています。

A:偏差値60以下の大学を目指す人
AB:65以下の大学を目指す人はAB
ABC:65以上の大学を目指す人

といったように、志望校に合わせてどこまで勉強すればいいのかが示されています。志望校や今の自分のレベルに合わせた勉強をしましょう。

大原則は2つよ!
何度も繰り返しましょう!
日本史の勉強の流れを意識しながら勉強を進めましょう!

この2つを守ることで、記憶が定着しやすくなります。

何度も繰り返しましょう!

1周目は「なぜ」と「流れ」を意識しながら、2周目以降は重要な内容を覚えることを意識しながら読みましょう。一度に一気に覚えようとするよりも、反復した方が記憶は定着します。

日本史の勉強の流れを意識しながら勉強を進めましょう!

正しい日本史の勉強の流れは、①通史→②用語暗記→③問題演習です。

「眠れぬ夜の土屋の日本史」は、通史の詳しい理解から用語の暗記、問題演習までできる総合的な参考書。時期や自分の学力に照らし合わせ、この流れを意識しながら勉強を進めましょう。

このことについて詳しく説明しているので、読んでみてください!

こんな使い方は要注意!使い方のコツ

ここでは、「眠れぬ夜の土屋の日本史」だからこそ気をつけてほしいことをまとめていくわよ。

1、「眠れぬ夜の土屋の日本史」 使用上の注意

戦略02であげた2つの原則を、もう一度思い出しましょう。

何度も繰り返しましょう!
日本史の勉強の流れを意識しながら勉強を進めましょう!

これ以外にも、「眠れぬ夜の土屋の日本史」だからこそ気をつけてほしいことがあります。

「眠れぬ夜の土屋の日本史」からスタートしない!

マルオ笑った顔
まさに僕が最初に言われたことですね!(笑)

「眠れぬ夜の土屋の日本史」は、難関大の人が使うような比較的ハイレベルな参考書です。

ある程度歴史の流れや因果関係などの知識を身につけていることを前提としています。したがって、簡単な参考書で簡単な流れを掴んでからやり始めることをオススメします。

2、こういう使いかたもある!最大限活用するコツ!

ここでは、「眠れぬ夜の土屋の日本史」の他の勉強法を紹介するわよ!

模試や参考書で出てきたらその都度調べる

史料をまとめた参考書なので、必ずしも1ページ目から順に勉強する必要はありません。模試や他の参考書、教科書などで出てきた史料をその都度調べて覚えていくやり方でも十分頭に入ります。

そういう使い方をするにしても、少なくとも1周は読み切るといいと思うわ!そうすることで、大まかな流れや載っている史料がなんとなく頭に入るのよ!

まとめ

この記事で押さえてほしいことはこれよ!
何度も繰り返し読んでインプットする!
日本史の勉強の流れ①通史→用語暗記→③問題演習を意識しながら、勉強を進めましょう!
「眠れぬ夜の土屋の日本史」からスタートしない!
模試や参考書で出てきたらその都度調べるやり方もある!/dt>
最後にもう一度、「眠れぬ夜の土屋の日本史」を使ってほしい人のチェックリストを見せておくわ。

こんな人におすすめ!チェックリスト

  • 通史を一通り理解していて、さらに理解を深めたい人
  • 史料問題に特化した対策をしたい人
  • 日本史の知識の整理、最終仕上げをしたい人
  • 通史や用語のインプットを完璧にしたい人
  • 早慶や国公立など難関大志望で、かなり細かい知識まで問われる
  • 日本史は元々得意だが更にレベルアップしたい人

他の通史勉強にオススメの参考書も見たい、メリットやデメリットをきちんと比べたい、という人は、こちらの記事もチェック!

日本史勉強の全体像を掴みたい!

日本史通史(全体像把握)の勉強法を知りたい!

【ストマガ限定・これだけは伝えたい】
頑張っても成績が上がらない時に
確認すべき3つのこと

記事サムネイル

大学受験において参考書や勉強法はとても重要ですが、それだけでは合格できません。

  • 同じ参考書を使って「受かる人」と「落ちる人」の違い
  • 合格に向けて、根拠を持って勉強を進めるために必要な〇〇とは?
  • 迷いなく毎日の勉強を進める唯一の方法

について、ストマガ読者の方だけにすべてお伝えしています。

限定記事を読む

この記事を読むだけで、第一志望に向けた勉強の仕方が大きく変わり、今よりも効果的勉強を進められます。ぜひ、この記事を読んで日頃の受験勉強に役立ててください。

記事中参考書の「価格」「ページ数」などについては執筆時点での情報であり、今後変更となることがあります。また、今後絶版・改訂となる参考書もございますので、書店・Amazon・公式HP等をご確認ください。

監修者|橋本拓磨

橋本拓磨

東京大学法学部を卒業。在学時から学習塾STRUXの立ち上げに関わり、教務主任として塾のカリキュラム開発を担当してきた。現在は塾長として学習塾STRUXの運営を行っている。勉強を頑張っている高校生に受験を通して成功体験を得て欲しいという思いから全国の高校生に勉強効率や勉強法などを届けるSTRUXマガジンの監修を務めている。

詳しいプロフィールはこちら
学習塾STRUX新年度無料体験受付中!
志望校に合格するために何から始めればいいかわからない!そんな人はチェック!