古文の参考書使い方

【古文上達】|センター試験から2次試験まで広く使える問題集の使い方【古文】

「STRUX大学受験マガジン」では、学習塾STRUX塾長である綱島将人監修のもと、第1志望校合格のための勉強法や志望校別の対策のしかた・勉強に関するコラムをわかりやすくお伝えしています。高校生のマルオをはじめとするキャラクターたちと、合格への"最短距離"をすすんでいきましょう。

トップページでほかのコンテンツを見る

志望校別の対策を見る!こちらをクリック

今回紹介する参考書は『古典文法 読解と演習56』です。Z会が出している参考書ですね。古文の演習を積む上では定番の参考書ですが、使い方がわからないままでは効果は半減、時間は倍増。しっかりと使い方を学んで手早く、そして効果的に使っていきましょう!

  • 紙画像
  • 案件
    『古文上達 読解と演習56』の使い方と勉強法を教えてください

ある日、マルオは本屋さんで参考書を選んでいた。

古文できないんだよなあ……。あー、どの参考書使ったらいいんだろう……。わかんないから運にまかせるか!どれにしようかなてんのかみさまの……。

翌日、マルオは参考書の使い方に悩んでいた。

適当に買わなきゃよかった……。使い方わかんないや。とりあえず進めてみるかな。
あら、マルオ君どうしたの。
あ、さっちー。いや、この問題集の使い方がわからなくて……。
またさっちーって。いいかげんにしなさい。それで、どの問題集?
『古文上達 演習と読解56』です。
さすがマルオ君ね!そろそろ問題集を選ぶ目も鍛えられてきたわ。いまから使い方を解説しましょう!
え?あ、ありがとうございます!
それにしても最近は運任せで参考書選ぶ高校生もいるみたいね。昨日も本屋さんで適当に参考書選びしている子を見たんだけど、さすがにひどいわよねぇ……。
……。

戦略01 『古文上達 読解と演習56』はこんな人におすすめ!

まずは基本情報をおさらいしておくわね。

『古文上達 演習と読解56』の基本情報

  • 料金
  • ¥1,049
  • 収録問題数
  • 56問
  • ページ数
  • 176ページ
  • 習得にかかる時間
  • 40時間
  • レベル
  • センターから国立2次・上位私大レベルに対応
  • おすすめ度
  • ★★★★☆(記述にも対応し、考える力のつく参考書!)
この参考書はセンター試験で高得点をねらいたい人から、2次試験で記述問題が課されるような、難しい大学を受験するような人まで幅広く使えるわ。解説がしっかりしているから無理なく実力を伸ばせるの。
どういう人におすすめなんですか?
そうね、これからあげるチェックリストに2つ以上あてはまる人かしら。でも、絶対ということはないから、使ってみて決めるのもいいわよ。

こんな人におすすめ!チェックリスト

  • 解説の詳しい問題集で演習したい
  • 問題演習をしつつ、品詞分解の練習もしたい!
  • ある程度の文学史についても勉強しておきたい
  • 記述問題にも対応できるようにしたい
  • 志望校がMARCH以上の私大か国公立大学
じゃあ僕は『古文上達 演習と読解56』を使っていいのか!
逆に、いまから見せるチェックリストに2つ以上あてはまる人は、ほかの参考書のほうがあっているかもしれないわ。

こんな人にはおすすめできない!チェックリスト

このほかにも古文の問題集はいろいろあるわ。自分にぴったりの問題集を探したい!という人はこの記事を読んでみてね!

戦略02 『古文上達 演習と読解56』の使い方・勉強法!

基本的なステップはこの通り!

基本的なカリキュラムのステップ

1周目

Step1.
第2章、第3章の問題を解く。
Step2.
解き終わったら答え合わせをし、間違えた部分については間違えた理由を調べる。
Step3.
間違えた問題や、自信のない問題について「なぜ理解できていないのか」を考える。
Step4.
現代語訳を読んだ上で、本文を3回音読する

2周目

Step1.
1周目で間違えた問題について、「何に気をつけて解くか」を考える
Step2.
答えを見て、自分の考えたポイントがあっているか確認する
Step3.
本文を5回音読
Step4.
音読して、現代語訳がわからなかったり、詰まったところの訳を解答で確認する
2周目は問題を解かないんですか?
そうよ。それでも問題は56題もあるから演習量は十分にあるの。最初は多く間違えていても、最後の方の問題ではほとんど正解できるように、1問1問を集中して解きましょう!

『古文上達 演習と読解56』を使う上での注意は以下の通り!

・間違えた原因を理解しよう

・本文を理解したら音読をしよう

この2つを行うことで古文読解の実力が大きく伸びます!

まずは間違えた原因をきちんと把握しましょう。これはすべての勉強について言えることですが、できなかった事をできるようにすることで成績は伸びていきます。たとえば、主語の判定を間違えたのならば、それは直前の敬語がわからなかったからなのか、助動詞の意味を使役か尊敬かで迷ったからなのかというところまで考えます。

そして、これらの分析に基づいてあやふやになっている知識を再確認します。知識を忘れてしまうのは仕方のないことなので、忘れていることに気づいたときに覚え直しましょう!

単語を忘れていたら単語帳、文法を忘れていたら文法書ですぐに確認よ!

そして、もう一つ重要なのは必ず音読をすることです。

きちんと本文の現代語訳を意識しながら音読します。音読をしていてスムーズに理解できないところや、読んでいてつまってしまったところは、理解しきれていない可能性があります。もう一度復習しましょう。

意味を考えながら音読するんだね!
そうよ。意味がわからないままやっていては、何も得られないわ!

また、古文には独特のリズムがあるので、音読を繰り返すことでスムーズに読めるようになっていきます!

古文を読解する方法についてはこの記事でも詳しく説明されているわ。ぜひ読んでみて!

 

志望校別の対策を見る!こちらをクリック

『参考書の使い方がわかったけど、この参考書って志望校合格に必要なの?』
『この参考書は志望校合格にどのくらい役立つんだろう?』
そう思った人は、こちらの志望校別対策をチェック!

戦略03 こんな使い方は要注意!使い方のコツ

ここからは『古文上達 演習と読解56』を使う上で注意してほしいことをまとめるわ!

・単語や文法について一通り学習してから使おう!

古文を勉強する上で単語や文法は必ず身につけないといけない知識です。特にテストの点数が伸びないと焦って問題演習ばかりやってしまいがちですが、実はそれは一番やってはいけない勉強法なんです。単語や文法があやふやなまま勉強しても決して実力はつきません。

まだ、単語や文法について勉強していない……。という人はこの記事を読んで、単語や文法の勉強を始めましょう!

いま紹介してきたほかにも使い方は様々あるわ。下の例も参考にしてみてね。

A君の例
文法について、『古典文法基礎ドリル』で勉強したので、文法事項はある程度身についていると思っていました。しかし、文章の中で品詞を把握する練習はしたことがありませんでした。なので『古文上達 演習と読解56』では1周目に解き終わった後、難しかった箇所について品詞分解をして理解を深めました!

なるほど!品詞分解についてもしっかり練習できるんだね!

まとめ

この記事で押さえてほしいことはこれよ!

・1周目を全力で解く!2周目からはイメージで進める!

・わからない原因を徹底的につぶそう!

・音読しながら頭の中では現代語訳しよう!

さいごにもう一度、『古文上達 演習と読解56』を使ってほしい人のチェックリストを見せておくわ。
  • 解説の詳しい問題集で演習したい
  • ある程度の文学史についても勉強しておきたい
  • 記述問題にも対応できるようにしたい
  • 志望校がMARCH以上の私大か国公立大学

古文の単語がやっぱり心配かも……

センター古文の対策について考えたい!

古文の勉強ってどうやって進めればいいの?

ライター|学習塾STRUX講師陣

STRUX講師陣

『自学自習で合格する』をコンセプトにした学習塾です。生徒に学習トレーナーをつけることで、第1志望校合格に導いています。学習トレーナーが、第1志望校合格までに【どの参考書を】【どの時期に】【どれくらい】【どの勉強法で】やるべきかまでを指定するので、「今日、なにを勉強すればいいの?」といった悩みを持たせません。

STRUXの詳細を見る
line@の概要
友だち追加
line@限定動画
line@限定記事
友だち追加