中央大学


中央大学 日本史の対策

首都圏の難関私立大学である中央大学の日本史は、「統一入試」と「一般入試の各学部個別試験」という選択肢が存在する試験。統一入試・一般入試の経済学部では全問マーク式が、一般入試のその他学部ではマーク式と記述式の両方が出題されます。一般入試では各学部ごとに問題や問題数が異なり、法学部のみ論述問題が課されます。

このように、中央大学日本史は受験する学部によって出題内容や形式が異なるため、早い段階で学部まで決めてから、きちんと傾向をつかんで必要な入試対策に絞っていくことが重要です。この記事では、中央大学日本史の攻略に必要な情報を、多数を占める一般入試の個別試験についてレベルごとにお伝えしていきます。

中央大学・日本史の出題傾向

例年、中央大学の日本史では、幅広い時代・分野から出題されるため、満遍なく学習する必要があります。教科書レベルのスタンダードな問題が主なので、教科書や参考書で重要なところを覚えていけば十分対応可能です。一部非常に難易度の高い問題も出題されますが、必ずしも正解できなくても、他できちんと点数を積み上げていれば問題はありません。

特筆すべきなのは正誤問題が多く出題される点。差がつくところなので、気を付けたいところです。

また、頻出の史料問題では、内容の読解を前提とした問題が出題される傾向にあるので、資料集などで史料に親しんでおくことが望まれます。法学部においてだけ30字~100字程度の短文論述が課されますが、それほど難しい内容ではないので、10月頃から過去問などで論述訓練をしておくと良いでしょう。

中央大学日本史の各問題の特徴

大問構成はこのようになっています(2021年度)。
内容や難易度には大きな変化はありませんが、年度によって大問数が違うなどの変化があるので、参考程度にしてください。

(文学部)大問5題

  • 第1問 マーク式・記述式
  • 第2問 マーク式・記述式
  • 第3問 マーク式・記述式
  • 第4問 マーク式・記述式
  • 第5問 マーク式・記述式

(法学部)大問4問

  • 第1問 マーク式・論述問題(100字)
  • 第2問 マーク式
  • 第3問 マーク式
  • 第4問 マーク式

(経済学部)大問4問

  • 第1問 マーク式
  • 第2問 マーク式
  • 第3問 マーク式
  • 第4問 マーク式

(商学部)大問3問

  • 第1問 マーク式・記述式
  • 第2問 マーク式・記述式
  • 第3問 マーク式・記述式

※参考
(統一入試)大問4問

  • 第1問 マーク式
  • 第2問 マーク式
  • 第3問 マーク式
  • 第4問 マーク式

マーク式問題

文章中の下線部に関する正誤問題や空欄補充問題・年代配列の問題など、様々な形式の問題が出題されます。用語の暗記だけでは正誤問題や年代配列問題に対応できないので、出来事の因果関係など時代の流れも含めて理解しておくことが必要です。各事象が起こった年号・天皇や将軍など有名人物の行った施策・法律の内容などをしっかり覚えておき、選択肢を吟味するようにしましょう。

問題は幅広い時代・分野から出題されますが、比較的江戸時代以降の出題が多い傾向があります。高3の夏前には全範囲を一通り履修しておくことが望ましいので、学校の授業スピードが遅い場合は、教科書や映像授業などを活用し、授業に先駆けて予習しておくと良いでしょう。

また、史料問題が頻出ですが、とりたてて難解な史料は出題されないので、初見のものが出ても史料と問題文にあるヒントを見逃さず、持っている日本史の知識を使って解答すれば大丈夫です。基本的な史料については事前に勉強しておきましょう。

統一入試では、産業や政策に関してグラフ問題が出るので注意が必要です。持っている日本史の知識を活かして何を表しているグラフなのかを読み取り、問題に解答しましょう。グラフの知識が足りないと感じたら、過去問などで形式に慣れておくのがおすすめです。

記述問題

空欄補充問題や、下線部に関する人物名・名称・年号などを問う問題が出題されます。特に文学部では他学部よりも記述問題の割合が多いため、しっかりとした記述対策が必要です。漢字間違いなどのケアレスミスで点数を失わないように気を付けましょう。漢字まで正確に覚えるため、新しい用語や日常であまり使わないような漢字が出てきた時は、実際に1〜2回書いてみるのがおすすめです。

論述問題

例年法学部では短文論述が課されます。30字~100字程度でそれほど難しい内容ではないですが、過去問や参考書などを使って同程度の字数での論述練習を事前に行っておくと良いでしょう。

中央大学日本史の時間配分の例

中大の日本史は、試験時間60分・配点100点・小問数は50問前後となっています。それほど急ぐ必要はありませんが、あまりゆっくりしていると時間が足りなくなります。マーク式問題や記述問題は知っているか知らないかの二択なので、分からないものにはなるべく時間をかけず、すぐにスキップして自信を持って答えられる問題を解答していきましょう。

時間配分の例

ここでは、中大の看板学部である法学部の2021年度入試における時間配分の例を挙げます。平均して1問を1分強で解くことになるため、スピード感が求められます。空欄補充問題や単純に用語を解答する問題は、瞬時に解答が分かるように演習を繰り返しておくことが大切です。

00:20 第1問 マーク式・論述(100字)(小問19問)(20)
00:30 第2問 マーク式(小問5問)(10)
00:40 第3問 マーク式(小問5問)(10)
00:55 第4問 マーク式(小問15問)(15)
00:60 解答の見直し(5)

一通り解答した後に、論述の見直しとスキップした問題を再考する時間を少し残しておくと安心でしょう。過去問を解く際には、本番と同じ60分ではなく50分で解くなど、スピードを意識して訓練をしておくのがおすすめです。

中央大学日本史で必要な学力レベル

通史理解

通史理解はレベル5。中大の日本史は出題範囲が古代から近現代までと広いうえに、多様な形式の問題が出題されるため、日本史の流れについての広い理解が求められます。正誤問題や年代配列の問題に対応するためには、出来事の因果関係なども含めて理解して覚えておくことが重要です。

単語暗記

単語暗記はレベル4か5。文学部と法学部を志望する人は、その他の学部よりも難易度の高い単語まで覚える必要があります。ただし、中大の日本史で合格点を取るには教科書レベルの知識で点数を落とさないことが重要です。難問に関してはできなくても落胆せずに次の問題に進むことが大切です。

短文論述

短文論述はレベル3。短文論述は法学部のみで課されます。共通テストの勉強を通じて知識を蓄え、参考書などで同程度の字数での論述訓練を行っておけば十分対応できるでしょう。

論述

中大日本史では、論述問題は出題されません。

中央大学日本史が解けるようになるためのレベル別勉強法

ここからは、中央大学の日本史で合格点をとれるようになるための勉強内容をご紹介します。「これから勉強を始める!」という人ははじめから進めてほしいですし、ある程度基礎はできている!これから中央大学に特化していきたい!という人は途中から読み進めてもOKです。

日本史勉強の基本、歴史の流れ=通史をなるべく早く身につけるカリキュラム

日本史が「苦手!」という場合は、まずその苦手を払拭するため、基礎の基礎レベルの問題集から取り組むべきです。以下のチェックリストに当てはまる場合は、まず一番基本的な問題集から取り組むようにしましょう。

  • 教科書に載っている内容や学校の授業を正直ほとんど理解できていない
  • 日本史がそもそも苦手
  • 学校の授業を全然聞いていなくて、テストでも赤点ギリギリ

これらに一つでも当てはまる場合は、以下の参考書からスタートしましょう。

「中高6年間の日本史が10時間でざっと学べる」は、日本史が大の苦手という人のためのものです。本格的な勉強は高校2年生の後半からのスタートでいいですが、それまでにスキマ時間などで読んで簡単に日本史の全体像を勉強してしまいましょう。

先程のチェックリストに当てはまらない場合は次のレベル、映像授業などを通した教科書レベルの内容理解と復習に進みましょう。

「スタディサプリ」などの映像授業を活用し、まずは歴史の流れを学びます。映像授業は通史と用語を結びつけるための教材としては最適です。また、中大日本史では、現役生だとまだ授業が進んでいなくて完成度が低くなりがちな戦後史が出題されることがよくあります。自主学習で先取りする必要が出てきますが、教科書では内容がやや希薄で分かりにくい部分があるため「スタディサプリ」などの映像授業を活用するのがおすすめです。

全体像が理解できたら、「詳説日本史ノート」などの穴埋め形式の問題集で歴史の流れと一緒に簡単な単語も合わせて覚えていきます。この問題集は量が非常に多いため、コツコツと解き進めていくようにしましょう。

通史の理解を夏休み前までに終わらせ、夏休み期間に単語を定着、問題集を順次始められれば順調なスタートと言えます。

次に進むポイント

  • 日本史の苦手意識が少し薄れてきた
  • 細かい単語は覚えていなくても、日本史の歴史の流れ全体や出来事はすべて把握できた
  • 映像授業や学校の授業の内容はすべて理解できた

中央大学入試の問題を解けるようになるためにレベルを上げていこう

中大入試や共通テストレベルの問題を解けるようになるには、理解だけでなく理解したことを問題を解く際に実践できることが大前提です。ここからは頻出の解法を固めていくことで、まずは入試問題を解くための「武器」を身につけていきます。

まだ日本史の流れをきちんと理解できていないという人は「スタディサプリ」で完璧な通史理解を目指します。共通テストは「山川日本史一問一答」を完成させればOK。「実力をつける日本史100題」は、難関私立大学を受験する人には必須の参考書です。これを使って、一問一答で身につけた知識をアウトプットで定着させていきます。短文論述が課される法学部志望者は「詳説日本史ガイドブック」で日本史の中でも特に重要な流れをおさえなおします。論述での頻出分野を固めていきましょう。
共通テストの問題は少ないので、センター試験の過去問も演習量を増やすために活用できます。

  • 単語暗記センター試験過去問

次に進むポイント

  • センターや共通テストの問題は8割以上正解できる

中央大学入試で合格点を取るための日本史の総仕上げ

定石問題は身についたので、あとは中大入試に向けて絞り込んでいくだけ。入試問題は定石問題の組み合わせで出題されますから、実際の入試問題をどんどん演習していきます。

「日本史標準問題精講」を使って、日本史について最高レベルの演習を重ねていきます。

基本的な参考書をやり終えたら、中大の過去問で仕上げていきます。特に特徴的な問題は過去問を解いてみないと解くコツが掴めないので、意識して解きましょう。

直近10年ほどの過去問は赤本で時間を測って取り組みます。実際にどの順番でどの位の時間を使って解くのか、というのを意識できるので、11月以降の仕上げに使っていきましょう。

【ストマガ読者限定】
勉強のペースメーカーになってくれる!
ストマガ公式LINEアカウント

記事サムネイル

勉強法を読んで理解できたけど、結局どういうペースで勉強すればいいかわからない、という状態では不安になってしまいます。
ストマガ公式LINEアカウントでは

  • 登録者限定の受験相談イベント先行案内
  • 毎月のおすすめ勉強内容や合格のポイント定期配信
  • 時期ごとの勉強のコツや限定動画の配信

などを行っています。

高3・受験生向け友だち追加 高1・高2生向け友だち追加

これさえ登録しておけば、毎月のカリキュラムと受験についての情報、勉強の注意点がすべてわかります!
ぜひ、受験当日までの勉強のペースメーカーとして活用してください。

ストマガYouTubeチャンネルもチェック!

ストマガのYouTubeチャンネルでは、今日から役立つ効率的な勉強法や、受験に関する知識をわかりやすく配信中!大学の傾向分析や計画の立て方、各科目の勉強法だけでなく、ストマガで振れられない時期ごとの勉強法もチェック!

記事中参考書の「価格」「ページ数」などについては執筆時点での情報であり、今後変更となることがあります。また、今後絶版・改訂となる参考書もございますので、書店・Amazon・公式HP等をご確認ください。

監修者|橋本拓磨

橋本拓磨

東京大学法学部を卒業。在学時から学習塾STRUXの立ち上げに関わり、教務主任として塾のカリキュラム開発を担当してきた。現在は塾長として学習塾STRUXの運営を行っている。勉強を頑張っている高校生に受験を通して成功体験を得て欲しいという思いから全国の高校生に勉強効率や勉強法などを届けるSTRUXマガジンの監修を務めている。

詳しいプロフィールはこちら
伸び悩んでいる人が気をつけるべき3つのこと、ストマガ読者限定公開!
学習塾STRUX新年度無料体験受付中!
毎日の勉強を分析・改善・指導する学習塾STRUXってどんな塾?
志望校に合格するために何から始めればいいかわからない!そんな人はチェック!