GMARCH 学習院大学 数学勉強法


学習院大学 文系数学の対策

共通テストの対策を見る!こちらをクリック

合格実績を見る!こちらをクリック!

学習院大学の文系数学では、基本レベルの典型問題が多く出題され、受験生の数学に対する確実な理解力が試されています。

明確な頻出分野もあるので、出題傾向を的確にとらえた対策を通して、学習院大学文系数学での得点率向上を目指していきましょう。

この記事では、学習院大学文系数学の攻略に必要な情報をすべて、レベルごとにお伝えしていきます。

学習院大学の文系数学出題傾向

学習院大学の文系数学の出題頻度を表にまとめています。頻出度の高い範囲は重点的に対策をしていく必要があるので、しっかり把握しておきましょう。

受験学部や入試方式によって出題される問題は異なりますが、全ての入試形態において、確率や整数問題、三角関数、微積分が組みこまれた図形問題が頻出となっています。反対に、ベクトルや数列に関する問題はあまり出題されないと言えるでしょう。

出題傾向としては、基本的なレベルの典型問題の出題が多く、複合範囲からの出題も少ないと言えるでしょう。また問題数に対して制限時間にゆとりがあることが多く、各大問中の小問による誘導も見受けられます。そのため上記の頻出分野を中心に、定石の解法に従って、基礎レベルの典型問題が解けるように勉強していくことが学習院大文系数学の攻略に直結するでしょう。

学習院大学文系数学の各問題の特徴

大問構成はこのようになっています。

  • 第1問 マーク形式の大問
  • 第2問 記述形式の大問
  • 第3問 マーク形式の大問
  • 第4問 記述形式の大問

1つの大問は2~3題からなる小問構成となっていることもあり、その場合前半の小問が後半の小問への誘導となっていることが多いです。また、学部及び年度によっては、マーク形式の設問の代わりに、小問集合形式の設問が1題出題されることもあります。

学習院大学文系数学の時間配分の例

学習院の文系数学については、文学部コア試験で90分、それ以外で60分の試験時間が設けられています。

マーク形式または記述式の大問が計4題出題されており、文学部コア試験の場合は大問1題を完答するのに15分程度の時間がかかり、それ以外では10分強の時間がかかると見ておくと良いでしょう。

より詳しくみると、「確率」や「指数・対数」、「整数」の問題に関しては10分弱で解けるものもありますが、微積分を含む図形問題などは記述式となることも多く、15分程度の解答時間が必要となることもあります。

まず、どのような系統の問題が出題されているかを試験開始直後に確認しておき、得意分野かつ手早く得点できそうと感じた大問から着手し始めることをお勧めします。計算や記述が多くなりそうと感じた図形問題や苦手単元の問題については、他の問題を解答し終えた後に解き始めると良いでしょう。

時間配分の例

00:00 解答しやすい問題の予測をつける (2)
00:02 自分の得意分野で確実に得点できそうな大問(10)
00:12 確率や整数などの素早く得点できそうな大問(10)
00:22 苦手分野で解きづらそうな大問(15)
00:37 微積分を含む図形問題など解答に時間がかかりそうな大問(15)
00:52 解答できた問題の見直し(8)

文学部コア試験以外の試験形式に当てはまる時間配分を示しました。

答えのみを記入する大問もあるため、ケアレスミスや計算ミスによる大量失点もあり得ます。そのため落ち着いて問題に取り組み、解けた問題の見直しの時間も十分に確保しておくのが良いでしょう。

あなたの志望校に沿った
勉強計画を作成します

学習塾STRUXでは、第1志望校の傾向に合わせたレーダーチャート・勉強計画を作成しています!あなたの今の学力にあった勉強計画を知るには、学習塾STRUXの無料体験をご活用ください。

学習院大文系数学で必要な学力レベル

学習院大学の文系数学で合格点を取るには、学校で一般的に扱うような教科書レベルの問題で確実に得点できる実力をつけておくことが好ましいです。難しい問題や発展的な内容を含む問題の対策は必要なく、確率や微積分を用いた面積を求める問題、整数問題といった頻出範囲から出題される典型問題の解法は身に付けてほしい所です。

多くの学部および受験形式で、部分点も含めて6割以上正答できれば、全科目総合で合格水準に達しやすくなります。また、数学が苦手な場合は5割以上正答することを目指し、逆に数学を得点源にしたいのなら7割近くの正答率を目標にしましょう。

学習院大学文系数学が解けるようになるためのレベル別勉強法

ここからは、学習院大文系数学で合格点を取るための勉強内容をご紹介します。「これから勉強を始める!」という人は初めから進めてください。

基礎に自信があってこれから学習院大学に特化していきたい!という人は途中からでもOKです。

数学の基本、教科書レベルがきちんと身についているかのチェック

数学に苦手意識があるなら、基礎の基礎レベルの問題集から取り組む必要があります。以下のチェックリストに当てはまる場合は、1番基本的な問題集から取り組むようにしましょう。

  • 教科書に載っている内容や学校の授業を正直ほとんど理解できていない
  • 数字がそもそも苦手
  • 学校の授業を全然聞いていなくて、テストでも赤点ギリギリ

これらに1つでも当てはまる場合は、以下の参考書からスタートしましょう。

他教科の学習や、数学もこの後の問題演習があることを鑑みると、できるだけ2年生のうちに終わらせたいところです。遅くとも高3のゴールデンウィークくらいまでを目安にしましょう。

先程のチェックリストに当てはまらない場合は次のレベル、映像授業などを通した教科書レベルの内容理解と復習に進みましょう。

「スタディサプリ」などの映像授業を活用し、教科書レベルの基本知識を盤石にしていきます。いきなり問題を解くことはできないため、まずは映像授業の視聴と付属の問題を解くことで身につけていきましょう。

次に進むポイント

  • 数学の苦手意識が少し薄れてきた
  • 数学1A2Bでどういう範囲があって、どんな問題が出るのか把握している
  • 映像授業や学校の授業の内容はすべて理解できた

学習院大入試を解くための「定石」を体得する問題演習

学習院大入試レベルの問題を解くにあたっては、典型問題の解法は高い完成度で体得しておくべきです。ここからは頻出の解法を固めていくことで、入試問題を解くための「武器」を身につけていきます。

高3の秋以前に終わらせられると、過去問を用いた問題演習が万全の態勢でスタートできるでしょう。

次に進むポイント

  • 「青チャート」の「レベル3」までは7割以上解ける
  • 「青チャート」の「レベル4・5」は5割程度解ける

学習院大入試レベルまで引き上げる!入試形式の問題で演習

基本的な参考書をやり終えたら、学習院大の過去問や学習院大形式に似た問題で仕上げていきます。過去問演習を繰り返すことで、これまでに学習した定石の解法を再確認し、かつ頻出形式の問題を解くコツを体得できます。

  • 過去問赤本(5〜10年分)

直近10年ほどの過去問は赤本で時間を測って取り組むと良いでしょう。実際にどの順番で解くのか、というのを意識できるので、10月から11月にかけてある全国模試や共通テスト入試プレと併せて、秋~冬の仕上げに使っていきましょう。

【ストマガ読者限定】
勉強のペースメーカーになってくれる!
ストマガ公式LINEアカウント

記事サムネイル

勉強法を読んで理解できたけど、結局どういうペースで勉強すればいいかわからない、という状態では不安になってしまいます。
ストマガ公式LINEアカウントでは

  • 登録者限定の受験相談イベント先行案内
  • 毎月のおすすめ勉強内容や合格のポイント定期配信
  • 時期ごとの勉強のコツや限定動画の配信

などを行っています。

友だち追加はこちら

これさえ登録しておけば、毎月のカリキュラムと受験についての情報、勉強の注意点がすべてわかります!
ぜひ、受験当日までの勉強のペースメーカーとして活用してください。

記事中参考書の「価格」「ページ数」などについては執筆時点での情報であり、今後変更となることがあります。また、今後絶版・改訂となる参考書もございますので、書店・Amazon・公式HP等をご確認ください。

監修者|橋本拓磨

橋本拓磨

東京大学法学部を卒業。在学時から学習塾STRUXの立ち上げに関わり、教務主任として塾のカリキュラム開発を担当してきた。現在は塾長として学習塾STRUXの運営を行っている。勉強を頑張っている高校生に受験を通して成功体験を得て欲しいという思いから全国の高校生に勉強効率や勉強法などを届けるSTRUXマガジンの監修を務めている。

詳しいプロフィールはこちら
伸び悩んでいる人が気をつけるべき3つのこと、ストマガ読者限定公開!
学習塾STRUX新年度無料体験受付中!
毎日の勉強を分析・改善・指導する学習塾STRUXってどんな塾?
志望校に合格するために何から始めればいいかわからない!そんな人はチェック!