英語勉強法

英文解釈レベル5|構文の仕上げには英文解釈の透視図!

「STRUX大学受験マガジン」では、学習塾STRUX塾長である綱島将人監修のもと、第1志望校合格のための勉強法や志望校別の対策のしかた・勉強に関するコラムをわかりやすくお伝えしています。高校生のマルオをはじめとするキャラクターたちと、合格への"最短距離"をすすんでいきましょう。

トップページでほかのコンテンツを見る

志望校別の対策を見る!こちらをクリック

  • 紙画像
  • 案件最難関大学の英文解釈を教えてください。

1つ下のレベルの記事を読んでみたい人はこちら!

赤神さんに言われた通り、『英文解釈の技術100』まで終わったぞ!!
マルオ君、いいペースじゃないか。ついに『英文解釈の技術100』まで終わったか!
もうこれで英文解釈はバッチリですよね?
確かにここまで勉強すれば、大抵の問題は解けるようになるが、早稲田大学志望のマルオ君にはもう一冊用意している。
本当ですか??僕をいじめて楽しんでいるんじゃないですか?
そんなことはない!次のチェックリストを見てみよう!このチェックリストに2つ以上あてはまる人はこれから紹介する勉強法で勉強することをおすすめする。
  • 志望校はもっとも難しい英文解釈が出題される大学
  • センター試験では構文はわかるようになったが、早慶レベルになると構文がわからないものが出てくる
  • 国立の二次試験の過去問を解いても構文が取れない
  • 「倒置構文」「省略」など、『英文解釈の技術100』をやっても苦手な部分がまだ残っている
あ、あてはまる!
やっぱりそうか。確かに今までマルオ英文解釈をよく頑張ったが、早慶レベルの英文解釈となると、まだ満足してはいけない。もし今のままだとこんな現実が待っている。

こんなの地獄ですね。油断してました。
でも心配するな。逆にこれから紹介する勉強法を実行すれば、こんな未来が待っている。

英文解釈は長文問題、英文和訳など、入試問題の中でも得点の大きい部分に大きく影響する分野だ!今回は最難関の私立大学を受験したい人向けの英文解釈の勉強法を紹介する!

ペン画像このカリキュラムでできること

こんなことができるようになる!!チェックリスト

  • もっとも構文解釈が難しい英文でも構文がわかるようになる
  • 長文問題でつまづくことがなくなる。
  • 英文和訳で安定していい点数が取れるようになる。

ここまではできない!!チェックリスト

  • 英文解釈の勉強のやり方やコツなど、広い範囲での英文解釈の勉強法の悩み
    合わせてこの記事も読もう!
    英文解釈勉強法

自分はこのカリキュラムであってるの?

赤神透公式LINE@

状況によってやるべき事は違うというけど、チェックリストを見ても自分に合ってるかイマイチわからなかった……。結局自分は何をすればいいの?そんなときはLINEで質問!このほかにも限定コンテンツを配信中!まずは友だち追加↓

ペン画像さて、どの参考書を使うのか?

今回の英文解釈レベル5で使う参考書はコレだ!!!!

入手方法

なぜ、この参考書を使うのか??

メリット

  • 「倒置」「省略」など英文解釈でも特に悩みやすい分野を中心に解説
  • 「例文」「challenge問題」ともに一文ずつ丁寧に解説
  • 単語リストも掲載。これ一冊で全部勉強できる

デメリット

  • イラストは少なめ。シンプルなデザイン
  • 重要なポイントに絞った構成。網羅性は高くない
確かに「デザインが味気ない」「網羅性の高くない構成」などデメリットは幾つかあるが、最難関の私立大学を受験したいと思う人にはレベルも、取り扱っている分野もぴったりでおすすめの参考書と言える。

ペン画像どのように進めていくのか??

毎日の勉強時間

90分

マスターするのにかかる時間

58日

毎日の勉強内容

1周目

Step1.
例文に取り組む
Step2.
解説を読み、構文の取り方を学ぶ
Step3.
チャレンジ問題に取り組む
Step4.
答え合わせを行い、すべての解説を読む
Step5
解説を理解した上で再度チャレンジ問題に取り組む

毎日90分で、5つのステップを繰り返すだけ!
→25日で1周できる

何か注意するべきポイントはありますか?
下にまとめておいたから確認してみてくれ!
細かい日本語の違いは気にしない!構文が反映された和訳かチェック

英文解釈の勉強を取り組んでいると、自分と参考書の和訳ギャップに戸惑うと思います。そんな時は解説を読んで「この参考書と同じ構文解釈ができているかどうか」を確認しましょう。多少日本語の表現が違っても構文解釈がしっかりできていれば、大きな問題ではありませんし、表現の仕方は問題を繰り返し解くことで修正できます。まずは日本語の細かい違いよりも構文が反映された和訳になっているか確認しましょう。

辞書は使わない!わからない単語は推測しよう

問題を解いていて、わからない単語が出てきたら、まずは問題の下の単語の欄を確認しましょう。固有名詞や難しい単語は基本的にのっているのでそれを参考にしましょう。ただ、辞書で調べてはいけません。実際の入試でも辞書は使えませんし、早慶レベルの英単語になるとわからない単語は必ず出てきます。その中でも英文解釈できるように推測しながら取り組みましょう。そして解き終わった後に辞書を使って確認しましょう。

悩みすぎない!わからなかったらすぐ解説へ!

知らない構文が出てきても悩みすぎては時間の無駄です。3分悩んでわからなかったら答えを見て確認しましょう。解法を1度勉強してからもう一度問題に取り組んだ方が効率良く勉強を進められます。

2周目

Step1.
例題に取り組む
Step2.
解説を読み、構文の取り方を学ぶ
Step3.
チャレンジ問題に取り組む
Step4.
答え合わせを行い、すべての解説を読む
Step5
解説を理解した上で再度チャレンジ問題に取り組む

毎日60分で、5つのステップを繰り返すだけ!
→25日で1周できる

なんか時間短くなってませんか?
よく気づいたな。2周目は60分で1問だ!1度問題を解いているからすらすら出来るぞ!
同じ問題を2回も解く必要あるんですか?
必要だ!1周目と違って2周目は「どうやって構文を取ればいいのか」を意識しながら取り組める。そうすると正しい英文解釈のやり方が身につくようになる。
なるほど!それはいいですね。
そして3周目だ!

③ 3周目

Step1.
例題の下線部分の構文を意識して暗唱する
Step2.
英文を見ずに暗記した英文を音読する
Step3.
Step1,Step2を完全に暗記して音読できるまで繰り返す

毎日90分で、3つのステップを繰り返すだけ!
→9日で1周できる

3周目はもっとスピードアップだ!1問につき30分でとこう!
随分早いですね。
二回やっていれば、そんなに大変ではない。3周することで記憶に定着させるぞ!
でもこんなに早いペースでできない人もいるんじゃないですか?
そんな人のためにペース配分のために目安を紹介しておく。下を見てくれ。

ペース配分調整のめやす!

まだまだ受験までに時間がある人

③と同じペースでもう一周やろう!さらに繰り返し勉強してより定着度を増やそう

受験まで時間がない!(高校3年生向け)

チャレンジ問題で下線部の引かれた部分のみ解いていく。下線部はその問題でも特に重要な部分なので、この部分を優先的に解いていこう

志望校別の対策を見る!こちらをクリック

『自分はこのカリキュラムで志望校に合格できるのかな?』
『メリットもデメリットもわかった。けど、本当にこのまま進めていいのかな?』
そう思った人は、こちらの志望校別対策をチェック!

タイトルの勉強法の注意点

良い例

  • 和訳するときにできるだけ構文の形がわかるように意識している
  • 分からない部分の復習の回数を増やす
  • 分からない単語は文脈から推測して意味を取っている

悪い例

  • 自分の和訳を添削するときに答えを写すだけ!
    →自分の言葉で正しい和訳を作る
  • 答え合わせを適当に済ませてしまう
  • →間違えた理由を確認しよう!間違えた理由を発見しないと問題を解いた効果は半減だ!

最後にまとめだ!
  1. 細かい日本語の違いは気にしない!構文が反映された和訳かチェック
  2. 辞書は使わない!分からない単語は推測しよう
  3. 悩みすぎない!分からなかったらすぐ解説へ!

 PREVIOUS:英文解釈レベル4|『英文解釈の技術100』で難関大の構文理解・和訳もクリア!

ライター|学習塾STRUX講師陣

STRUX講師陣

『自学自習で合格する』をコンセプトにした学習塾です。生徒に学習トレーナーをつけることで、第1志望校合格に導いています。学習トレーナーが、第1志望校合格までに【どの参考書を】【どの時期に】【どれくらい】【どの勉強法で】やるべきかまでを指定するので、「今日、なにを勉強すればいいの?」といった悩みを持たせません。

STRUXの詳細を見る
line@の概要
友だち追加
line@限定動画
line@限定記事
友だち追加