大阪大学


大阪大学 物理の対策

大阪大学の物理は、高度な思考力と計算力が問われる難関試験です。問題集の典型問題がそのまま出題されることは少ないため、しっかりと傾向をつかんで対策しておく必要があります。
この記事では、大阪大学物理の出題傾向からレベル別勉強内容まで、攻略に必要な情報をすべて解説します。

大阪大学の物理出題傾向

大問3題構成で、例年第1問は力学、第2問は電磁気、第3問は熱力学・原子・波動分野のいずれかから出題されます。熱力学からの出題頻度がやや高めです。

力学では、パラシュートによる物資落下・塀を飛び越える自動車の放物運動・電車の運動など、近年ユニークな出題が目立ちます。見慣れない条件設定に惑わされず、物理現象を正しく把握して適切な関係式に落とし込む能力が要求されていると言えます。単振動・力学的エネルギー・運動方程式など、力学の知識を総動員して使いこなす必要があるため、穴がないようにしておきましょう。

電磁気では、「磁場の中を運動する導体棒」・コイルやコンデンサーを含む回路といったテーマが頻出です。問題集でよくある状況設定であることが多いため、頻出の出題パターンは市販の問題集で確実に網羅しつつ、過去問演習も十分に行っておきましょう。

熱力学では、気体の状態変化やピストン付き容器を扱う問題が頻出。条件設定は様々ですが、物理現象を正確に把握し、理想気体の状態方程式・熱力学第一法則といった関係式をうまく使いこなせるようにしておきましょう。

原子や波動については比較的出題頻度は低いですが、標準レベルの問題集や過去問を一通り網羅をしておきましょう。原子よりも波動分野を優先して対策した方が良いでしょう。波動分野からの出題の方がやや多く、原子分野でも波動の考え方が必要になるためです。

大阪大学物理の各問題の特徴

大問構成はこのようになっています。

  • 第1問 力学記述式設問
  • 第2問 電磁気記述式設問
  • 第3問 熱力学・波動・原子いずれかの記述式設問

大問3題で構成され、例年第1問は力学、第2問は電磁気、第3問は熱力学・波動・原子分野のいずれかから出題されます。ただし近年第3問は独立した2つのテーマに分かれているため、実質的には4題構成と言えます。形式は、導出過程なしで答えのみを書かせる記述式。さらに前半の小問の答えや考え方を後半の小問で使うパターンが多いため、ケアレスミスには要注意です。複雑な計算でもミスなくすばやく処理できるよう、十分に演習を積んでおきましょう。

大阪大学物理の時間配分の例

試験時間は、理科2科目で150分。単純計算で、物理の大問1題あたりにかけられる時間は25分です。難易度を考えると、かなり厳しい時間設定と言えます。

時間配分の例

00:00 第1問 力学記述式設問(25)
00:25 第2問 電磁気記述式設問(25)
00:50 第3問 熱力学・波動・原子いずれかの記述式設問(25)

見たこともない条件設定が扱われることもあるので、とっつきにくいと感じたら後回しにした方が無難です。まずは大問3題をざっと眺めてみて、問題集で見たことがあるような条件設定の問題や、解き方の予想がつく問題があれば優先的に解きましょう。時間が厳しければ、各大問において比較的解きやすい前半の小問を先に解いておくのも手です。時間を計って過去問演習を行い、時間配分をよくシミュレーションしておきましょう。

あなたの志望校に沿った
勉強計画を作成します

学習塾STRUXでは、第1志望校の傾向に合わせたレーダーチャート・勉強計画を作成しています!あなたの今の学力にあった勉強計画を知るには、学習塾STRUXの無料体験をご活用ください。

阪大物理で必要な学力レベル

大阪大学物理では、見慣れない設定でも物理現象を正しく把握する理解力、現象から成り立つ関係式を見抜く洞察力、複雑な計算でも最後まで解き切る計算力が求められます。
毎年ほぼ確実に出題される力学と電磁気は、市販の問題集で応用問題までしっかりやり込んでおきましょう。熱力学・波動・原子分野については、標準レベルの問題を網羅しつつ、過去問も活用し対策しておきましょう。

力学

力学はレベル4。目新しいテーマが出題されることも多いため、初見の問題でも落ち着いて対処できる本質的な実力が要求されます。どんな条件設定であっても、物理現象や成り立つ関係式を問題文から的確に把握し、図や数式で状況を整理できるようにしておきましょう。

電磁気

電磁気はレベル4。「磁場の中を運動する導体棒」、コイル、コンデンサーといった典型的な設定が頻出です。ただしテーマ自体は典型的でも、複雑な状況を問題文から正確に読み解き、物理現象を数式に落とし込む必要があります。どんな状況のときにどんな法則が当てはまるのか、問題演習を通じてしっかり知識を整理しておきましょう。

熱力学

熱力学はレベル4。熱サイクルや気体の状態変化といった頻出テーマからの出題が多いですが、複雑な状況設定を正確に把握する能力が要求されます。熱力学では使う公式が限られているので、問題文で与えられる条件を丁寧に読み解き、使える関係式にうまく当てはめられるかが鍵。

波動

波動はレベル4。直感的にイメージしづらい分野なので、複雑な設定だと状況把握が難しいです。出題頻度は低いですが、その分力学や電磁気よりも受験生によって差がつきやすい分野と言えます。近年大問3で2つのテーマが出題されるようになったことで、出題確率が上がっているので、少なくとも標準レベルの問題は確実に解けるようにしておきましょう。

原子

原子はレベル4。過去の出題頻度は低めですが、実質大問4題構成になったことで、波動と同様に出題頻度が高くなることが予想されます。コンプトン効果・核融合・ボーアの原子模型といった入試に頻出のテーマは確実に押さえておきましょう。やみくもに問題の量をこなすより、理論を丁寧に理解することに時間を割くべきです。阪大の過去問だけだと出題回数が少ないので、京大や東大の過去問を活用しても良いでしょう。

大阪大学物理が解けるようになるためのレベル別勉強法

ここからは、大阪大学の物理で合格点をとれるようになるための勉強内容をご紹介します。「これから勉強を始める!」という人ははじめから進めてほしいですし、「ある程度基礎はできている!これから大阪大学に特化していきたい!」という人は途中から読み進めてもOKです。

まずは教科書レベルから。物理の基本をしっかり身につけよう

1、2年生のうちは、物理の勉強は学校の授業や定期テストと並行して行うことでスムーズに進めることができます。ただし3年生の履修範囲は、学校の進度が遅いと入試対策が間に合わなくなる恐れがあるので、予習が必要になります。2年生の終わり~3年生になる頃には予習をスタートさせ、遅くとも3年生の夏前には全範囲の基本知識を一通り身につけておきましょう。

これまで習った範囲の復習も含め、以下の参考書で全範囲の知識の網羅と定着を図ります。

「スタディサプリ」などの映像授業を活用し、教科書レベルの基本知識をしっかり理解しましょう。いきなり問題集に取り組まず、まずは映像授業の視聴と付属の問題を解くことで基礎を固めていきましょう。

「リードα」「セミナー」などは適宜学校で配布されたもので似たようなものを使っても構いません。学校で配布されない場合、中古のものの購入や市販の「エクセル物理」などを活用しましょう。問題数が多くレベルも幅広いため、知識の定着にも入試レベルへの飛躍にも最適です。

次に進むポイント

  • 物理への苦手意識はない
  • 物理でどういう分野があって、どんな問題が出るのか把握している
  • 教科書レベルの基本的な内容はすべて理解できた

阪大入試を解くための「定石」問題演習

基本的な知識を身につけたら、問題演習に取り組みます。物理では各分野で「定石」とも言える頻出の出題パターンがあり、難問であっても定石の組み合わせで解けることがほとんどです。入試問題を攻略するには、まずは全範囲において定石問題を網羅することが重要です。

3年生の夏休みが終わるまでには、上記の参考書を仕上げておきましょう。
並行して、センター試験・共通テスト過去問にも夏休み中に1度は取り組んでおきましょう。2次試験は定量的な解答を導き出す問題がほとんどですが、一方で共通テストは物理現象に対する定性的な考察や、用語の正確な理解を問われる問題も出題されます。市販の問題集は2次試験を意識したものがほとんどなので、過去問演習で共通テストの出題傾向にも早めに慣れておきましょう。

次に進むポイント

  • 「良問の風」の問題を9割以上は解ける
  • センター試験・共通テスト過去問で8~9割くらいは取れる

実践的な問題集で、阪大入試攻略に向けた総仕上げ

定石問題を身につけたら、より入試本番に近い難易度の問題集にどんどん取り組んでいきましょう。

上記2冊を完璧にすれば、阪大物理を突破する実力が身につくはずです。
間違えた問題はもちろん、正解した問題も解説に目を通し、自分の考え方が合っていたか・物理現象を正確に把握できていたかといった観点で、丁寧に知識を定着させていきましょう。本番で類題が出されたらスラスラ解ける、という自信がつくまでやり込んでおくと安心です。くれぐれも、参考書を終わらせることが目的にならないようにしてください。

ここまでの参考書を仕上げたら、過去問演習に取り組みます。遅くとも3年生の11月頃には着手したいところです。
共通テストについては配点がかなり低いですが、第1段階選抜(足切り)にだけ注意する必要があります。過去問を中心に演習しておき、初見で9割程度は取れるようにしておきましょう。

  • 過去問阪大の物理20カ年
  • 過去問赤本(5〜10年分)

過去10年分の過去問に、本番通りに時間を計って取り組みましょう。本番ですべての問題を解き切ることは難しいので、時間を計って過去問に取り組むことで、解ける問題を選んで確実に解く練習をしておくといいでしょう。

【ストマガ読者限定】
勉強のペースメーカーになってくれる!
ストマガ公式LINEアカウント

記事サムネイル

勉強法を読んで理解できたけど、結局どういうペースで勉強すればいいかわからない、という状態では不安になってしまいます。
ストマガ公式LINEアカウントでは

  • 登録者限定の受験相談イベント先行案内
  • 毎月のおすすめ勉強内容や合格のポイント定期配信
  • 時期ごとの勉強のコツや限定動画の配信

などを行っています。

高3・受験生向け友だち追加 高1・高2生向け友だち追加

これさえ登録しておけば、毎月のカリキュラムと受験についての情報、勉強の注意点がすべてわかります!
ぜひ、受験当日までの勉強のペースメーカーとして活用してください。

ストマガYouTubeチャンネルもチェック!

ストマガのYouTubeチャンネルでは、今日から役立つ効率的な勉強法や、受験に関する知識をわかりやすく配信中!大学の傾向分析や計画の立て方、各科目の勉強法だけでなく、ストマガで振れられない時期ごとの勉強法もチェック!

記事中参考書の「価格」「ページ数」などについては執筆時点での情報であり、今後変更となることがあります。また、今後絶版・改訂となる参考書もございますので、書店・Amazon・公式HP等をご確認ください。

監修者|橋本拓磨

橋本拓磨

東京大学法学部を卒業。在学時から学習塾STRUXの立ち上げに関わり、教務主任として塾のカリキュラム開発を担当してきた。現在は塾長として学習塾STRUXの運営を行っている。勉強を頑張っている高校生に受験を通して成功体験を得て欲しいという思いから全国の高校生に勉強効率や勉強法などを届けるSTRUXマガジンの監修を務めている。

詳しいプロフィールはこちら
伸び悩んでいる人が気をつけるべき3つのこと、ストマガ読者限定公開!
学習塾STRUX新年度無料体験受付中!
毎日の勉強を分析・改善・指導する学習塾STRUXってどんな塾?
志望校に合格するために何から始めればいいかわからない!そんな人はチェック!