科目別分析

早稲田大学人間科学部の日本史入試の対策法 徹底分析

早稲田大学人間科学部の日本史入試の対策法|入試内容を徹底分析

今回は早稲田大学人間科学部の日本史について解説するぞ!

早稲田大学人間科学部の日本史入試の全体外観

早稲田大学人間科学部の日本史の入試は、例年、大問5題で構成されていて、図表や年表を使った、知識だけでは解けない理解力が問われる問題が出題されます。

ですので図表や年表、出来事の因果関係を意識して学習していくことが重要です。

人間科学部の日本史は、ただ用語や出来事を覚えるだけでは通用しないぞ!

早稲田大学人間科学部の日本史のレーダーチャート分析


解説

早稲田大学人間科学部の日本史のレーダーチャートはこのようになりました。通史理解と単語暗記において高いレベルが要求されます。『山川一問一答』などの参考書を徹底して覚えていけば対応できます。

難問も出題されますが、教科書レベルの知識で対応できる標準的な問題の方が多いので、そこを確実に得点できるようにすることを優先しましょう

通史理解

通史理解はレベル5。カリキュラムに沿って、全体の基礎固めを徹底しましょう。

正誤判定問題や史料問題が頻出します。ですので、出来事の関係性やその結果どうなったかなどを理解しておく必要があります

なぜその出来事が起きたか理解しておくことが、正誤判定の対策につながるぞ!

単語暗記

単語暗記はレベル5。

文化史や年表の問題も出題されるので、未学習の分野を残さないように学習に取り組みましょう。通史を理解した上で、その単語がどのような意味かまで覚えられると、なお良いでしょう。

通史で得た背景知識をもとに単語を覚えていこう!

論述

論述はレベル0。特に対策する必要はありません。

出題されないところは、くれぐれも勉強しないように!

早稲田大学人間科学部の日本史入試の対策法|具体的な勉強内容を分析

早稲田大学人間科学部の日本史でやるべき参考書リスト


やるべき参考書の詳しい解説は、下を見てね!

通史理解カリキュラム

レベル0→1
レベル2→5

単語暗記カリキュラム

レベル0→3

レベル3→4
レベル4→5

対策の全体方針|早稲田大学人間科学部の日本史

早稲田大学人間科学部の日本史は、まれに難問が出題されますが、基本的には教科書レベルの知識で対応できる標準的な問題が多く出題されます。

そのため基礎固めを怠ることなく、標準的な問題は間違えないようにしましょう。演習の時は各時代の出来事の因果関係を意識する必要があります。

しっかりした基礎固めが合格する近道だ!
 記事中参考書の「価格」「ページ数」などについては執筆時点での情報であり、今後変更となることがあります。また、今後絶版・改訂となる参考書もございますので、書店・Amazon・公式HP等をご確認ください。

STRUXマガジンYouTubeチャンネル開設!

監修者|橋本拓磨

橋本拓磨

東京大学法学部を卒業。在学時から学習塾STRUXの立ち上げに関わり、教務主任として塾のカリキュラム開発を担当してきた。現在は塾長として学習塾STRUXの運営を行っている。勉強を頑張っている高校生に受験を通して成功体験を得て欲しいという思いから全国の高校生に勉強効率や勉強法などを届けるSTRUXマガジンの監修を務めている。

STRUXの詳細を見る