早稲田大学理工学部


早稲田大学理工学部 数学の対策

共通テストの対策を見る!こちらをクリック

合格実績を見る!こちらをクリック!

早稲田大学理工学部の数学は、高度な処理能力が問われる難関試験です。標準的な問題をいかに確実に得点できるかが合否を分けるため、傾向をつかんだ上で十分に対策しておく必要があります。
この記事では、出題傾向や時間配分・レベル別勉強内容まで、早稲田大学理工学部数学の攻略に必要な情報をすべて解説します。

早稲田大学理工学部の数学出題傾向

早稲田大学理工学部の数学の出題傾向は以下のとおり。

数学3からの出題が目立ち、特に微積分や複素数は頻出分野です。それ以外にも極限・数列・確率など、あらゆる分野から幅広く出題されます。いずれも問題の質が高いため、解法丸暗記などの表面的な理解では太刀打ちできません。頻出分野を中心に、融合問題も含めて全範囲にわたってしっかり対策し、苦手分野を作らないことが重要です。

早稲田大学理工学部数学の各問題の特徴

大問構成はこのようになっています。

  • 第1問 記述式設問
  • 第2問 記述式設問
  • 第3問 記述式設問
  • 第4問 記述式設問
  • 第5問 記述式設問

大問5問で構成される記述式設問です。当然、解答の導出過程からすべて記載する必要があります。各大問では小問により誘導がなされるため、うまく出題者の誘導に気づけるかが攻略のカギになります。

早稲田大学理工学部数学の時間配分の例

試験時間は120分。単純計算で1題あたり24分しかなく、計算量・処理量を考えるとかなり厳しい時間配分になります。

時間配分の例

00:00 第1問 記述式設問(24)
00:24 第2問 記述式設問(24)
00:48 第3問 記述式設問(24)
01:12 第4問 記述式設問(24)
01:36 第5問 記述式設問(24)

多くの受験生にとって時間内の完答は難しいでしょう。したがって標準的な問題を確実に解きつつ、難問にいかに食らいつくかが重要になります。解答の方針が立たなかったり、方針が立っても後の処理が膨大になるような問題は、思い切って諦める勇気も必要です。問題の取捨選択は経験がものを言うので、過去問や模試などを活用し入念にシミュレーションしておきましょう。

あなたの志望校に沿った
勉強計画を作成します

学習塾STRUXでは、第1志望校の傾向に合わせたレーダーチャート・勉強計画を作成しています!あなたの今の学力にあった勉強計画を知るには、学習塾STRUXの無料体験をご活用ください。

早稲田大学理工学部数学で必要な学力レベル

早稲田大学理工学部の数学は難関です。試験時間の短さも考慮すると、東大・京大といった最難関国立大学レベルに匹敵します。多くの受験生が解けるであろう標準的な問題では、絶対に取りこぼしがないようにしましょう。そのためには苦手分野を作らず、高校数学の全範囲について十分に対策しておく必要があります。特に頻出分野については、標準以上の難しいレベルの問題もやり込んでおきましょう。普段の勉強ではただ問題を解くだけではなく、本当にこの解き方がベストか、もっと計算を簡略化できないか、他の解き方はないか、といったことも貪欲に追及しましょう。可能であれば、信頼できる塾や学校の先生に解答の添削をしてもらうことをおすすめします。

早稲田大学理工学部数学が解けるようになるためのレベル別勉強法

ここからは、早稲田大学理工学部の数学で合格点をとれるようになるための勉強内容をご紹介します。「これから勉強を始める!」という人ははじめから進めてほしいですし、ある程度基礎はできている!これから早稲田大学理工学部に特化していきたい!という人は途中から読み進めてもOKです。

数学の基本、教科書レベルの内容をしっかり身につけよう

「数学が苦手!」という人は、まずその苦手意識を克服しましょう。以下のチェックリストで、自分に当てはまる項目がないかチェックしてみてください。

  • 教科書に載っている内容や学校の授業を正直ほとんど理解できていない
  • 数字がそもそも苦手
  • 学校の授業を全然聞いていなくて、テストでも赤点ギリギリ

これらに一つでも当てはまる場合は、一番基本的な以下の参考書からスタートしましょう。

これらは基礎の基礎なので、あまり時間はかけられません。なるべく早く、どんなに遅くても2年生のうちには終わらせましょう。

先程のチェックリストに当てはまらない場合は、映像授業などを通した教科書レベルの内容理解と復習に進みましょう。

「スタディサプリ」などの映像授業を活用し、教科書レベルの基本知識を盤石にしていきます。いきなり問題集を解こうとせず、まずは映像授業の視聴と付属の問題を解くことで、基礎をしっかり身につけましょう。

次に進むポイント

  • 数学の苦手意識がほぼなくなった
  • 数学1A2Bの出題範囲や、どんな問題が出るのかわかった
  • 映像授業や学校の授業の内容はすべて理解できた

入試頻出の「定石」を把握する問題演習

入試問題を解くためには、理解した内容を「使える知識」に昇華させる必要があります。問題演習を通じて理解した知識を使いこなすとともに、頻出の解法パターンである「定石」を身につけていきましょう。入試問題を解く上で、定石は基本であると同時に強力な武器にもなります。

青チャートをやり込んでおけば、定石問題をしっかり網羅できるはず。
2年生のうちに仕上げておけると良いペースです。

次に進むポイント

  • 「青チャート」の「レベル3」までは完璧に解ける
  • 「青チャート」の「レベル4・5」は7割以上解ける

早大理工学部入試頻出の「数学3」は、予習で早めの対策を

早稲田大学理工学部では数学3が頻出ですが、学校の進度が遅いこともあるため要注意。自ら予習し、受験に向けて早めに対策を進めておきましょう。

数学1A2Bの青チャートを仕上げているなら、数学3はいつ始めてもOKです。
3年生になる頃には「スタディサプリ」などで予習を始め、3年生の夏前までに「青チャート」レベル3まで仕上げておきましょう。

次に進むポイント

  • 数学3の教科書レベルの内容はすべて理解できている
  • 「青チャート」のレベル3あたりまではすべて解ける

早大学理工学部入試に向けた総仕上げ!入試形式の実践的な問題演習

数学3の定石問題まで身についたら、あとは入試形式の問題集にどんどん取り組んでいきます。複数分野を含む融合問題や、ひねりのある高度な良問に数多く触れておきましょう。その際、より効率のいい解き方や別のアプローチがないか等、周辺知識も積極的に吸収しておきましょう。

試験時間が短く数学3からの出題が多い早稲田大学理工学部の数学では、計算力も重要な要素です。ハイレベルな戦いでは、計算ミスで標準的な問題を落とすとそれだけで命取りになりかねません。たかが計算と侮らず、しっかり対策しておきましょう。

  • 定石演習合格る計算 数学3

ここまでの参考書を仕上げたら、3年生の秋頃からは過去問演習に入りましょう。

  • 過去問赤本(5〜10年分)

早稲田大学理工学部の数学ではすべて完答するのは難しいため、解ける問題を見極め確実に得点する必要があります。そのためには、初見の過去問に時間を計って取り組み、経験を積むしかありません。解答を作成したら徹底的な復習はもちろんのこと、できれば信頼できる塾や学校の先生に添削・講評をお願いすると良いでしょう。

【ストマガ読者限定】
勉強のペースメーカーになってくれる!
ストマガ公式LINEアカウント

記事サムネイル

勉強法を読んで理解できたけど、結局どういうペースで勉強すればいいかわからない、という状態では不安になってしまいます。
ストマガ公式LINEアカウントでは

  • 登録者限定の受験相談イベント先行案内
  • 毎月のおすすめ勉強内容や合格のポイント定期配信
  • 時期ごとの勉強のコツや限定動画の配信

などを行っています。

友だち追加はこちら

これさえ登録しておけば、毎月のカリキュラムと受験についての情報、勉強の注意点がすべてわかります!
ぜひ、受験当日までの勉強のペースメーカーとして活用してください。

記事中参考書の「価格」「ページ数」などについては執筆時点での情報であり、今後変更となることがあります。また、今後絶版・改訂となる参考書もございますので、書店・Amazon・公式HP等をご確認ください。

監修者|橋本拓磨

橋本拓磨

東京大学法学部を卒業。在学時から学習塾STRUXの立ち上げに関わり、教務主任として塾のカリキュラム開発を担当してきた。現在は塾長として学習塾STRUXの運営を行っている。勉強を頑張っている高校生に受験を通して成功体験を得て欲しいという思いから全国の高校生に勉強効率や勉強法などを届けるSTRUXマガジンの監修を務めている。

詳しいプロフィールはこちら
伸び悩んでいる人が気をつけるべき3つのこと、ストマガ読者限定公開!
学習塾STRUX新年度無料体験受付中!
志望校に合格するために何から始めればいいかわからない!そんな人はチェック!