日本史勉強法

日本史おすすめ問題集|圧倒的に成績を伸ばすおすすめ問題集

本当に使えるのはこれだ!日本史おすすめ問題集5選

「大学受験オンライン戦略会議」、略して「オン戦」では、学習塾STRUX塾長である綱島将人監修のもと、第1志望校合格のための勉強法や勉強に関するコラムを、"受験計画"を通してわかりやすくお伝えしています。高校生のマルオをはじめとするキャラクターたちと、合格への"最短距離"をすすんでいきましょう。

サイトについてはこちら

日本史の問題集 圧倒的に日本史の成績を伸ばす 問題集の選び方を伝授します!

  • 紙画像
  • 案件
    どの問題集を選べば、一番成績があがるのか教えてください!

四ノ宮先生!!
あら珍しいわね、マルオ君。どうしたの、うれしそうな顔をして。
ついに日本史の通史が終わったんです! だからこれから問題演習がっつりしていこう、と思っていて、その前に四ノ宮先生におすすめの参考書を聞いておきたいなって!!
ついに日本史の通史は終わったか……!! そうだな、「日本史参考書|どの参考書を選べば、一番成績があがるのか教えてください!」の時に、手当たり次第参考書・問題集を買うのは良くない、ということは説明した。ぜひサッチーの【効率的に成績を上げるためのおすすめ日本史問題集】を参考にしてくれ。
はーい。
だから……赤神君。「サッチー」はやめなさい。
ほーい。

ペン画像戦略01 どの問題集がおすすめかは、「使う目的」によって変わる!

まずは下の表に注目よ。

目的別おすすめ問題集

それでも自分は何を使えばいいの?という人は

赤神透公式LINE@

最適な日本史の問題集は人によって違う、というけど、上の表をみてもイマイチわからなかった……結局自分はどの参考書がいいんだろう?結局自分は何をすればいいの?そんなときはLINEで質問!このほかにも限定コンテンツを配信中!まずは友だち追加↓

ペン画像戦略02 日本史問題集 おすすめ5選

ではここからは、私が特におすすめする日本史問題集5つを、一つ一つ紹介していくわね。

実力をつける日本史100題

実力をつける日本史100題

はじめて日本史の問題集に取り組もうとする人におすすめな問題集がこれ。時代別の問題が75問、テーマ別の問題が20問収録されていて、ひととおりこなせば通史の知識をざっと復習しながら、問題演習をすることができます

またていねいな解説つきなので、日本史が苦手な人でも無理なく学習できるのも大きな魅力です。

実力をつける日本史100題のメリット

  • 時代別・テーマ別・論述の問題がついていて、すべての試験の形式が一通り経験できる。
  • 時代別の問題が75題あり、どの時代も抜けもれなく学習することができる。
  • これから問題演習を進めるにあたって、必要な基礎的な知識を再確認できる。
  • 初めて問題演習をする人でも、丁寧な解説でどのように正解にたどり着けばいいのか理解できる。
  • 日本史が苦手な人でも、ていねいな解説によって心が折れない!(笑
  • 地図・図表などが豊富で、解説が端的にまとまっている。

実力をつける日本史100題のデメリット

  • 基礎事項中心なので、レベルは全体的に低め。
  • 表紙・中身ともに色合いは地味。
  • 日本史が得意な人には物足りなさが残る。

実力をつける日本史100題はこんな人にオススメ!

  • これから本格的に日本史の問題演習を始めようと思っているあなた!
  • 基本事項の確認から入りたいと考えているあなた!
  • 日本史の知識を網羅しながら問題演習が積みたいあなた!
  • 日本史に苦手意識があり、どうやって正解にたどり着くのかという方法を知りたいあなた!
  • 丁寧な解説を読みこんで学習を進めたいあなた!

実力をつける日本史100題の基本情報

  • 料金
  • ¥1,404
  • ページ数
  • 464ページ
  • かかる時間
  • 50時間
  • 目安時期
  • 高校3年秋
  • レベル
  • 定期テストから日東駒専レベル
  • 持ち運びやすさ
  • ★★☆☆☆(ページ数が多く、持ち運ぶには重い)
  • おすすめ度
  • ★★★☆☆(基礎から問題演習を積みたい人はこれ!)
『実力をつける日本史100題』は、実践的な問題形式で演習経験を積みつつ、日本史の知識を総復習したい人におすすめです。ページ数が多めなので、しっかり計画を組んで取り組むといいわ。

センター試験過去問研究 日本史B

センター日本史B赤本

センター試験を利用する受験生は、センター試験の過去問で問題演習するのがおすすめ! センター試験は東京大学の教授が1年かけて作った非常に質の高い問題ばかりです。センター試験の過去問をこなせば、通史を復習しながらセンター試験の対策もできます

また数多いセンター試験の過去問のなかでも、この「センター試験過去問研究」はていねいな解説が特徴。日本史が苦手な人でもしっかり理解できる内容です。

センター日本史Bのメリット

  • 一回60分の問題演習で全範囲を網羅できる。
  • 入試問題を解くのに大切な、知識だけではない思考力が身につく。
  • 問題のレベルは基礎的で、受験で必要な基礎知識が詰まった問題内容になっている。
  • 東大教授たちが1年間かけて作った非常に質の高い問題で演習ができる。
  • センター試験を入試本番でも使う人は、試験の対策にもなる。
  • すべての分野を網羅した問題内容で、偏りがなく学習ができる。

センター日本史Bのデメリット

  • 堅い言葉で解説されているため、日本史が苦手な人は理解するのが難しい。
  • 単語のレベルは基礎的なため、難関私大志望者にとっては物足りなさが残る。

センター日本史Bはこんな人にオススメ!

  • 短い時間で全範囲の問題演習を積みたいあなた!
  • センター試験で日本史を使うあなた!
  • 基礎的な日本史の知識を再確認したいあなた!
  • 問題演習で単語の知識だけでなく、思考力を養いたいあなた!
  • 時間を決めた実戦形式での演習をたくさん積みたいあなた!

センター日本史Bの基本情報

  • 料金
  • ¥950
  • ページ数
  • 1136ページ(25年分収録)
  • かかる時間
  • 50時間
  • 目安時期
  • 高校3年秋から冬
  • レベル
  • 日東駒専~MARCHレベル
  • 持ち運びやすさ
  • ★☆☆☆☆(分厚すぎて持ち運ぶ気にはなれない)
  • おすすめ度
  • ★★★★☆(実践的な問題演習を積みたい人はこれ!)
『センター試験過去問研究 日本史B』は実践演習には最適な問題集よ。国公立を志望する人には、二次試験で不可欠な思考力を養うと同時に、センターの対策もできるこの問題集をおすすめします。

日本史B一問一答【完全版】 2nd edition

日本史B一問一答

私大志望者が問題演習をするならば、一問一答は外せないでしょう。私大入試では細かい知識が問われますが、一問一答形式の問題集ならば、効率よく暗記をすることができます

なかでも「日本史B一問一答【完全版】 2nd edition」は、頻出単語がひとめでわかり、関連単語についても学習ができる点で優れています

日本史B一問一答のメリット

  • 特筆すべきは圧倒的な単語のカバー率。全てを暗記すれば早慶でも満点を狙える。
  • ほかの一問一答問題集に比べて、受験に特化した内容。
  • 膨大なデータに裏付けされた、頻出単語の格付けが「★★★」「★★」「★」の3段階でわかる。
  • 赤シートで隠しながら、テストができるため「覚えた気になっているだけ」を防げる。
  • 問題文を読んでいくことで、日本史の流れの再確認もできる。
  • 手のひらサイズ。持ち運びが便利で様々な場面で気軽に学習できる。

日本史B一問一答のデメリット

  • いかんせん、量が膨大。根気よくできないと中途半端に終わってしまう。
  • 通史の流れがある程度入っていない人にとっては、わからないことだらけなので苦痛。
  • 論述がメインの国立志望の人にとっては、学ぶものが少ない。

日本史B一問一答はこんな人にオススメ!

  • 難関私大入試で、満点近い点数で合格を目指しているあなた!
  • 一冊の問題集でどの私大でも通用する実力をつけたいあなた!
  • 重要単語から学習し効率よく点数を伸ばしていきたいあなた!
  • 赤シートを使った簡単なテスト形式で問題演習を積んでいきたいあなた!
  • 一問一答形式が好きなあなた!

日本史B一問一答の基本情報

  • 料金
  • ¥1,058
  • ページ数
  • 440ページ
  • かかる時間
  • 100時間
  • 目安時期
  • 高校3年秋から冬
  • レベル
  • 定期テストから早慶レベル(国公立は除く)
  • 持ち運びやすさ
  • ★★★★★(手のひらサイズ。)
  • おすすめ度
  • ★★★★★(私大志望者で膨大な知識を手にしたい人はこれ!)
『日本史B一問一答【完全版】 2nd edition』は膨大な知識量を必要とする難関私大の入試で高得点を狙う人には、特におすすめね。その分内容は膨大だから、しっかり計画を練って学習を進めることが大切よ。
単語の暗記の方法についてはこのページを熟読して習得してくれ!
案件 日本史の単語は覚えるのをあきらめてもいいですか…? ウゥゥゥ… ウォォォォ… はあ… どうした、マルオ。日本史の教科書に向かいながらうめいて。教科書に虫でも ...... 続きを読む≫

“考える”日本史論述―「覚える」から「理解する」へ

考える日本史論述

論述形式の問題演習をする人におすすめなのがこの問題集。さまざまな大学の過去問を通じ、日本史論述の典型問題をひととおり学習することができます

また解説が非常にていねいなのも大きな魅力で、答えに至るまでの具体的な考え方の順番がわかります。

“考える”日本史論述のメリット

  • 論述形式の問題演習を基礎から学べる。
  • さまざまな大学の過去問を通じ、日本史論述の典型問題を経験することができる。
  • 題材はすべて大学の過去問で、中でもえりすぐりの良問で演習が積める。
  • 丁寧な解説で、答えに至るまでの具体的な思考の過程がわかる。
  • 論述の際に用いる、さまざまな場面で使える「答案の型」を多くの問題を通じて学習できる。

“考える”日本史論述のデメリット

  • 問題が複数の大学にまたがる。自分の志望校の過去問を解いたほうが効率は良い。
  • 説明は淡々と書かれている。
  • 日本史論述で高得点を狙うためには、さらに志望校の過去問演習をしっかりやる必要がある。

“考える”日本史論述はこんな人にオススメ!

  • 国公立志望だけど、論述に苦手意識があるあなた!
  • 日本史論述の典型問題を経験しておきたいあなた!
  • 解説だけではなく、答案を書くまでの「思考過程」を学びたいあなた!
  • 論述形式の問題の中でも良問で演習を積んでおきたいあなた!
  • これから論述形式の問題演習に本腰を入れて取り組もうと思っているあなた!

“考える”日本史論述の基本情報

  • 料金
  • ¥1,188
  • ページ数
  • 128ページ
  • かかる時間
  • 50時間
  • 目安時期
  • 高校3年秋から冬
  • レベル
  • 地方国公立
  • 持ち運びやすさ
  • ★★★★☆(標準サイズ。ページ数が少ないため軽いので持ち運びやすい。)
  • おすすめ度
  • ★★★☆☆(論述問題を基礎から学習したい人はこれ!)
『“考える”日本史論述―「覚える」から「理解する」へ』は論述問題をこれから本腰を入れて学習していこう、と考えている皆さんにおすすめするわ。標準的な問題レベルを多くこなせるのは大きな魅力よ。

東大日本史問題演習

東大日本史問題演習

東大をはじめとする最難関国公立で日本史をつかう人にはこちらの参考書がおすすめ。一般的に非常に雑なことがおおい東大日本史の解説ですが、この問題集では非常にていねいな解説がついています。

また高いクオリティの東大日本史の模擬問題も3年分ついていて、実践的な問題演習をすることができます。

東大日本史問題演習のメリット

  • 東大の過去問・模擬問題を通じた、難易度の高い記述問題で演習ができる。
  • 圧倒的なクオリティの答案例から、どんな答案が求められているかを知ることができる。
  • 過去問の解説がメインでありながら、解説がとても丁寧。
  • 問題を解く際にどのような点に気を付けていけば、解答例のような答案が書けるのかがわかる。
  • 模擬問題(3年分)は、圧倒的に高いクオリティ。

東大日本史問題演習のデメリット

  • 全体の問題量は少なめ。
  • 一定の日本史の論述力がないと、学べるものが大きく少なくなってしまう。
  • 改訂が見込まれないため、今後東大の入試傾向とずれが生じる可能性がある。

東大日本史問題演習はこんな人にオススメ!

  • 最難関国公立を目指すあなた!
  • 最難関国公立の日本史で不可欠な、「思考力」を身につけたいあなた!
  • 丁寧な解説を読み、日本史に対する理解を深めたいあなた!
  • 解説だけではなく、論述問題の書き方についても学習をしたいあなた!
  • 東大を目指すあなた!

東大日本史問題演習の基本情報

  • 料金
  • ¥1,994
  • ページ数
  • 213ページ
  • かかる時間
  • 25時間
  • 目安時期
  • 高校3年秋から冬
  • レベル
  • 東大・京大・一橋レベル
  • 持ち運びやすさ
  • ★★★★☆(大きめだが、ページ数が少ないため軽いので持ち運びやすい。)
  • おすすめ度
  • ★★★★☆(圧倒的な論述力を身につけたい人はこれ!)
『東大日本史問題演習』は非常に丁寧な解説と、圧倒的な解答例のクオリティが魅力の問題集です。東大をはじめとする最難関国公立を目指す人は、過去問演習と併せてやるべき一冊といえるでしょう。

ペン画像戦略03 問題集ってどこまで完璧にすればいいの?

これで私からは以上よ。マルオ君が必要な情報は伝えられたかしら。
はい、ありがとうございます! 四ノ宮先生は「赤神先生と違って」優しいなあ……
……なんか言ったか?
あ、赤神先生…… 何でもないですよ! そんなことより先生、聞いてくださいよ。問題集って、やってもやっても完璧にならなくて… これって東大生とかだったら全部の問題答えられちゃうんですよね……きっと。
そんなことはないぞ! あくまでも大切なのは、「合格に必要なだけの実力をつける」ことだ! 問題集を完璧にする必要なんてないんだ。
あ! 先生がいつも言ってるあれですね!
やったほうが「いい」勉強は無限にあるが、やる「べき」勉強は限られている。
やったほうが「いい」勉強は無限にあるけど、やる「べき」勉強は限られる。

皆さんの中には「問題集ってどこまで完璧にすればいいの……?」と思っている人も多いと思います。一点強調したいこと。それは「決して完璧を目指してはいけない」ということです。

確かに問題集を完璧にしたほうが「いい」に決まっています。ですが完璧にしなくても受験には合格できます。

やったほうが「いい」勉強とやる「べき」勉強の違いが分からない人は今すぐ下のページをチェックだ!
「受験計画」という言葉を聞き慣れていないひとも多いはず。ですが、この受験計画シリーズの記事を読み切ればあなたも受験までを見通した勉強計画を立てることができます。 【どの参考書を】【どの時 ...... 続きを読む≫

実際、東京大学2次試験の日本史で満点近い点数を取る人でも、一問一答の「★★★」の単語を全く知らない…なんて状況は多々発生します。

とはいっても

それはわかったけど、じゃあ僕はどこまで問題集できるようになればいいの!?

という皆さんも多いかと思います。そんな皆さんに向け、問題集をどれだけやりこめばいいのかの目安をお伝えします。それは…

志望校の過去問を定期的に解いて
自分の目標点数に達するまで問題集を繰り返す

ということです。もっと具体的に言えば

問題集を解き始めたら、2か月に1回、過去問を解いてみる
①目標点に達した場合:新しい問題集に進むor過去問演習に移る
②目標点に達しない場合:もう一度同じ問題集を繰り返す

というような基準で学習を進めていきましょう。

問題集は 完璧を目指さないことが大切!

ペン画像まとめ

最後にもう一度目的別おすすめ日本史問題集の表を確認しましょう!

目的別おすすめ問題集

line@

大学受験や勉強に関してお悩みの方は、気軽にLINEで無料相談!

友だち追加

「記事を読んでも悩みが解決されなかった……」
「この時期に今の成績で、志望校に合格できるの?」
「この分野が苦手なんだけど、おすすめの参考書は?」
など、どんなことでもお気軽に無料でご質問いただけます。


ご覧いただける主なコンテンツはこちら!
・ほかの受験生の質問と、それに対する回答をあなたも見れる!
・編集部イチ押しの記事を紹介してもらえる!
・無料イベント情報など、登録者だけに先行公開!


毎週20通以上のお悩みをいただいています。
まずはお気軽にご登録ください!


これまでに寄せられた質問はこちら!


友だち追加