古文の参考書使い方


【大学入試】おすすめ古文問題集5選!自分のレベルに合った古文問題集を選ぼう!

共通テストの対策を見る!こちらをクリック

合格実績を見る!こちらをクリック!

「古文の勉強をしているのに実際の問題を解くと全然分からない」ということはないでしょうか?それはまだ古文「読解」の練習が足りていないからかもしれません。

古文には「古文単語」「古文文法」でインプットの練習をすることが必須ですが、それだけで得点はできません。実際の問題を解けるようになるには「古文読解」でアウトプットの練習が必要です。

そこでこの記事では、古文読解の勉強に役立つおすすめの参考書・問題集を5冊ご紹介します。あなたにぴったりの参考書・問題集がきっと見つかりますよ。

うーん…?
どうしたの?
古文の問題集って色々ありすぎて…、次に何を使ったらいいのか分かりません!
そうね。ひとりで選ぶのはちょっと大変かもしれないわ。それじゃあ自分に合った問題集を選ぶコツを教えてあげるわ!
よろしくお願いします!

自分にピッタリの古文問題集を選ぶのが成績アップのコツ!

古文読解の練習をすることは、古文の実践的な力をつけるということです。そしてこの読解の前に「単語」や「文法」の勉強があります。

この単語や文法を勉強してきたレベルも人によって違いますし、これからどのレベルの合格を目指していくのかも人によって違います。

つまり人によって次に手に取るべき最適な問題集は違います。ですから自分なりの基準を持って問題集を選んでいきましょう。

それでは具体的にどのような基準で選べば良いのでしょうか?基本的には以下の5点を意識してみてください。

  • 今どこまで古文の勉強が進んでいるか?
  • 目指したいレベルはどのくらいか?
  • 使い勝手の良さはどうか?
  • 解説は詳しい方が良いかどうか?
  • 知識の確認が大事か?それともたくさん実践を積みたいか?

これら5点を意識して問題集選びをすることで、自分に合った1冊を見つけることができます。今回はこの基準に沿って古文の読解におすすめな問題集をご紹介します。

古文問題集おすすめ5選

まずは自分のレベルや、目指しているレベルがどれくらいなのか確認してください。そしてこの5冊の中から自分にぴったりの1冊を見つけてみましょう!

古文問題集早見表

まずは今回ご紹介する問題集がどのような人にオススメなのか、簡単にまとめました。

  • 単語や文法は勉強したけど読解ができない人におすすめ→マドンナ古文
  • 入試を意識しながら効率的に文法の勉強がしたい人におすすめ→富井の古典文法はじめからていねいに
  • 古文の勉強がある程度進んでいて文法の復習をしつつも実践を積みたい人におすすめ→日栄社30日完成古文高校中級用
  • MARCHレベルを目指していて今から読解の練習をはじめる人におすすめ→古文上達
  • センターレベルの古文を読めるようにしたい人におすすめ→マドンナ入試解法

おすすめ古文問題集その1:「マドンナ古文」

レベル:定期テストからセンター試験・国立2次・早慶レベルまで対応可能

「マドンナ古文」は、正しく使うことで文法の実践練習から読解まで幅広く活用できる問題集です。

古文を読めるようになる実践を積むための問題集となっています。そのため、一通り単語や文法を頭に入れた上で、アウトプットの練習用として活用しましょう。

ただし注意したいのは、自分に合った使い方を意識するという点です。収録されているレベルが「定期テストから早慶レベルまで」と対象の幅が広くなっているので、自分のレベルに合った勉強法を選んで取り組む必要があります。

「マドンナ古文」はこんな人におすすめ!

  • 文法はある程度勉強したが文章が読めるようにならない
  • 習った文法の使い方がわからない
  • 単語、文法を勉強したけど、読解に不安がある
『マドンナ古文単語』が終わった人はこれに進んでもいいわね!

この参考書については、こちらの記事を参考にしてください。

おすすめ古文参考書その2:「富井の古典文法はじめからていねいに」

レベル:初心者から難関国公立までの基礎

古文で得点するために身につけておかなければならない「文法」。それを基礎から身につけられるのがこの「富井の古典文法はじめからていねいに」です。

文法の参考書ではありますがしっかりと入試につながる勉強が意識され、すぐに使える実践的な勉強ができる参考書になっています。

レベルとしては難関国公立校までと書きましたが、あくまでも身につくのは基礎。ハイレベル校を目指すならばここを基盤にしてより高い実力をつけていきましょう。

体系的な知識のつながりを重視して構成されているので、効率的に文法知識をインプットしていけます。また無料の音源ダウンロードもできますので「四段活用」など、耳から聞いて覚えることもできますよ。

富井の古典文法はじめからていねいに

  • 知識を体系的に効率よく勉強がしたい
  • 古典文法の基礎をかためたい
  • ある程度古文単語は身についている
最初から入試を意識して勉強していきたい人にはぴったりね!

おすすめ英語長文読解参考書その3:「日栄社30日完成古文高校中級用」

レベル:受験勉強をある程度進めた人向け

12日分の基礎編と18日分の演習編で構成されており、基礎を確認してから実践的な問題に取り組むことができる問題集となっています。

1日分の学習は見開き1ページ分。その1日分の学習の中に1つのテーマが設定されているので、それを積み重ねることで標準的な古文の読解力を身につけることが可能です。

また、演習編は実際の大学入試問題から頻出の問題が厳選されているので、多くの良問に触れることができますよ。さらに問題文すべてに「口語訳」と「品詞分解」がつけられているのも特徴です。

ちなみにこちらは「中級用」ですが、「初級用」「上級編」もあります。中級編を使う前には初級編、中級編が終わったら上級編と分かりやすくステップアップしていけるのも良いところですね。

「日栄社30日完成古文高校中級用」はこんな人におすすめ!

  • 薄い参考書の方がやる気が出る
  • 知識も固めながら実践問題も解きたい
  • 短期間で効率的に古文の読解力を身につけたい
スケジュールが決まっている方がやりやすい人にはおすすめね!

おすすめ古文参考書その4:「古文上達 基礎編」

レベル:基礎~応用。MARCH・関関同立に合格

体系的に古文の基礎を学べ、受験古文の基礎を効率的に勉強できる一冊です。古文単語と文法を一通りやったという自信がある人が次に手に取るべき問題集と言えます。

大きな構成内容は「集中講義」で知識を確認し「練習問題」で基本的な読解のテクニックを実際に使ってみます。そして「実践問題」で実際のセンターやMARCHレベルの大学に受かる実力を養っていくという流れです。

「古文上達」はこんな人におすすめ!

  • 古文単語・文法の勉強を終えた人
  • 読解の勉強を始めたばかり!
  • 読解の演習をしたい
  • 文法の復習をしながら読解力をつけたい
  • 解説が丁寧な参考書が欲しい
  • 簡単な問題から段階的に力をつけたい
  • 受験に必要なポイントを効率よく学びたい
  • 有名予備校の参考書を使いたい
MARCHや関関同立を受験する人ならやっておきたい一冊ね!

この参考書については、こちらの記事を参考にしてください。

おすすめ古文参考書その5:「マドンナ入試解法」

レベル:センターレベルの古文を読めるようにしたい

センターレベルの読解演習を習得するための問題集です。

同じシリーズの「マドンナ古文単語230」「マドンナ古文」で単語と文法が勉強し終わったら、次にこの「マドンナ入試読解」に手をつけるという流れが分かりやすいかもしれません。

「マドンナ入試読解」で勉強することで実践的な古文を読む力が身につきます。

シリーズになっているので、分からないところが出てきたら「マドンナ古文単語230」や「マドンナ古文」をすぐに開いて知識を確認できるところも良いところですね。

「マドンナ入試解法」はこんな人におすすめ!

  • センターレベルの古典の文章が読めるようになりたい
  • 文章の中でどうやって文法を使えばいいのか?を理解したい
  • どうやって古文の読解問題を解けばいいか、ゼロから理解できる!
実践力をつけたい人におすすめ!

この参考書については、こちらの記事を参考にしてください。

おすすめの古文問題集がわかったら、使い方をチェック!

自分の今の状態や志望校に合わせて選べる問題集は様々です。

ただ自分のレベルに合った問題集を選んでも正しい使い方をしなければ、「ただ問題を解いていただけ」「分からないけどなんとか1冊終わらせた」と中身のない時間を過ごすこととなってしまいます。

同じ問題集を使う受験生であっても「問題集を解いて自分の力にする」ことで他の受験生との差がつきます。ですから必ず「正しい使い方」で取り組まなければいけません。そのことについて詳しく見ていきましょう。

勉強したのに無駄になるのは嫌です!
そうね、それじゃあ次の正しい使い方をしていきましょう!

使い方のポイントは「参考書での復習が大事」ということ!

問題集を解く場合、大切にしなければならないのは「自分が出来ること・出来ないことの確認」です。

「今の自分は何が出来ていないのか?」逆に「どこまでなら出来るのか?」を確認して、出来ないことを出来るようにしていくのが問題集を解く目的です。

そして「出来ない問題」にぶつかった時に必要なのが「復習」。もちろん解説を読んでもよいですが、より深く体系的に復習をしたいならば「参考書」の出番です。

自分の理解の足りないところを抽出するまでなら問題集を解いただけでもできます。

ここでさらにもう一歩踏み込んで自分の理解を強化するためには、参考書を開き分からなかったところを補うことが必要です。これによってより勉強したところが身につき実践に生きてきます。

そのためにも問題集を解くときには、参考書をセットで置いておくのがおすすめ。

間違えたところを参考書ですぐに確認する癖をつけておくことで、問題集だけを進めるよりも勉強の内容がより深く身につきますよ。

マルオ「問題集を解くだけじゃダメなんですね」

四ノ宮「その後の復習が一番大切よ」

まとめ

問題集の目的は「自分の出来ること・出来ないことを知ること」だと書きました。

ですから「できることばかりの簡単な問題集」や「できないことばかりの難しすぎる問題集」では意味がありません。そうすると「自分のレベルに合った問題集」を選ぶことの大切さがよく分かりますよね。

そしてその問題集の効果を最大限にするためにも、ぜひ参考書を手元に置いた状態で「すぐに確認」を癖にしながら勉強を進めていってください。

【ストマガ限定・これだけは伝えたい】
頑張っても成績が上がらない時に
確認すべき3つのこと

記事サムネイル

大学受験において参考書や勉強法はとても重要ですが、それだけでは合格できません。

  • 同じ参考書を使って「受かる人」と「落ちる人」の違い
  • 合格に向けて、根拠を持って勉強を進めるために必要な〇〇とは?
  • 迷いなく毎日の勉強を進める唯一の方法

について、ストマガ読者の方だけにすべてお伝えしています。

限定記事を読む

この記事を読むだけで、第一志望に向けた勉強の仕方が大きく変わり、今よりも効果的勉強を進められます。ぜひ、この記事を読んで日頃の受験勉強に役立ててください。

記事中参考書の「価格」「ページ数」などについては執筆時点での情報であり、今後変更となることがあります。また、今後絶版・改訂となる参考書もございますので、書店・Amazon・公式HP等をご確認ください。

監修者|橋本拓磨

橋本拓磨

東京大学法学部を卒業。在学時から学習塾STRUXの立ち上げに関わり、教務主任として塾のカリキュラム開発を担当してきた。現在は塾長として学習塾STRUXの運営を行っている。勉強を頑張っている高校生に受験を通して成功体験を得て欲しいという思いから全国の高校生に勉強効率や勉強法などを届けるSTRUXマガジンの監修を務めている。

詳しいプロフィールはこちら
学習塾STRUX新年度無料体験受付中!
志望校に合格するために何から始めればいいかわからない!そんな人はチェック!