科目別分析

慶応大学医学部の生物入試の対策法 徹底分析!

慶応大学医学部の生物入試の対策法|入試内容を徹底分析

受験生物の中では、最難関の試験となっている。対策方法を知って、徹底的な対策をしよう!

慶応大学医学部の生物入試の全体概観

国公立の試験を含めても、トップクラスに難易度が高い試験内容となっています。全体的に記述式の設問が多く、あいまいな理解では得点できないことが大きな特徴です。

知識のインプットを終わらせた後は、論述問題も含めた入念な問題演習が大切な試験であると言えるでしょう。

また本番の試験形式に慣れるためにも、徹底的な過去問演習も大切だと言えるでしょう。

慶応大学医学部の生物は論述を含めた問題演習を徹底的に行うことが大切になっているぞ。

慶応大学医学部の生物のレーダーチャート分析

解説

最高難易度の試験であり、入念な対策が必要です。記述問題がメインとなるなど、多くの私大志望者にとっては慣れない試験形式が多いことが特徴となります。

生物は時間をかけた分、点数が上がりやすい教科ですから他の教科の勉強時間を確保しつつ、計画的に問題演習を重ねたいですね。

慶応大学医学部の生物の対策法|具体的な勉強内容を分析

慶応大学医学部の生物でやるべき参考書リスト

慶応大学医学部の生物で合格点を狙うためには、この参考書を使ってね!

インプット

レベル0→4

レベル4→5

基本問題演習&入試問題演習

レベル0→3

レベル3→4

レベル3→4

対策の全体方針|慶応大学医学部の生物

慶応大学医学部の生物は以上のように、論述をはじめとする応用問題が出題されることが大きな特徴です。問われる内容も難しいですから解ける問題で確実に得点を重ねることが重要と言えます。

生物は他の理系教科に比べてあとまわしになりがちな科目ですが、数学など他の教科に時間を割くためにも、高2の時期から、計画的にインプットを進めておくことが合格へのポイントとなるでしょう。

早めのスタートがポイントとなるぞ!
 記事中参考書の「価格」「ページ数」などについては執筆時点での情報であり、今後変更となることがあります。また、今後絶版・改訂となる参考書もございますので、書店・Amazon・公式HP等をご確認ください。

STRUXマガジンYouTubeチャンネル開設!

監修者|橋本拓磨

橋本拓磨

東京大学法学部を卒業。在学時から学習塾STRUXの立ち上げに関わり、教務主任として塾のカリキュラム開発を担当してきた。現在は塾長として学習塾STRUXの運営を行っている。勉強を頑張っている高校生に受験を通して成功体験を得て欲しいという思いから全国の高校生に勉強効率や勉強法などを届けるSTRUXマガジンの監修を務めている。

STRUXの詳細を見る