受験相談記事

受験コラムVol.05|受験生時代の英語勉強法

「STRUX大学受験マガジン」では、学習塾STRUX塾長である綱島将人監修のもと、第1志望校合格のための勉強法や志望校別の対策のしかた・勉強に関するコラムをわかりやすくお伝えしています。高校生のマルオをはじめとするキャラクターたちと、合格への"最短距離"をすすんでいきましょう。

トップページでほかのコンテンツを見る

志望校別の対策を見る!こちらをクリック

無料勉強計画作成会について知る!こちらをクリック!

こんにちは!!今週も毎週月曜日に配信される“受験コラム”を書いていきます。

この勉強法サイトで監修を務める綱島将人です。

いつもこのサイトを利用してくれてありがとう!!

さてさて、今回からは僕が高校生の時に各科目をどのように勉強していたのか?を大公開していきたいと思います。

で、初回の今日は「英語」です。

正直、入学当初は、英語はかなりの苦手科目でした。模試の結果とかでも、英語が一番足をひっぱていたという記憶があります。

が、よくいわれるように英語は言語なので、しっかりと勉強すればそれなりに点数も伸びる。

高校生活を振り返って、一番努力が報われたな!と思っているのが、英語ですね。

今日は、自分の英語の勉強法を振り返ってみて、

  • よくぞやった高校生の綱島!!この勉強法はよかったぞ!という勉強法
  • それは効率の悪い勉強法だ!!みんなは真似しないでほしい勉強法

の2つにわけて紹介していきたいと思います。

よくぞやった高校生の綱島!!この勉強法はよかったぞ!という勉強法

ではでは、まずは真似してほしい勉強法から。

主に2つあります!!

  1. 高校1年生のうちに英文法を完璧にした!!
  2. 高校1年生のうちから毎日30分は音読をしていた!!

この2つは真似してほしい勉強法ですね。

順番に具体的に話していきますね。

①高校1年生のうちに英文法を完璧にした!!

英文法は早い時期に完璧にしてしまったほうがいいですね。英文解釈も、英長文も英文法の基礎があって始めてできるので。

それを高校1年生のうちにほぼほぼ完璧にしていたのは「よくぞやった!!」です。

使っていた参考書は“基礎英文法問題精講”です!!

基礎英文法問題精講

シンプルなデザインで、問題もよく入試に出題される文法事項ばかりがピックアップされているのでオススメです。

この問題集をたしか5周ぐらい勉強しました。

5周ぐらいしたら、センター試験の文法問題レベルだと間違えないようになっていましたね。

我ながらかなりのファインプレイです笑

②高校1年生のうちから毎日30分は音読をしていた!!

こちらも今すぐに真似をしてください。この記事を読んだこの日から音読をしましょう。

『どんな英長文を音読したらいいんだ??』『どうやって音読すればいいんだ??』と、疑問に思った人は、コチラの記事を読んで下さい。くわしく書いてあります。

ちなみに、ぼくの場合はZ会が出している『速読英単語(必修編)』を使って勉強してましたね。

とにかく『速読英単語』のなかにでてくる長文を何度も何度も音読していました。

高校3年生になるまで音読をし続けていたので、いまだに第1講目の英長文とかは覚えてますよ笑

たしか、「Vitamin C plays an important role …….」という書き出しで始まるはずです!!

それぐらい繰り返しで音読をしていた。

最初は、半信半疑で音読をしていましたけど、最終的には英文を読むスピードもどんどん上がっていって、センター試験の英語とかはゆっくり読んで60分で終わるって感じになっていましたね。

オススメです。

それは効率の悪い勉強法だ!!みんなは真似しないでほしい勉強法

続いては真似してほしくない勉強法を!!

・英単語を最後の最後まで真面目に覚えていなかった。

英単語帳は、最後の最後まで1冊も完璧にできなかったな!っと後悔があります。東大の場合はそこまで英単語が重要なわけではないからいいんですが、やっぱり英単語帳は1冊は完璧にすべきですね。

ぜひ、このサイトでオススメしている英単語帳から1冊を選んで完璧にしてもらえればと思います。

で、なんで英単語をしっかりと勉強しなかったのを後悔しているかというと、音読で英長文を速く読むのに慣れていたので、わりかし感覚で英長文を読めてはいたのですが、意味のわからない英単語とかもかなり多くて読み進めていくと、予測に予測が積み重なって正確な読解じゃなくなっていったりしてしまうんですよね。

だから、英長文の問題とかが得点がすこし安定しなかった。

これは入試本番まで悩みましたね。

かといって、入試に近づけば近づくほど、得点に直結する勉強をしたほうがいいという判断になるので、英単語は勉強しない。

英単語は弱点だな…… と思いつつ、最後まで放置してしまいました。

ので、みなさんは1冊だけでいいので英単語帳は完璧にしてください。

さいごの英長文の得点の安定しぐあいがかわってくるはずです。

自分の英語の勉強法をふりかえってみると、こんな感じですね。

このサイトを監修してていつも思っていることがあって、

自分も高校生の時にこのサイトに書いてある勉強法通りに完璧に効率のいい勉強法で勉強できていたら、もっとラクに受験を乗り越えられたのにな……とか思っていたりしています。

この”大学受験オンライン会議”の勉強法自体は、東大生や早稲田生に書いてもらっているのですが、きっと「自分も受験時代にもっとこうやって勉強すればよかった」という想いも込められたりしています。

だから、僕たちの反省をぜひ受験勉強に活かしてもらいたいですね。

そうそう、そういえば、9月24日(日)に、僕が塾長をつとめるSTRUX主催のイベントがあります!

受験に必要な「志望校と自分の実力の分析」の話をして、そのあと僕や現役東大生・早大生が受験生の悩みにひとつひとつ答えていく、というイベントです!

そこでも、今回紹介したような話をもしかしたら僕からできるかもしれません。

残席3つということなので、お申し込みはお早めに!

詳しくは、こちらのページから。

では、まとめです。

①英文法は早くから勉強すべし!!

②毎日、音読をすべし!!

③英単語は、1冊は英単語帳を完璧にすべし!!

ではでは、また来週の月曜日!!楽しみにおまちください。

ライター|学習塾STRUX講師陣

STRUX講師陣

『自学自習で合格する』をコンセプトにした学習塾です。生徒に学習トレーナーをつけることで、第1志望校合格に導いています。学習トレーナーが、第1志望校合格までに【どの参考書を】【どの時期に】【どれくらい】【どの勉強法で】やるべきかまでを指定するので、「今日、なにを勉強すればいいの?」といった悩みを持たせません。

STRUXの詳細を見る