古文の参考書使い方 科目別参考書解説

「マーク式基礎問題集 古文」の正しい使い方

志望校別の対策を見る!こちらをクリック

合格実績を見る!こちらをクリック!

  • 理系だから古文はセンター試験だけだし…って舐めてたけど、全然解けない。でも勉強に時間はかけたくない…
  • 基礎は完璧になったと思っていたけど、いざ過去問を解いてみたら基礎問題しか点数が取れない

という方結構多いはずです。

それもそのはず、センター古文は基礎固めができたらからといって簡単に解けるほど容易ではありません。

基礎が固まったら、次は読解力を高めるためにセンターの問題形式に慣れる必要があります。

「マーク式基礎問題集 古文」は、過去問を解く前にマーク式問題に慣れるのにぴったりな参考書です。今回はこの参考書を使った正しい勉強法をご紹介します。

マルオ困った顔
どうして…頑張っているのに…古文の基礎固めが大事だって聞いたから頑張ったのに…いざ過去問を解いたら全然解けないじゃないですか…!嘘つきだああああ…!!
お、落ち着いて…。基礎が固まったのは大きな進歩よ。これからは、さらに文章を理解する力をつけていく必要があるわね。
マルオ困った顔
それができたら苦労しませんよ〜。古文の文章って主語が曖昧だったり、単語の切れ目がわかりにくかったり、読むのが大変なんですよね…。
それなら、過去問を解く前に参考書を使って問題に慣れるといいわ。今日は「マーク式基礎問題集 古文」の使い方を教えるわね。

古文読解の勉強方法を知りたい方はこちら!

「マーク式基礎問題集 古文」はこんな人におすすめ!

まずは基本情報をおさらいしておくわね。

「マーク式基礎問題集 古文」の基本情報

Amazonで詳細を見る

  • 習得にかかる時間
  • 70時間
  • レベル
  • センター試験からGMARCHレベルまで対応
  • おすすめ度
  • ★★★★(古文のセンター試験対策にぴったり)

センターレベルからスタートして、GMARCHレベルに対応できる読解力までレベルアップするわよ!

マルオ笑った顔
どういう人におすすめなんですか?
これからあげるチェックリストに2つ以上あてはまる人かしら。でも、絶対ということはないから、使ってみて決めるのもいいわよ。

こんな人におすすめ!チェックリスト

  • ある程度の単語や文法は押さえられたから、あとはセンター問題に慣れたい
  • センターの点数が5割切ってしまう
  • 読解問題でいつも点数が取れない
  • GMARCHを目指していて、個別試験でもマーク式問題が出る
  • 理系だから、あまり古文の勉強に時間を割けない
マルオ喜んだ顔
今の僕にぴったりの参考書ということですね!
逆に、いまから見せるチェックリストに当てはまる人は、「マーク式基礎問題集 古文」に向かないかもしれないわ。

こんな人にはおすすめできない!チェックリスト

基礎知識がまだあんまり入っていない人にとっては結構難しいかもしれないわね。まずは、何よりも”基礎”を押さえましょう。

「マーク式基礎問題集」は、古文だけでなく漢文、現代文、さらに5教科全て揃っているから、センター試験対策にはぴったりよ。センター過去問に行き詰まったら試してみるといいわ。

他のおすすめ参考書も見たい、メリットやデメリットをきちんと比べたいという人は、こちらの記事もチェック!

「マーク式基礎問題集 古文」の使い方・勉強法!

ではここからは、「マーク式基礎問題集 古文」の正しい使い方について説明するわね。

古文読解の勉強方法を知りたい方はこちら!

受験古文の全体像を知りたい方はこちら!

基本的なステップはこの通りよ!

1周目

Step1.
時間を気にせず問題を解く
Step2.
答えと解説を読み、自分の解答の導き方を見直す
Step3.
回答の導き方が間違っていた場合、正解・不正解を問わず、チェック印をつけておく
Step4.
本文の解説を読み、自分の解釈とのズレを確認する
大事なのは、答えがあっているか否かではなく、答えの導き方があってるかどうかよ!「たまたま合っていた」は意味がありません。答え合わせの時は、どうしてこの答えになったのかを意識しましょう。

2周目

Step1.
時間制限を設けて(30分などが目安)、チェック印が付いている問題を解く
Step2.
答えと解説を読み、自分の回答の導き方を見直す
Step3.
回答の導き方が間違っていた場合、正解不正解を問わず、さらにチェック印をつけておく
Step4.
本文の解説を読み、自分の解釈とのズレを確認する

大原則は2つよ!
問題演習は答え合わせの質が命!
答えの導き方を間違えた問題は間違えなくなるまで何度も解く!

この2つを守ることで、実際の試験問題でも正しい答えを導けるようになります。

問題演習は答え合わせの質が命!

問題演習は、問題を解いた後の答え合わせのやり方が最も重要です。ただ答えを見て、あってるかあってないかだけを確認するのでは意味がありません。

解説を読む際には「なぜこの答えになるんだろう」ということを常に意識して、自分の答えの導き方が正しかったのかを確認しましょう。

長文読解では、文章全体のストーリーを理解できたかを確認することが大切。なので、本文の現代語訳を見て、自分の解釈が正しかったのかを確認しましょう。

マルオ笑った顔
確かに全く異なるストーリーとして解釈していたのに、まぐれで正解してしまうことってありますよね〜!
それじゃ本番で活かせないでしょう!だからこそ答え合わせのやり方が大事なのよ。

答えの導き方を間違えた問題は、間違えなくなるまでなんども解く!

不正解だった問題だけでなく、答えの導き方が間違っていた問題にもチェックをつけておきましょう。

その問題は正しく導けるようになるまで、時間をおいて何度でも解きましょう。一度解いた問題は解く意味がないなんてことはありません!

 

こんな使い方は要注意!使い方のコツ

ここからは、「マーク式基礎問題集 古文」を使った勉強で気をつけてほしいことをまとめていくわ!

1、「マーク式基礎問題集 古文」 使用上の注意

戦略02であげた2つの原則を、もう一度思い出しましょう。

問題演習は答え合わせの質が命!
答えの導き方を間違えた問題は間違えなくなるまで何度も解く!

これ以外にも、「マーク式基礎問題集 古文」だからこそ気をつけてほしいことがあります。

いきなり「マーク式基礎問題集 古文」からはじめない

特に「古文がニガテ」、「基礎が固まっていない」という人は要注意。「マーク式基礎問題集 古文」は初心者にとっては結構難しいかもしれません。

古文が苦手な方や初心者の方は、基礎をしっかり抑えてから「マーク式基礎問題集 古文」のような実践形式の問題演習に臨みましょう。

まとめ

この記事で押さえてほしいことはこれよ!
問題演習は答え合わせの質が命!
答えの導き方を間違えた問題は間違えなくなるまで何度も解く!
古文単語と古典文法の基礎を身につけた上で読解の練習を重ねよう。
いきなり「マーク式基礎問題集 古文」からはじめない。自分のレベルにあった参考書から始めよう。
最後にもう一度、「マーク式基礎問題集 古文」を使ってほしい人のチェックリストを載せておくわね。自分のレベルとやり方にあった参考書選びが大事なのを忘れずにね!

  • ある程度の単語や文法は押さえられたから、あとはセンター問題に慣れたい
  • センターの点数が5割切ってしまう
  • 読解問題でいつも点数が取れない
  • GMARCHを目指していて、個別試験でもマーク式問題が出る
  • 理系だから、あまり古文の勉強に時間を割けない

古文読解の勉強方法を知りたい!

他のおすすめ参考書も見たい、メリットやデメリットをきちんと比べたい!

受験古文の全体像を知りたい!

【ストマガ限定・これだけは伝えたい】
頑張っても成績が上がらない時に
確認すべき3つのこと

記事サムネイル

大学受験において参考書や勉強法はとても重要ですが、それだけでは合格できません。

  • 同じ参考書を使って「受かる人」と「落ちる人」の違い
  • 合格に向けて、根拠を持って勉強を進めるために必要な〇〇とは?
  • 迷いなく毎日の勉強を進める唯一の方法

について、ストマガ読者の方だけにすべてお伝えしています。

限定記事を読む

この記事を読むだけで、第一志望に向けた勉強の仕方が大きく変わり、今よりも効果的勉強を進められます。ぜひ、この記事を読んで日頃の受験勉強に役立ててください。

記事中参考書の「価格」「ページ数」などについては執筆時点での情報であり、今後変更となることがあります。また、今後絶版・改訂となる参考書もございますので、書店・Amazon・公式HP等をご確認ください。

監修者|橋本拓磨

橋本拓磨

東京大学法学部を卒業。在学時から学習塾STRUXの立ち上げに関わり、教務主任として塾のカリキュラム開発を担当してきた。現在は塾長として学習塾STRUXの運営を行っている。勉強を頑張っている高校生に受験を通して成功体験を得て欲しいという思いから全国の高校生に勉強効率や勉強法などを届けるSTRUXマガジンの監修を務めている。

詳しいプロフィールはこちら
学習塾STRUX新年度無料体験受付中!
志望校に合格するために何から始めればいいかわからない!そんな人はチェック!