京都大学

京都大学 理系数学の対策


このページでは、京都大学に合格できる力をつけるための理系数学カリキュラムをまとめています。参考にして勉強していきましょう。

京都大学理系数学の傾向分析

京都大学の問題として特徴的なのは誘導がついていない問題が多いということである。それゆえ、問題をぱっと見ただけではどのように解いていくかわからないこともあるが、標準問題を多く解き、解法を身につけておくことが大切である。

一見解けなさそうな問題においても定石を用いて調べていくことで解法が見えてきたり、部分点を獲得したりすることができる。

問題傾向としては、微積分が大問にして1~3問、確率・図形がそれぞれ1問ほど出題される。まずはこれらの分野の対策に集中し、そのほか図形などの頻出分野の対策に移行する。

京都大学理系数学のチェックリスト

京都大学理系数学のカリキュラム

    京都大学理系数学入門

  • 理系数学のプラチカ数学ⅠAⅡB

    理系数学の良問プラチカ数学ⅠAⅡB

    難関大学対策用の参考書です。青チャートなどで身につけた知識をどのように使うか、身につけていきましょう。

  • 理系数学のプラチカ数Ⅲ

    理系数学の良問プラチカ数学Ⅲ

    数学Ⅲでもプラチカで演習を進めていきます。青チャートなどで身につけた知識をどのように使うか、身につけていきましょう。

他の科目の対策を見る!

京都大学の他の科目の対策はこちらからチェック!

 記事中参考書の「価格」「ページ数」などについては執筆時点での情報であり、今後変更となることがあります。また、今後絶版・改訂となる参考書もございますので、書店・Amazon・公式HP等をご確認ください。

STRUXマガジンYouTubeチャンネル開設!

監修者|橋本拓磨

橋本拓磨

東京大学法学部を卒業。在学時から学習塾STRUXの立ち上げに関わり、教務主任として塾のカリキュラム開発を担当してきた。現在は塾長として学習塾STRUXの運営を行っている。勉強を頑張っている高校生に受験を通して成功体験を得て欲しいという思いから全国の高校生に勉強効率や勉強法などを届けるSTRUXマガジンの監修を務めている。

詳しいプロフィールはこちら