科目別分析

慶応大学経済学部日本史入試の対策法 徹底分析

慶応大学経済学部の日本史入試の対策法|入試内容を徹底分析

今回は慶応大学経済学部の日本史について解説するぞ!

慶応大学経済学部の日本史入試の全体外観

慶応大学経済学部の日本史の入試は、高い単語理解レベルとともに、70字程の短い論述問題が出題されるのが特徴です。

選択式問題が大半ではありますが、資料を読み取った上で解答 する問題なども多く出題され、単純な丸暗記ではない思考力が求められる問題内容となっています。

慶応大学経済学部の日本史で高得点を狙うためには、丸暗記ではない対策が必要だ!

慶応大学経済学部の日本史のレーダーチャート分析


解説

慶応大学経済学部の日本史のレーダーチャートはこのようになりました。私大特有の高い単語暗記レベルが求められるのはもちろんこと、論述への対策もしっかり行う必要があります。

論述への対策時間も考えると、日本史全体でかなりの勉強時間が必要となります。他の教科の勉強とともに、通史理解は高2の時期から対策を始められるといいですね。

通史理解

通史理解はレベル5。通史に関してはひととおり学習を進めておく必要があります。

慶応大学経済学部の日本史ではその後の問題演習で大きな時間が取られるので、通史理解に関しては高3の夏休みまでには1周 をしておきたいところです。

通史理解は早めに終わらせることが大切だ!

単語暗記

単語暗記はレベル5。私大最難関ということもあり、非常に高いレベルの単語理解力が問われています。

さらに慶応大学経済学部の日本史では、資料を読み取って、思考することが求められる問題が多く出題されます。一問一答などで説明文をしっかり読み込むのはもちろんこと、問題演習の数をこなして力をつけたいところです。

たくさん問題演習をする必要がありそうだね!

論述

論述のレベルは3です。問題数は少ないものの、単純に事実を羅列するだけではなく、資料を読み取った上で解答 を書くことが求められます。

難しい問題であるだけに、しっかりと時間をとって論述の演習を重ねることで他の受験生との得点差をつけることが可能です。ですから慶応大学経済学部を受ける受験生は単語暗記や通史理解を仕上げ次第、論述の対策もしていく必要があります。

論述はしっかり演習を積んで、力をつけておこう!

慶応大学経済学部の日本史入試の対策法|具体的な勉強内容を分析

慶応大学経済学部の日本史でやるべき参考書リスト


やるべき参考書の詳しい解説は、下を見てね!

通史理解カリキュラム

レベル0→1(高校授業レベル)

レベル1→5(センター・難関大レベル)

単語暗記カリキュラム

レベル0→3(センターレベル)

レベル3→4(難関大レベル)

レベル4→5(最難関大レベル)

論述カリキュラム

レベル0→2(基礎レベル)

レベル2→3(MARCHレベル)

対策の全体方針|慶応大学経済学部の日本史

慶応大学経済学部の日本史は、以上のように知識を活用して、考える力が問われる試験内容となっています。

単語のまる暗記に走ることなく、単語の意味や背景も踏まえた学習をするように心がけましょう。またしっかり問題演習の時間を確保できるように、高3の夏休みまで に通史を1周できていると良いでしょう。

早めの対策をすることで、問題演習の時間を確保しよう!
 記事中参考書の「価格」「ページ数」などについては執筆時点での情報であり、今後変更となることがあります。また、今後絶版・改訂となる参考書もございますので、書店・Amazon・公式HP等をご確認ください。

STRUXマガジンYouTubeチャンネル開設!

監修者|橋本拓磨

橋本拓磨

東京大学法学部を卒業。在学時から学習塾STRUXの立ち上げに関わり、教務主任として塾のカリキュラム開発を担当してきた。現在は塾長として学習塾STRUXの運営を行っている。勉強を頑張っている高校生に受験を通して成功体験を得て欲しいという思いから全国の高校生に勉強効率や勉強法などを届けるSTRUXマガジンの監修を務めている。

STRUXの詳細を見る