日本史の参考書使い方


【大学入試】おすすめ日本史参考書5選!自分の今に最適な参考書を見つけよう!

共通テストの対策を見る!こちらをクリック

合格実績を見る!こちらをクリック!

「日本史の勉強を始めたいけれど何から手をつけたらいいのかわからない…」と悩んでいないでしょうか?

書店に行けば多くの参考書が並んでいます。参考書の帯や書店のポップには色々と魅力的な言葉が書かれていますが、それだけで参考書を決めるのはちょっと待ってください。

参考書を選ぶ上で大切なのは、まず「自分の今に最適なものを選ぶこと」です。それをしないとせっかくの勉強も「ただ机に向かっただけの時間」で終わってしまうかもしれませんよ。

ここではおすすめの日本史の参考書や問題集を5冊紹介しています。その中で今の自分にはどの参考書が合っているのか、それぞれの特徴や使い方を踏まえて考えてみてください!

自分にピッタリの日本史参考書を選ぶのが成績アップのコツ!

参考書なんて使ってみなきゃ自分に合うかわかりません……。
確かにその通りね。でもだからと言って何でもいいと言うわけではないわ。
じゃあどうすればいいんですか?
参考書を選ぶ手助けをしてあげるから、一緒に考えましょう!
はい!よろしくお願いします!!

「自分にピッタリの参考書なんて使ってみないと分からない!」と言われれば確かにそうです。けれどひとつひとつの参考書を片っ端から使ってみるなんて効率の悪いことはできないですよね。

だからこそ、選ぶときにはしっかりと吟味して自分が使うことをイメージしながら選択することが大切です。

それでは具体的にどのような基準で選べば良いのでしょうか?基本的には以下の5点を意識しましょう。

  • 自分の日本史勉強の現状に合っているか?
  • 自分の目標とする学校の難易度に沿っているか?
  • 暗記を進めたいか?それとも実践力を身につけたいか?
  • 解説は丁寧な方がいいか?
  • 自分の志望校で論述が出題されるか?

これら5点を意識して参考書選びをすることで、自分に合った1冊を見つけることができます。今回はこの基準に沿って日本史におすすめな参考書をご紹介します。

日本史参考書・問題集おすすめ5選

この5冊の中から自分にぴったりの1冊を見つけてみましょう!

日本史参考書早見表

まずは今回ご紹介する参考書がどのような人におすすめなのか、簡単にまとめました。

  • がっつりと通史を勉強したい人におすすめ→日本史B 実況中継
  • 歴史の流れも単語も一緒に覚えていきたい人におすすめ→詳説日本史ノート
  • 定期テストから受験まで使える単語暗記の1冊が欲しい人におすすめ→山川一問一答日本史
  • 志望校に論述問題が出る人の最初の1冊におすすめ→考える日本史論述
  • 一通り日本史を勉強し終えた人の実践的問題集としておすすめ→実力をつける日本史100題

おすすめ日本史参考書その1:「日本史B 実況中継」

レベル:定期テスト〜MARCHレベル

この「日本史B 実況中継」は時代ごとに分けられた計4冊というなかなかボリュームのあるシリーズです。

量が多いとそれだけで圧倒されてしまうかもしれません。しかし中身は予備校の講義のように話し言葉で書かれているので読みやすく、教科書を淡々と読んでいくような重さはありません。

ある程度日本史の概要を勉強し終わった人が、次に日本史の「通史」を勉強するのにぴったりの1冊です。

また、知識のインプット用にCDもついていますし、アウトプット用には講義プリントもついています。これらも幅広く活用して勉強することができますね。

「日本史B 実況中継」はこんな人におすすめ!

  • 全体像はわかったので、細かい通史の内容を勉強したい
  • 志望校はMARCHレベル以上の難関私大
  • イラストを見ながら楽しく日本史を覚えたいあなた!
  • 赤シートを使って単語を覚えることに慣れているあなた!
  • 文章の中で日本史の単語の暗記をしたいあなた!

この参考書については、こちらの記事を参考にしてください。

1つの参考書で日本史を勉強したいならこれね!

おすすめ日本史参考書その2:「詳説日本史ノート」

レベル:定期テストから大学入学共通テスト・国立2次・早慶レベルまで対応可能

穴埋め式のノート形式の参考書です。重要単語などを埋めていくことによって、知識の整理や歴史の流れを確認できるようになっています。

これから自分で日本史を勉強していくための参考書というよりは、授業で習った範囲の復習の方が適しています。

そのため「ある程度日本史を勉強したけれど、流れや単語がいまいち定着しない」といった人にはぴったりですよ。

「詳説日本史ノート」はこんな人におすすめ!

  • 歴史の流れと用語をセットで覚えたい人
  • センター日本史50点以下!日本史の単語暗記に苦しんでいる人
  • 歴史の全範囲を一冊で勉強したい人
  • 教科書『詳説日本史』(山川出版)に対応した参考書を使いたい人

この参考書については、こちらの記事を参考にしてください。

自分でノートをまとめていくように使えるわ。

おすすめ日本史参考書その3:「山川一問一答日本史」

レベル:定期テストから大学入学共通テスト・国立2次・早慶レベルまで対応可能

日本史の通史を勉強し終えた、あるいはある程度まで通史の勉強が進んでいるならば、次は「単語暗記」です。

その単語暗記に適しているのが「山川一問一答日本史」。この参考書は定期テスト対策から難関校受験まで幅広く使えるものになっているので、迷ったらとりあえず使ってみるのも良いですね。

サイズ感も手のひらサイズなので「いざ勉強!」と意気込む力が出ないときにも、さっと出して勉強することができるのも良いところです。

「山川一問一答日本史」はこんな人におすすめ!

  • シンプルなデザインがすき!
  • 学校の教科書が山川!教科書の流れに合わせて勉強したい!
  • 細かい単語よりも頻出の単語に絞って暗記がしたい!
  • 学校の授業の復習や定期テスト対策に使いたい!
  • 多くの受験生が使っている問題を解きたい!

この参考書については、こちらの記事を参考にしてください。

レベル別に分けてあるので自分に合った使い方ができるわよ。

おすすめ日本史参考書その4:「考える日本史論述」

国公立2次試験、難関私立の論述対策

通史や単語暗記を完璧にしたからといって論述が書けるわけではありません。そのため、受験校で日本史論述の出題がある人は、必ずその対策をしなければいけません。

「でも何をしたらいいのかわからない…」という論述対策初心者におすすめしたいのが「考える日本史論述」という問題集です。

本書は実際の入試で頻出のテーマを元に、あらゆる時代の論述問題を収録しています。解説も丁寧なので論述対策の足掛かりとしては使いやすい問題集ですよ。

「考える日本史論述」はこんな人におすすめ!

  • 志望校の入試に日本史の論述問題がでるあなた!
  • 日本史の通史は覚えられた!あとは点数の取り方が知りたい!というあなた
  • 単語暗記は行ったけど、論述問題対策は初めてというあなた!
  • 論述の頻出テーマが何かを知りたいあなた!
  • 日本史を得点源にしたいあなた!

この参考書については、こちらの記事を参考にしてください。

志望校で論述が出題されるならまずここからね!

おすすめ日本史参考書その5:「実力をつける日本史100題」

レベル:定期テストから大学入学共通テスト・日東駒専

「通史」が終わり「単語暗記」ができたとしても、実際の出題に慣れていなければ本番の得点にはつながりません。

そんな実践力をつけていく一歩目に手に取りたい問題集が「実力をつける日本史100題」です。

この問題集には時代別に75題、テーマ史20題、論述5題の入試で頻出の問題が収録されており、これらを解くことで入試での実践力が身につきます。

また、解き進めることで今までインプットしてきた知識を体系的に理解することにもつながりますので、「日本史の総仕上げ」として取り組んでみると良いです。

「実力をつける日本史100題」はこんな人におすすめ!

  • これから本格的な日本史の問題演習を始めようと思っているあなた!
  • まずは基本事項の確認からやろうと思っているあなた!
  • 抜け漏れなく網羅的な問題集を使いたいあなた!
  • 日本史のニガテあり!どうやって正解にたどり着くかという方法を知りたいあなた!
  • 丁寧な解説を読み込んで学習を進めたいあなた!

この参考書については、こちらの記事を参考にしてください。

本格的に入試を意識した勉強につながるわね。

おすすめの日本史参考書がわかったら、使い方をチェック!

今の自分に合いそうな参考書は見つけられたでしょうか?まずはじっくりとこれらを比べてみて、今の自分に最適な参考書を見つけてください。

ただし、自分に最適な1冊を見つけたからと言ってそれだけで安心してはいけません。

大事なのは参考書を正しく使いこなすこと。同じ参考書を使っている他の受験生に差をつけるためにも「参考書の学習効果を最大限にするための勉強方法」を考えてみてください。

それぞれの参考書で細かい使い方は違ってきますが、日本史の参考書で心得ておきたい使い方を次で説明しています。

まだ気をつけることがあるんですか?
むしろここから先が大切なことよ。

使い方のポイントは、「インプットするとき&アウトプットするときを区別する」ということ!

日本史は覚えることが多くて大変だと感じる受験生は多いでしょう。日本史全体の流れを覚える「通史理解」もそうですし、そこに細かい単語を付け加えていく「単語暗記」も勉強していくのはなかなかボリュームがあります。

だからこそ大切なのが歴史の流れや知識を「インプットするとき」と「アウトプットするとき」をはっきり区別しながら勉強していくということです。

もちろん最初に行うのはインプット。ここで紹介した中では「日本史B 実況中継」「詳説日本史ノート」「山川一問一答日本史」などを使って、自分の中の知識を増やしていきます。

ある程度インプットが進んだら次にアウトプット。「考える日本史論述」や「実力をつける日本史100題」などを使って、実際の入試を想定した実践力をつけていきます。

「即戦力になる力が欲しい!」と思ってアウトプットする問題集から手をつけてしまうと、日本史の骨格が出来ていないので「勉強をしているようで身についていない」状態になってしまいます。

インプットだけをしている最初はすぐに得点につながらずにもどかしい思いをするかもしれませんがそこはグッと我慢です。

効率的に勉強を進めていくためにも、インプット&アウトプットの意識は必ず持っておくようにしましょう。

しっかり分けて勉強するんですね!
そうよ!しっかり段階を踏んで勉強しましょう!

まとめ

まずは今の自分に最適な参考書・問題集を選びましょう。「みんなが使ってるから」「先輩に勧められたから」ではなく、あなた自身がよく考えて「今の自分に最適な1冊」を見つけてください。

そして参考書・問題集は「インプットするとき&アウトプットするとき」を区別して進めること。同じ参考書を使う受験生でも入試の結果に差が出るのは、それぞれ「どう使ったか」が異なるからです。

参考書・問題集での勉強の効果を結果につなげられるかは使い方次第。ただ漫然と進めるのではなく、自分の現状や目標を客観的に考えながら勉強していきましょう。

【ストマガ限定・これだけは伝えたい】
頑張っても成績が上がらない時に
確認すべき3つのこと

記事サムネイル

大学受験において参考書や勉強法はとても重要ですが、それだけでは合格できません。

  • 同じ参考書を使って「受かる人」と「落ちる人」の違い
  • 合格に向けて、根拠を持って勉強を進めるために必要な〇〇とは?
  • 迷いなく毎日の勉強を進める唯一の方法

について、ストマガ読者の方だけにすべてお伝えしています。

限定記事を読む

この記事を読むだけで、第一志望に向けた勉強の仕方が大きく変わり、今よりも効果的勉強を進められます。ぜひ、この記事を読んで日頃の受験勉強に役立ててください。

記事中参考書の「価格」「ページ数」などについては執筆時点での情報であり、今後変更となることがあります。また、今後絶版・改訂となる参考書もございますので、書店・Amazon・公式HP等をご確認ください。

監修者|橋本拓磨

橋本拓磨

東京大学法学部を卒業。在学時から学習塾STRUXの立ち上げに関わり、教務主任として塾のカリキュラム開発を担当してきた。現在は塾長として学習塾STRUXの運営を行っている。勉強を頑張っている高校生に受験を通して成功体験を得て欲しいという思いから全国の高校生に勉強効率や勉強法などを届けるSTRUXマガジンの監修を務めている。

詳しいプロフィールはこちら
学習塾STRUX新年度無料体験受付中!
志望校に合格するために何から始めればいいかわからない!そんな人はチェック!