科目別分析

早稲田大学社会科学部の国語入試の対策 徹底分析

「大学受験オンライン戦略会議」、略して「オン戦」では、学習塾STRUX塾長である綱島将人監修のもと、第1志望校合格のための勉強法や勉強に関するコラムを、"受験計画"を通してわかりやすくお伝えしています。高校生のマルオをはじめとするキャラクターたちと、合格への"最短距離"をすすんでいきましょう。

サイトについてはこちら

5月 限定イベント 部活生注目!自分専用のオーダーメイド計画を作ろう!

早稲田大学社会科学部の国語入試の対策法|入試内容を徹底分析

今回は早稲田大学社会科学部の国語について解説するぞ!

早稲田大学社会科学部の国語入試の全体外観

早稲田大学社会科学部の国語の入試は、普通の現代文の問題と、現古漢がまとめられた問題の大問2つが出題され、早稲田らしい対策のしづらい問題形式になっています。

全体では現代文と現古漢融合問題で配点が半々となっていますが、古文・漢文の知識を確実につけて、現古漢融合での失点をどこまで減らすことができるか、が勝負の分かれ目となっています。

早稲田社会科学部の国語は、独特の問題形式になっているぞ!

早稲田大学社会科学部の国語のレーダーチャート分析


解説

早稲田大学社会科学部の国語のレーダーチャートはこのようになりました。古文単語・文法や漢文句法などではレベル4となっており、高い知識が求められます。

どの分野も高いレベルが求められるので、早い時期から計画的に学習を進める必要があります。

古文単語

古文単語はレベル4。古文単語帳に出てくる単語については、素早く思い出せるように、一語ごとに理解していく必要がありますね。

古文文法や古文読解を進めるためには、まず基本となる古文単語を押さえる必要があるので、古文単語は早めに学習を進めておきたいですね。

古文の勉強を進めるためには、まず単語をしっかり押さえよう!

古文文法

古文文法はレベル4。文法問題も出題されますが、それ以上に文章を読み進めるために文法の力が必要となります。

文法問題の出題はそれほど多くありませんが、文章を読み進めるために必須の力となりますから、古文単語とあわせてコツコツと学習を進めておくことが必要です。

古文文法もできるだけ早いうちに勉強すればいいんだね!

古文読解

古文読解のレベルは3です。難易度は取り立ててそこまで難しい訳ではありませんが、文法を使って、正確に読み解けるようになっておきたいですね。

漢文と合わせて古文の読解問題で、いかに失点を少なくするかが合格への鍵になりますから単語・文法を押さえたのちは、読解問題での演習を繰り返したいところです。

古文読解はしっかり演習を積んで、力をつけておこう!

漢文句法

漢文句法はレベル4。基本的な漢文の句法を覚えておくことはもちろんのこと、参考書を使ってしっかりと句法を網羅的に学習しておくことが求められています。

句法を押さえておくことによって読解のスピードも高まりますから、読解演習に入る前に漢文句法を押さえるようにしましょう。

漢文の句法も、古文の単語や文法みたいに早めに勉強しないといけないね!

漢文読解

漢文読解はレベル3。漢文の問題自体は難しいわけではなく、出題されない年度もありますが、取りこぼしがないようにしっかりと対策をしたいところです。

漢文にかけられる時間は決して多くはありませんので、読解の問題演習を計画的に取り組むようにしましょう。

配点は少ないが失点が許されないぞ! 確実に対策をしてから本番に臨もう!

現代文

現代文はレベル4。決して難易度が高い訳ではありませんが、国語全体の中で配点が高く失点が大きいと致命傷になりかねないので、センター試験レベルの現代文がきちんと読める程度の力をつけておきたいところです。

現代文は勉強をしてもなかなか成績が伸びない科目です。最低限の勉強時間で力をつけて、他の分野に勉強時間を回せるようになりましょう。

現代文は配点が高いから、勉強しないとね。

早稲田大学社会科学部の国語入試の対策法|具体的な勉強内容を分析

早稲田大学社会科学部の国語でやるべき参考書リスト


やるべき参考書の詳しい解説は、下を見てね!

古文単語カリキュラム

レベル0→4(センター・難関大レベル)

古典文法カリキュラム

レベル0→2(基礎レベル)

レベル2→3(センターレベル)

レベル3→5(最難関大レベル)

古文読解カリキュラム

レベル0→2(基礎レベル)

レベル2→3(センターレベル)

漢文句法カリキュラム

レベル0→5(センター・難関大レベル)

漢文読解カリキュラム

レベル0→3(基礎・センターレベル)

対策の全体方針|早稲田大学社会科学部の国語

早稲田社会科学部の国語は、以上のように古文・漢文できちんと点数が確保できるような勉強をして、確実な国語力を身につけておきたいところです。

特に古文漢文に関しては、問題数が少ない分取りこぼしが許されません。ですので高3の早い段階で単語・文法・句法などの知識のインプットを済ませておき、夏休み以降は問題演習を中心に勉強を進められるといいでしょう。

早め早めに対策をして、高得点を狙えるように勉強していこう!
line@の概要
友だち追加
line@限定動画
line@限定記事
友だち追加