科目別分析

早稲田大学商学部の世界史入試の対策 徹底分析

早稲田大学商学部の世界史入試の対策法|入試内容を徹底分析

今回は早稲田大学商学部の世界史について解説するぞ!

早稲田大学商学部の世界史入試の全体外観

早稲田大学商学部の世界史の入試は、例年、大問4題で構成されています。

内訳としては選択式が3題、記述が1題です。時代別の出題傾向はバランス良く出題されています。地域別も、幅広く出題されます。 どの分野も学習漏れすることなく、基本問題は確実に得点したいです。

早稲田の世界史は、幅広い地域、時代、分野から出題されるぞ!

早稲田大学商学部の世界史のレーダーチャート分析


解説

早稲田大学商学部の世界史のレーダーチャートはこのようになりました。多くの問題の難易度は教科書レベルですが、一部の問題では幅広くかつ細かい知識が要求されます。

そのため、あやふやな理解では問題に対応できないのでしっかり演習しよう

通史理解

通史理解はレベル5。出題傾向から考えても全体をバランスよく、くまなく理解する必要があります。

正誤問題に対応できるようにするため、各時代の出来事の因果関係を理解することを心がけましょう。また商学部なので、社会経済史の分野は 特に頻出する分野ですので、意識して通史に取り組みましょう。

因果関係をとらえて正誤問題に対応しよう!

単語暗記

単語暗記はレベル5。時代、地域、分野が幅広いため、どの章も 重要です。そのため単語数も多くなります。

忘れてしまうことを前提に、何度も復習して確実に定着させましょう。

暗記するのが大事なんだね!

論述

論述はレベル2。通史理解や単語暗記で得た知識をもとに、問われたことに対して、簡潔に説明すれば、問題なく得点できるでしょう。

なので、上記の2つをメインに学習を進めていくと良いでしょう。

まずは通史と単語を固めることに専念だ!

早稲田大学商学部の世界史入試の対策法|具体的な勉強内容を分析

早稲田大学商学部の世界史でやるべき参考書リスト


やるべき参考書の詳しい解説は、下を見てね!

通史理解カリキュラム

レベル0→1
レベル2→5

単語暗記カリキュラム

レベル0→3

レベル3→4

レベル4→5

論述カリキュラム

レベル0→2

対策の全体方針|早稲田大学商学部の世界史

早稲田の世界史は、教科書レベルの単語が幅広く深く出題されます。

難問奇問が出題されることはありますが、まずはカリキュラム通りに参考書を進めて力をつけることで対応できるでしょう

未学習の分野を残さず、本番に挑もう!
 記事中参考書の「価格」「ページ数」などについては執筆時点での情報であり、今後変更となることがあります。また、今後絶版・改訂となる参考書もございますので、書店・Amazon・公式HP等をご確認ください。

STRUXマガジンYouTubeチャンネル開設!

監修者|橋本拓磨

橋本拓磨

東京大学法学部を卒業。在学時から学習塾STRUXの立ち上げに関わり、教務主任として塾のカリキュラム開発を担当してきた。現在は塾長として学習塾STRUXの運営を行っている。勉強を頑張っている高校生に受験を通して成功体験を得て欲しいという思いから全国の高校生に勉強効率や勉強法などを届けるSTRUXマガジンの監修を務めている。

STRUXの詳細を見る