科目別分析

早稲田大学文化構想学部 日本史入試の対策法 徹底分析

「大学受験オンライン戦略会議」、略して「オン戦」では、学習塾STRUX塾長である綱島将人監修のもと、第1志望校合格のための勉強法や勉強に関するコラムを、"受験計画"を通してわかりやすくお伝えしています。高校生のマルオをはじめとするキャラクターたちと、合格への"最短距離"をすすんでいきましょう。

サイトについてはこちら

5月 限定イベント 部活生注目!自分専用のオーダーメイド計画を作ろう!

早稲田大学文化構想学部の日本史入試の対策法|入試内容を徹底分析

今回は早稲田大学文化構想学部の日本史について解説するぞ!

早稲田大学文化構想学部の日本史入試の全体概観

早稲田大学文化構想学部の日本史の入試は、高い単語理解レベルと、対策がおろそかになりやすい文化史の問題出題が特徴です。

選択式問題が大半ではありますが、資料を読み取った上で回答する問題なども多く出題され、単純な丸暗記ではない思考力が求められる問題内容となっています。

早稲田大学文化構想学部の日本史で高得点を狙うためには、丸暗記ではない対策が必要だ!

早稲田大学文化構想学部の日本史のレーダーチャート分析


解説

早稲田大学文化構想学部の日本史のレーダーチャートはこのようになりました。私大特有の高い単語暗記レベル、通史理解が求められます。

難易度の高い単語の出題や、文化史など対策が希薄になりがちな分野も対策していきたいため、高3の夏休みまでには、一通り通史を勉強しておきたいですね。

通史理解

通史理解はレベル5。通史に関してはひととおり学習を進めておく必要があります。

問題傾向としても、単語暗記のみではなく、深い通史理解を必要とする選択問題が多く出題されますので、通史理解に関しては高3の早い段階で一周をしておきたいところです。

通史理解は早めに終わらせることが大切だ!

単語暗記

単語暗記はレベル5。私大最難関ということもあり、非常に高いレベルの単語理解力が問われています。

さらに早稲田大学文化構想学部の日本史では、資料を読み取って、思考することが求められる問題が多く出題されます。一問一答などで説明文をしっかり読み込むのはもちろんこと、問題演習の数をこなして力をつけたいところです。

たくさん問題演習をする必要がありそうだね!

早稲田大学文化構想学部の日本史入試の対策法|具体的な勉強内容を分析

早稲田大学文化構想学部の日本史でやるべき参考書リスト


やるべき参考書の詳しい解説は、下を見てね!

通史理解カリキュラム

レベル0→1(高校授業レベル)

レベル1→5(センター・難関大レベル)

単語暗記カリキュラム

レベル0→3(センターレベル)

レベル3→4(難関大レベル)

レベル4→5(最難関大レベル)

対策の全体方針|早稲田大学文化構想学部の日本史

早稲田大学文化構想学部の日本史は、以上のように知識を活用して、考える力が問われる試験内容となっています。

そのためにも通史の勉強を通して、歴史の流れを深く理解していきましょう。また単語の丸暗記に走ることなく、単語の意味や背景も踏まえた学習をするように心がけましょう。しっかり問題演習の時間を確保できるように、高3の夏休みまでに通史を1周できていると良いでしょう。

早めの対策をすることで、問題演習の時間を確保しよう!
line@の概要
友だち追加
line@限定動画
line@限定記事
友だち追加