京都大学傾向と対策

日本の最難関大学の一つ、京都大学。 さまざまな基本スキルから高い応用力まで求められるため、言わずとしれた難関大学となっています。 「自由な学風」が特徴である京都大学は、一般教養の授業科目では幅広い科目を選択可能であり、自分の好みに合わせた勉強が可能です。 また、興味があれば他学科や他学部の授業を受け、専門の授業の単位に変換することもできます。 そのため、自分で将来の方針を決め好きなことに熱中して取り組みたいという学生には、特に向いている大学です。

Part.1 京都大学の試験・出願情報

京都大学の試験は言わずとしれた難問揃い。 その一方で対策方法も相当研究されており、学習の戦略も立てやすくなっているので、手順に沿って一つ一つ攻略していきましょう。

京大の試験日・入試形態・出願について

一般入試
期日 2月25日・26日
共通テスト 必要
得点比率 学部によって異なる
2段階選抜 あり
出願時期 1月(共通テスト後)
科目 1日目:国語・数学
2日目:社会or理科・英語

一般的な国立大学と同じスケジュールで実施されます。 共通テストと2次試験の比率は学部によって異なります。 比率が高いところで「共通テスト1:個別テスト2」、低いところでは「共通テスト1:個別試験7」となっていますが、中には一部科目の点数は足切りのためだけに使用する学部もあります。 例年8割程度取れていれば基本的に通過できるラインとなっています。 学部によっては共通テストの点数も重要となるので、気を抜かないように注意しましょう。

Part.2 京大の配点と目標点数【文系】

先述の通り、京大の配点や入試傾向は様々な予備校によって研究されていて、その分やるべきことも明確になりやすいです。 何より得意科目・苦手科目によって「どの科目で点をとって合格するか」の戦略が立てられます。 この戦略によって合格率を高めることができるので、様々なパターンを基に参考にしてみてください。

配点・科目

学科にもよりますが、国語、地歴2科目、英語、数学、地歴2科目の点数比率が同等であることが特徴的。共通テストの点数は250点に圧縮されます。 経済学部では、共通テストの占める割合が31%と比較的高いので注意しましょう。 むろん共通テストの占める割合が低い学部を受験する場合でも、多く点を重ねることが望ましいです。1点でも多く取るつもりで試験に臨みましょう。

社会は2次試験で選ぶ科目と、もう一つを共通テストで選択する必要がありますが、選択科目に制限はありません。 2次試験の社会では、対策が取りやすい世界史又は日本史を選択する人が多いです。 共通テストの科目としては、勉強時間を極力減らしたいのであれば、地理、倫理、政経がおすすめです。

目標点数 *矢印は得点換算

合格最低ライン目安
490点(学部により異なる)
パターン1:標準
共通テスト 750点→208点
英語 90/150点
数学 60/150点
国語 75/150点
社会 60/100点
合計 493点
パターン2:英語が得意
共通テスト 750点→208点
英語 110点/150点
数学 50/150点
国語 75/150点
社会1 50/100点
合計 493点
パターン3:数学が得意
共通テスト 750点→208点
英語 80/150点
数学 110/150点
国語 50/150点
社会1 45/100点
合計 493点

国語の点数は安定しづらいため、英語・地歴で点を取りましょう。 数学は人によって得意・不得意が分かれるため、数学が苦手な人は数学20点~30点を目標とし、他の科目で点を稼ぐというやり方も可能です。 逆に数学が得意で80点~90点取れるというのであれば、英語で多少ミスをしても問題ないといえるでしょう。

留学していたなど英語が圧倒的に得意な場合、英語で得点率80%以上と高得点が狙えますし、逆に数学が得意であれば数学で得点率70%を取るというだけでも十分なアドバンテージになります。

模試一覧
5月 河合全統共通テスト模試
8月 河合京大オープン
駿台京大実戦
8月 河合全統共通テスト模試
10月 河合全統共通テスト模試
11月 河合京大オープン
駿台京大実戦

*点数推移:準備中

マストで「全統共通テスト模試」と「京大冠模試」を受けていきましょう。これに加え、入試1年前の「共通テスト同日試験」などを受験できるとよりよいです。 A判定を狙うのは大変ですので、11月の京大模試でAがでたらラッキー位のつもりで良いでしょう。 狙う判定としてはBあたりを目指し徐々にあげていければOKです。 夏の模試ではD判定〜E判定で十分ですが、全統共通テスト模試は夏あたりで7〜8割すでに取れている状態にはしておきたいところです。

併願校・志望変更

共通テスト利用
関関同立
後期試験
旧帝大、各県の国立大学
志望校変更
各県の国立大学 (滋賀大、奈良大、和歌山大など)

私大の併願をする際は、関西に絞るのであれば、関関同立を選択する場合が多いです。 不安であれば、近畿大、南山大、甲南大を滑り止めとしましょう。 関東圏まで視野に入れるなら、慶応義塾大学、早稲田大学なども選択肢に入ります。 しかし、これらの大学はきちんと対策を取らないと受かりづらいので、無理に併願しなくても良いでしょう。

共通テスト利用入試を利用すれば、関関同立レベルの大学は3科目80%〜85%の得点率で突破できるため比較的出願しやすい傾向にあります。 共通テストで全科目合計85%~90%以上取れる場合は、早稲田の共通テスト利用も可能です。

後期試験で併願する場合に多いのが、各県の国立大学や旧帝大レベルで後期試験を実施しているところ。 このあたりは地域によって住んでいる近くの旧帝大や難関大(九州なら九州大、関東圏なら一橋大、横国など)を活用する場合が多そうです。

また、「京大であれば浪人してもOK」という人も少なくないため、京大一本で受験する人も意外といます(あまりおすすめはしませんが)。

Part.3 京大の配点と目標点数【理系】

理系に関してもやるべきことは明確です。 数学の配点が高い分、文系より尚更得意科目・苦手科目によって「どの科目で点をとって合格するか」の戦略が立てやすいです。 戦略が立てられれば合格率を高めることができるので、様々なパターンを基に参考にしてみてください。

配点・科目

2次試験の数学・理科の点数比率が高いのが特徴的。理系学部は比較的共通テストの比率が低く、理学部では19%しかありません。 その分国語の得点比率は低くなっていますが、極端に減っているわけではありません。 共通テストの点数は225点に圧縮されます。共通テストの10点は、2次試験と合わせた換算点では2.5点の扱いです。 そのため、共通テストの点数で悲観的になり過ぎる必要はありません。 とはいえ、むろん多く点を重ねることが望ましいので、1点でも多く取るつもりで試験に臨みましょう。

理科は他の難関国立大学のように2科目が必要で、「物理」「化学」「生物」「地学」の4つから選びます。 ただ、一部学部 (医学/薬学) では地学を選択できず、工学部では物理/科学しか選べません。 地学は教材も少ないため、受験科目としては物理/化学受験がおすすめです。いずれかが苦手な場合は、そこを生物に置き換えましょう。

目標点数 *矢印は得点換算

合格最低ライン目安
750点→208点(科類により異なる)合格最低点は、基本的に62~64%。
パターン1:標準
共通テスト 750点→208点
英語 135/225点
数学 180/300点
国語 60/150点
理科1 85/150点
理科2 85/150点
合計 753点
パターン2:数学が得意
共通テスト 750点→208点
英語 115/225点
数学 240/300点
国語 50/150点
理科1 70/150点
理科2 70/150点
合計 753点
パターン3:理科が得意
共通テスト 750点→208点
英語 105/225点
数学 150/300点
国語 50/150点
理科1 120/150点
理科2 120/150点
合計 753点

点数比率が高い数学・理科で着実に点数を取ることを目標としましょう。 英語が得意であれば英語で高得点を目指せますが、数学・理科が極端に得意な場合は、その2教科3科目を満点近く取れるだけで合格できる配点となっています。 数学/理科で240点ずつ、共通テストで87%程度取れれば、英語+国語で100点/375点取るだけで十分合格できます。

文系と比べても「理科系科目が強いから、ある程度英語ができなくても合格している」という人が多い印象です。 英語50点台でも合格している人もいますので、自分の得意な科目で勝負するつもりで学習を進めましょう。

模試一覧
5月 河合全統共通テスト模試
8月 河合京大オープン
駿台京大実戦
8月 河合全統共通テスト模試
10月 河合全統共通テスト模試
11月 河合京大オープン
駿台京大実戦

*点数推移:準備中

「全統共通テスト模試」と「京大冠模試」は必ず受けましょう。さらに、入試1年前の「共通テスト同日試験」を受験するのが良いです。 A判定を狙うのは大変ですので、11月の京大模試でA判定がでたらラッキー位の心持で大丈夫です。 まずはB判定を目指し徐々にあげていければOKです。 夏の模試ではD判定〜E判定で十分ですが、全統共通テスト模試は夏あたりでは7〜8割すでに取れている状態が望ましいです。

併願校・志望変更

共通テスト利用
関関同立
後期試験
旧帝大、各県の国立大学
志望校変更
各県の国立大学 (滋賀大、奈良大、和歌山大など)

私大の併願をする際は、関西に絞る場合、関関同立を選択することが多いです。 不安であれば、近畿大、南山大、甲南大を滑り止めにするのが良いでしょう。 関東圏まで視野に入れるなら、慶応義塾大学、早稲田大学なども選択肢に入りますが、これらの大学はきちんと対策を取らないと合格が難しいので、無理に併願しなくても良いでしょう。

共通テスト利用入試を利用すれば、関関同立レベルの大学は3科目80%〜85%の得点率で合格できるため比較的出願しやすいです。 共通テストで全科目合計85%~90%以上取れる場合は、早稲田の共通テスト利用も可能です。

後期試験で併願する場合は、各県の国立大学や旧帝大レベルで後期試験を実施しているところを選ぶことが多いです。 住んでいる地域の近くの旧帝大や難関大(九州なら九州大、関東圏なら一橋大、横国など)を活用すると良いでしょう。

また、「京大であれば浪人してもOK」という人もいるため、京大一本で受験する人も意外といます(あまりおすすめはしませんが)。

Part.4 科目別の勉強法と攻略法

さて、ここからは具体的な攻略法をみていきます。 各科目の簡単なポイントを紹介しているほか、「基礎レベルからどの参考書をやればよいのか?」「過去問の傾向は?」などの詳しい内容はリンク先にもあるので、必要な科目に絞りながら活用してください。

英語

英語は長文が意外と少ないです。 しかし、長文を題材にした英作文・和訳に一筋縄ではいかない問題が多く、最高難度の問題まで対策しておかないと点数が安定しません。 そのため、共通テストレベルの英語が時間内にしっかりと読み切れるまで長文読解を固めた後は、英作文(和文英訳/自由英作文)の例文暗記や和訳(「透視図」など)の練習に時間をかけて取り組みましょう。

国語

国語は、これまでほとんど出題されていなかった漢文が、ここ数年出題されるようになりました。 ただし、極めて難易度が高いというものではないため、共通テストレベルの問題が解けるようになっていれば良いでしょう。 古文も学校の授業などで早くから文法を固めておき、読解に慣れておきます。 点数が安定しづらく記述の量も多いため、きちんと過去問をこなして解き方・読み取りのコツを掴みましょう。

数学<文系>

文系の数学は5問構成で、全て記述問題です。 高得点を狙うには、2問完答、3問部分点は最低ラインです。 中には非常に難しい問題も混ざっていますので、いかに「解ける問題」を見極めて点を取るかが重要になります。 場合によっては部分点を狙いつつ目標点に達する必要があるため、定石問題の理解は大前提としてたくさん過去問や他大学の難問に触れておく必要があります。

数学<理系>

理系数学は6問構成で、全て記述問題です。 出題範囲は数3Cが多いというわけではなく、数1Aや数2Bからも比較的難易度の高い問題が出題されます。 そのため、高3に入っても数1A2Bの演習を怠らず、数3Cにも取り組みましょう。 学校の授業では数3Cを習う時期が遅いところも少なくないので、数3Cについては、数1A2Bの範囲がある程度習得できたら予習を始めましょう。 「青チャート」の基本的な問題や「大学への数学」シリーズ「1対1対応」などで演習を重ね、最終的に過去問や「上級問題精講」に取り組むと良いでしょう。

日本史

日本史は4問構成で、時間当たりの問題数の多さと論述問題が特徴です。 基本的には教科書レベルの問題なので、教科書に沿った学習を丁寧に行えば確実に点数が取れます。 高3の夏休みには全ての歴史の流れ、重要な用語を把握していると良いでしょう。 それ以降は一問一答、論述の参考書、教科書の記述を見て練習を繰り返し、秋からは過去問を解くと良いです。 単語の一問一答である程度の点数は見込めますので、取りこぼさないよう用語はしっかりと覚えましょう。

世界史

世界史は4問構成です。 大問1と3は300字の論述が出題され、大問2と4では単語知識を問う問題が主に出題されます。 基礎的な知識を前提とし、その知識を関連付けて思考した論述力が求められます。 教科書や資料集で歴史の流れを把握して確かな知識を身につけた後に、論述の参考書、教科書の記述を見て練習を繰り返し、論述対策を行いましょう。

地理

例年は4問構成でしたが、2019年度、2020年度は5問構成となっています。 細かい知識を問われることは少ないですが、幅広い分野から出題されるので、高校地理の全分野の基本的な知識を把握しておくことが重要です。 また、多数の資料を正確に判読する読解力、簡潔に表現する論述力も必要となりますので、過去問や参考書で演習を積むと良いでしょう。

物理

物理は3問構成です。力学1問、電磁気1問、その他の分野 (熱力学・波動・原子) から1問という出題形式になっています。 かなりの長文が出題されるのが特徴で、目新しい題材も出題されることがあります。 主な問題は長文の空欄補充で、各大問に1問程度記述問題も出題されます。正確かつ迅速な計算力、問題文を正しく読解し処理する能力を培うことが重要です。

化学

化学は4問構成です。理論から大問2問、有機から大問1問、高分子から大問1問が出題されます。 基本的に教科書の知識を応用させて解く問題が多いです。 有機、高分子の問題は比較的対策が取りやすいので、得点源にしたいところです。 京大の化学では基礎的な内容を応用させた思考力を問う独自の問題が出題されます。 そのため、基礎の内容を習得した後は、過去問で演習を積むと良いでしょう。

生物

生物は4問構成です。 各分野から出題されますが、「遺伝情報の発現」及び「生態と環境」からの出題頻度が比較的高くなっています。 初見の題材の出題が多く、見慣れない実験やデータを正確に読み解く読解力及び的確な論述力が求められます。 遅くとも高3の夏ごろには教科書レベルの基本的な用語を確実に把握し、後は参考書などで実践演習を重ねましょう。

地学

地学は4問構成です。天体分野、地質岩石分野は頻出となっています。 地学で受験をする人はそもそも少ないのですが、もし仮に地学で対策をする場合、参考書が少ないので教科書や過去問しか研究材料がないと考えるべきです。 また、地学以外の知識が問われる問題も出題されるので、物理や化学の関連分野の知識も習得しておくことが望ましいです。