世界史の参考書使い方

『ヨコから見る世界史』で世界史の通史をふかく理解する勉強法

「STRUX大学受験マガジン」では、学習塾STRUX塾長である綱島将人監修のもと、第1志望校合格のための勉強法や志望校別の対策のしかた・勉強に関するコラムをわかりやすくお伝えしています。高校生のマルオをはじめとするキャラクターたちと、合格への"最短距離"をすすんでいきましょう。

トップページでほかのコンテンツを見る

志望校別の対策を見る!こちらをクリック

世界史の通史を一通り覚えたけど、入試問題で同時代の別々の地域をからめて問題を出されると全然歯が立たない!というあなたに朗報です。通史を勉強したのに入試問題を解けないあなたは、同じ時代に各地域でどのような出来事が起こっていないのかを理解できていないからです。つまり、世界史の“ヨコ”を理解できていないのです。あなたが通史で勉強したのは、各地域の歴史であり“タテ”の歴史を学んでいます。ですが、世界史を得点源にしていくためには“ヨコ”の勉強も進めていく必要があるのです。そこでオススメなのが、今回ご紹介する『ヨコから見る世界史』です。『ヨコから見る世界史』がだれにオススメなのか?『ヨコから見る世界史』を使ってどのように勉強していけば世界史が得意科目になっていくのか解説していきます。

案件 『ヨコから見る世界史』の使い方と勉強法を教えてください

た〜〜〜ての糸はわたし〜〜〜♫ よ〜〜〜この糸はあなた〜〜♫
……。
どうですか??僕けっこう歌もうまいんですよ!
よくそんな古い曲を知っているわね。中島みゆきさんの『糸』ね!
今日のテーマが、世界史の”タテ“と”ヨコ“だって聞いて、ついつい歌っちゃいました笑
マルオくんは渋いわね笑 さて、本題にいきましょう!!
切り替え早いですね。
Time is moneyよ!! 今日は、マルオくんもいっていたけど、世界史の“ヨコ”について。世界史の“ヨコ”をしっかりと学べる参考書はじつはなかなかないの!その中で、『“ヨコ“から見る世界史』は秀逸な参考書といえるわ!
四ノ宮先生がそんなにほめるなんて、よっぽどですね。
今回は、『“ヨコ“から見る世界史』をどのように使っていくべきかを解説していくわ。

戦略01 『“ヨコ“から見る世界史』はこんな人におすすめ!

まずは基本情報をおさらいしておくわね。

『“ヨコ“から見る世界史』の基本情報

  • 料金
  • ¥1,296
  • ページ数
  • 226ページ
  • 習得にかかる時間
  • 50時間
  • レベル
  • 国立2次・早慶の記述対策レベル
  • おすすめ度
  • ★★★★★(ヨコの流れを理解できれば他の受験生に差をつけられる!!)
通史を終えて一問一答で単語を覚えてから、この参考書に取り組めば知識と知識が上手くむすびついて、センター試験でも9割以上を狙えてしまうわ!!ただし、通史や単語暗記を終えていないのにこの参考書に取り組んでもあまり効果的ではないので注意が必要ね。
どういう人におすすめか?もっとくわしく教えてください。
下のチェックリストを見てみましょう!もし2つ以上当てはまるものがあったら取り組んでみるといいわ。

こんな人におすすめ!チェックリスト

  • 通史や単語暗記を終えたけど、どうも単語と単語が結びついていない!
  • 単語を覚えたけど、入試問題の中ではなぜか思い出せない!
  • センター試験で8割点数がとれるんだけど、満点まで伸びない!
  • 記述問題に取り組むものの、同時代の出来事を整理していなくて上手くかけない
ぼくも『ヨコからみる世界史』に取り組んでみようと思います!!
逆に、いまから見せるチェックリストに2つ以上あてはまる人は、通史の参考書や一問一答などを使うことをオススメするわ。

こんな人にはおすすめできない!チェックリスト

次は、『ヨコからみる世界史』の使い方と勉強法についてくわしく解説していくわよ。
待ってました〜!

戦略02 『ヨコから見る世界史』の使い方・勉強法!

基本的な勉強法はこの通り!

基本的なカリキュラムのステップ

1周目

Step1.
セクションの文章を読む
Step2.
読み終わったら、読んだ部分に書いてあったことを自分の頭の中でまとめる
Step3.
step1とstep2を同じ文章で繰り返す

2周目

Step1.
セクションの文章を読む
Step2.
読み終わったら、読んだ部分に書いてあったことを自分の頭の中でまとめる
Step3.
step1とstep2を同じ文章で繰り返す
1周目と2周目で同じ内容なんだね!
問題集を使いこなすためのポイントは2つよ!
  • なんども繰り返す!!
  • 読んだら、自分の頭のなかでまとめること!!
ただ読んだだけにならないように、工夫していくことがポイントよ。

ポイントは「ただ読んでいるだけ」にならないようにすることです。このような文章を読む系の参考書だと、どうしてもただなんとなく読んでいるだけになってしまいがちです。しかし、『ヨコからみる世界史』に取り組む目的は、「読む」ことではなく「ヨコの流れを理解」することです。ただ読んで、“目の体操”になっていてはいけません。
そのために重要となってくるのが、ページごとに読んだ内容を自分の頭の中でまとめることです。まとめをいれることによって、単純に読み進めるだけではなく、理解しようとの目的意識が強くはたらくはずです。

頭の中でまとめることが大切よ!

いままで勉強してきた単語をまた違った角度からまとめ直すことに『ヨコからみる世界史』の意味があります。単語を一生懸命に覚えるというよりは、同じ時代に各地域ではどのような出来事がおきていたのか?という視点をつねにもって読んでいけると効果抜群です。もしも、わからない単語が複数出てくるようでしたら、一度一問一答などで単語を復習してから『ヨコからみる世界史』に取り組むようにしましょう。

一問一答も大切な参考書よ。使い方はこれを読んでね!

志望校別の対策を見る!こちらをクリック

『参考書の使い方がわかったけど、この参考書って志望校合格に必要なの?』
『この参考書は志望校合格にどのくらい役立つんだろう?』
そう思った人は、こちらの志望校別対策をチェック!


 

戦略03 こんな使い方は要注意!使い方のコツ

あの……本来の使い方とは違うかもしれないのですが、単語暗記をする前に『ヨコからみる世界史』を使うのはありですか??
なるほどね!結論からいうと、論述問題が中心に出題される国公立大学志望ならありよ!!逆に、単語問題が大半を占める私立大学志望ならオススメはできないわね。
じゃあ、早稲田大学を目指している僕の場合は、単語暗記をするまえに『ヨコからみる世界史』を使うのはなしということですね。
そうね。私立大学志望なら、あくまで単語の整理として使うべきね。
ちなみになんですけど、なんで国公立大学志望なら単語暗記の前に使ってもいいんですか??
それは、記述問題では、“ヨコ”のつながりもかなりの確率で出題されるからよ。”ヨコ”のつながりを問う論述問題がたくさん出題されるのなら、細かい単語を暗記するよりも“ヨコ”のつながりを勉強してしまったほうが早く点数に結びつくわ。
なるほど。単語暗記の重要性が低い場合は、単語暗記の前に『ヨコからみる世界史』に取り組んでもいいということですね。

まとめ

この記事で押さえてほしいことはこれよ!
  • 『ヨコからみる世界史』は知識を別の角度からまとめる参考書
  • 「なんども読む!」「ただ読むだけにならない工夫をすること!
さいごにもう一度、『ヨコからみる世界史』を使ってほしい人のチェックリストを見せておくわ。
  • 通史や単語暗記を終えたけど、どうも単語と単語が結びついていない!
  • 単語を覚えたけど、入試問題の中ではなぜか思い出せない!
  • センター試験で8割点数がとれるんだけど、満点まで伸びない!
  • 記述問題に取り組むものの、同時代の出来事を整理していなくて上手くかけない

まずは世界史の通史から学びたいあなた!

世界史の単語に不安がある!

世界史の単語を完璧にしたい!

自分にあった世界史問題集をもっと知りたい!

ライター|学習塾STRUX講師陣

STRUX講師陣

『自学自習で合格する』をコンセプトにした学習塾です。生徒に学習トレーナーをつけることで、第1志望校合格に導いています。学習トレーナーが、第1志望校合格までに【どの参考書を】【どの時期に】【どれくらい】【どの勉強法で】やるべきかまでを指定するので、「今日、なにを勉強すればいいの?」といった悩みを持たせません。

STRUXの詳細を見る
line@の概要
友だち追加
line@限定動画
line@限定記事
友だち追加