日本史勉強法

日本史暗記|暗記の悩みとはこれでおさらば!!デキる人はやっていた!日本史暗記法

日本史 暗記 基本の勉強法

「大学受験オンライン戦略会議」、略して「オン戦」では、学習塾STRUX塾長である綱島将人監修のもと、第1志望校合格のための勉強法や勉強に関するコラムを、"受験計画"を通してわかりやすくお伝えしています。高校生のマルオをはじめとするキャラクターたちと、合格への"最短距離"をすすんでいきましょう。

サイトについてはこちら

日本史の勉強で 暗視必須のポイントと 効果的な暗記法を教えます。

日本史の勉強で欠かせないのが暗記。しかし、「全然覚えられない」、「どうやって覚えたら良いのかわからない」なんて悩んでいる人は多いと思います。この記事ではそんな受験生の悩みを解決する、日本史暗記のコツについてお伝えします。

  • 紙画像
  • 案件
    日本史を暗記できない。

あれ〜〜??5代綱吉の次は吉宗だっけ?慶喜だっけ?
6代将軍は家宣だぞ。
あ、そうなんですね!!赤神さんは徳川将軍全部暗記しているんですか?
まぁそんなに難しいことでもないしな。ところでマルオ君はいま、日本史の暗記をしていたのか?
そうなんですよ。やっぱり日本史は暗記出来なきゃいけないと思ってやっているんですが、全然覚えられなくて
特に何が覚えられないんだ?
人物名も暗記できないし、年号とも……。あと漢字間違いとかよく起こります!!
うん、一通り覚えられないってことだな。
さっきの赤神さんみたいに、さらっと言えるようになりたいです!!どうすれば暗記できるようになるんですか?
じゃあ今日は「日本史の暗記法」を解説しよう。マルオ君でも「記憶に残る」暗記法だ!
お願いします。

戦略1. あなたは何が原因? 日本史で覚えなければいけないこと

いきなり暗記法を紹介するのではなく、まず日本史で「覚えなければいけないこと」を説明していきます。

覚えられない原因や解決策は「何を覚えなければいけないか」によって異なります。ですのでまずは日本史で覚えなければいけないことを今一度認識しましょう。

日本史で覚えなければいけないこと

  1. 用語
  2. 用語の内容
  3. 年号
もちろん僕は全部暗記していない!!
そんなところで威張るな……。

日本史で覚えなければいけないことは3つです。一つずつ解説していきましょう。

①用語

「足利義政」や「神皇正統記」などの用語が覚えられないパターンです。「言葉はわかるんだけど漢字は書けない」「この将軍は何代だっけ?」といったものも含みます。

そうそう!!日本史って漢字ばっかで覚えにくいんですよ!!

②用語の内容

例えば、「勘合貿易について説明せよ」といった問題。答えられますか?

え〜っと。勘合貿易は見たことあるけど、いきなり言われてもわかんないですよ。

こういった問題の時に「単語は見たことあるんだけど」と言って答えられないのがこのパターン。用語を見たことだけはあって内容は暗記していないパターンです。

③年号

このパターンに苦しんでいる人は意外と多いのではないでしょうか?

センター試験などでよく「出来事が起こった順に並び替えよ」という問題が出ます。

例えばこんな問題。

問4 下線部©に関して述べた次の文I〜IIIについて、古いものから年代順に正しく配列したものを、下の①〜⑥のうちから一つ選べ。

I 造都を主導していた藤原種継が暗殺され、早良親王が首謀者として処罰された。
II 三筆の一人として知られる橘逸勢が謀反を企てたとして流罪になった。
III 政権を批判して九州で反乱を起こした藤原広嗣が敗死した。

① I—II—III  ② I—III—II  ③ II—I—III
④ II—III—I  ⑤ III—I—II  ⑥ III—II—I

(平成29年度 センター試験「日本史B」)

もうわからん!!
そんなムキにならなくてもいだろ。

この問題のように、年号を暗記できているかどうか問われる問題は日本史では頻出ですので、年号を覚えるのは必須です。

これら3つが「覚えなければいけないこと」です。ほとんどがこの3パターンに当てはまります。

日本史で覚えなければいけないこと ①用語 ②用語の内容 ③年号

ここから先はそれぞれのパターンに合わせた暗記法を紹介していきます。

覚えることは山ほどありますが、これから紹介する暗記法を駆使すれば、日本史で覚えなければいけないことのほとんどすべてに対応できます。

なんとまぁ!!

では、早速解説していきましょう。

ペン画像戦略2 これでバッチリ 日本史暗記法

はじめに「用語」「用語の内容」の暗記法から解説していきましょう。

「用語」「用語の内容」の暗記法

「用語」そのものが覚えられない場合、理由として考えられるのは2つです。

  1. 用語を「覚える作業」を怠っているから
  2. 用語「だけ」を覚えようとしているから

1.「覚える作業」を怠っているから

一問一答をやらなかったり、教科書を読んだだけで暗記しようとしたり。人によって定着度は変わりますが、一問一答を3~4周もするなど、「覚える作業」をきちんとやれば、だいたいの用語は頭の中に入っているはずです。

2.用語「だけ」を覚えようとしているから

用語の意味や内容を全く意識せず、ひたすらその用語だけ覚えようとしてしまっている状態に陥ってしまっている。つまり丸暗記しようとしている状態です。実は2は「用語の内容」が覚えられない理由と同じです。

用語集に掲載されている用語は約6000語です。

昔から暗記は得意な人でも、日本史の用語を丸暗記するのは至難の業。まして暗記が苦手な人ならなおさらだと思います。

こんなにたくさん。知らなかった……。
だから日本史で丸暗記はもうやめよう
はい!でもそれじゃあどうやってやるんですか?

そこで紹介するのが、「ストーリー」と関連付けて覚える暗記法

ストーリー??Instagramですか??
違う!その用語の背景も覚えていくことだ!
背景??どういうことですか?

例えば、明治時代の「自由民権運動」だと、事件や法律はたくさん出てきますが、それぞれなぜ起こったのか、なぜ法律が出されたのか、という理由まで理解した方が覚えやすくなるのです。

理由まで理解できた方が覚えやすいぞ!
でも量が増えるだけで大変なんじゃないですか?

そう思うかもしれませんが、ストーリーで覚えた方がたくさん覚えられます。

ここでXという用語を覚えるとして、「A.丸暗記する方法」と「B.ストーリーと関連付けて覚える方法」で比較してみましょう。

A.丸暗記する方法の場合

Xってなんで起こったんだろ?わかんないけど、とりあえず覚えておこう!

B.ストーリーと関連付けて覚える方法

そもそもXっていうのはYの影響なのか。そしてXのせいでZまで起こったのか。

どちらのほうがXを記憶できそうですか?

Bの方が、理解が深まりそうだから、覚えられそう!

マルオ君の言う通り、Bの覚え方は他の出来事と関連させながら覚えようとしているため、「Xってなんなのか?」という用語の内容が理解しやすいです。

理解が深まれば、暗記もスムーズになりますよね。また、関連付けることでXだけでなく、YやZまで覚えられるので、より効率的です。

なので、「用語」「用語の内容」が覚えられない人は、今から紹介するステップで勉強することをおすすめします。

Step1. インプット
知識を理解する。
Step2. 定着
インプットした知識を忘れないようにする
Step3. アウトプット
知識を利用して問題を解く

ひとつずつ見ていきましょう。

Step1 インプット

まずはインプット。ここでは「通史」を理解していきましょう。「Xはなぜ起こったのか」というように、歴史の流れを頭に入れていきましょう。

具体的な勉強の仕方については、こちらのリンクを参照してください。

「日本史を選択科目としてえらんだはいいけど、日本史なんていままで勉強したことおぼえてないし… 覚えることはおおすぎるし…」そんな悩みを抱えているあなた。そんなあなたが、日本史を得意教科にできる ...... 続きを読む≫
日本史を受験教科に選んだ人がかならず通る道が、通史。「そもそも通史って何をすればいいの?」「どこまでを覚えないといけないの?」という悩みを抱えている人も多いのでは? そんなあなたが日本史を得意教科にで ...... 続きを読む≫

インプットの時は、単語ひとつひとつを覚えようとせず、単語どうしが関連しあって、一本の線を作るイメージで勉強していきましょう。

インプットだからといって、単語を覚えようとせずに、まずは「理解」しましょう。

step2. 定着

次は定着。ここでは「穴埋めノート」を使って、step1で関連付けて理解した知識を頭に定着させましょう

インプットをやったらすぐに、穴埋めノートにうつって、復習するのが理想です。

穴埋めノートの使い方についてはこちらのリンクを参照!

穴埋めノートカリキュラム(執筆中)

質問です!!おすすめの穴埋めノートってありますか?
「穴埋めノートカリキュラム」で紹介している『詳説 日本史ノート』(詳説日本史ノート|Amazon)がおすすめだ!他には『書き込み教科書 詳説日本史』(書き込み教科書 詳説日本史|Amazon)がおすすめだ!

詳説日本史ノート

書きこみ教科書詳説日本史

step3. アウトプット

最後のステップはアウトプット。ここでは一問一答問題集や、センター試験の過去問などの問題集を解きましょう

アウトプットでは、定着させた知識を「引き出す」訓練をしていきます。

詳しい勉強のやり方は「単語演習」の記事を参考にしましょう。

「通史が終わったから、日本史の勉強はばっちり!」そのように考えているあなたは、まだまだ甘いです!入試においては、「知識がある」だけではなく「問題が解ける」ということがとても大事!知識は一通り身につけた ...... 続きを読む≫

この単語演習の時もストーリーと関連づけて、「なぜその出来事が起こったのか?」ということを意識しながら進めていきましょう。

赤神さん、質問です。どうしてアウトプットまでしなければいけないのなんですか?
問題を解こうと思って知識を「引き出す」ことでより記憶に残るようになるんだ!
なるほど!このアウトプットの時におすすめの参考書はありますか?
問題集は自分の志望校に応じて選ぼう。一問一答などは先ほど紹介した「単語演習カリキュラム」で紹介している一問一答がいいだろう。

用語、用語の内容は ストーリーと関連させて覚えよう。

「年号」が覚えられない

年号が覚えられない原因も先ほどの「用語」と同じく、年号だけを覚えようとしているからです。「〜年に〜が起こった」だけでは、やはり覚えにくいです。

「教科書」や「学校の授業」でしっかり勉強していれば、その出来事が起こった順番や流れがわかるはずです。

流れを理解しているだけで解ける問題もありますが、年号そのものを問われる問題や、年号を暗記していないと答えにたどり着けない問題も多いです。

流れだけじゃなくて、年号も暗記しないとだね!

流れとセットで年号まで覚えられるのは理想ですが、どうしても覚えられない!という人におすすめなのが、「語呂合わせ」で覚えること。

「794(なくよ)ウグイス平安京」とか有名ですよね。

年号など、単調なものの暗記には語呂合わせがぴったりです。リズムに乗せて頭に定着させましょう。

また語呂合わせは教科書やノートの年号が書いてあるところに、書き込んでおくのがいいでしょう。通史の復習をするときに年号も合わせて覚えてしまいましょう。

その年号の語呂合わせの参考書として、おすすめなのが、

高校100%丸暗記 日本史年代:マンガとゴロで

高校100%丸暗記 日本史年代:マンガとゴロで|Amazon

イラストや簡単な解説とともに、時代ごとにたくさんの語呂合わせが紹介されています。

解説まで読めば、その年号に起こった出来事がどんな出来事だったのか、にいたるまでちゃんと確認できるようになっています。

ただ、流れを理解することが一番大事です。語呂合わせは、流れの中で年号を覚えるときに使うものという認識だけは持っておきましょう。

年号には語呂合わせをどんどん使おう!

ペン画像戦略3. やっぱり不安……? 暗記のお悩みポイント総まとめ!

赤神さん、暗記をすればするほど悩みが出てきます。
どんな悩みだ??
まずどこまで覚えればいいんですか?いくらなんでも多すぎです!!
難しい質問だな。端的に言ってしまうと、志望校によって変わってくるぞ。大体の目安を教えよう!
早慶レベル
一問一答や早慶レベルの問題集に載っている単語
難関国公立、MARCHレベル
教科書に出てくる単語
上記以外の大学
教科書の太字
あくまで目安だから鵜呑みにはしないように。過去問を見て確認しよう!

志望校で覚えるべき単語数は変わる!

なるほど!話は変わるんですけど、暗記する時間って考えたほうがいいんですか?朝とか夜のほうが覚えやすいってどこかで読んだことがあって。
確かに「朝」や「寝る直前」のほうが暗記しやすいよく言われているが、正直あんまり関係ない!!
なんとまぁ!!
「いつやるか」という時間帯よりも、「どれくらい暗記の時間をとれているか」で考えよう。しっかり時間をとって勉強していれば、時間帯は関係なく覚えられる。

暗記は「いつやるか」よりも「どれくらいできているか」を意識しよう

もちろん「朝」や「寝る直前」にやることが効果がないと言っているわけではない。その時間にやれればなお良いって感じだから、自分にあった時間でやろう。
「時間帯」より「量」を気にするべきってことですね。
その通り!!さらに量の話では言っておくと、暗記は「何度も繰り返すこと」が大事だ。「繰り返しやること」は暗記での鉄則だ!
ふぁい!!あと、先ほど単語の覚え方を教えてもらいましたが、漢字が書けないことがあるんですけど、漢字を覚える方法ってありますか?
いい質問だ!漢字の覚え方としては「書いて覚えること」ことをおすすめする!小学生のころ、「漢字ドリル」を使って、書いて覚えたことがあると思うが、書いて覚えたほうが、ただ「読んだり」「一問一答をやったり」するよりも効果的だ!

漢字は何度も書いて覚えよう!!

まとめ

今日の授業の振り返りだ!!
  1. 日本史で覚えなければいけないこと
    • 用語
    • 用語の内容
    • 年号
  2. 用語、用語の内容の覚え方
    • ストーリーと関連づけて覚えよう
  3. 年号の覚え方
    • 語呂暗記で定着させよう