科目別分析

学習院大学の英語入試の対策法 徹底対策!

「STRUX大学受験マガジン」では、学習塾STRUX塾長である綱島将人監修のもと、第1志望校合格のための勉強法や志望校別の対策のしかた・勉強に関するコラムをわかりやすくお伝えしています。高校生のマルオをはじめとするキャラクターたちと、合格への"最短距離"をすすんでいきましょう。

トップページでほかのコンテンツを見る

志望校別の対策を見る!こちらをクリック

無料勉強計画作成会について知る!こちらをクリック!

学習院大学の英語の入試は、文法・和訳・正誤判定・作文など問題形式が多いのが特徴です。ですので、それぞれ対策してきましょう

また解答形式もマークと記述式で出題されますので、読むだけではなく書ける力もつける必要があります。しっかり基礎を固めた後に、過去問を活用して問題形式に慣れることが重要です

学習院大学の英語は問題形式が多岐にわたるので慣れていないと苦戦してしまうぞ!

学習院大学の英語のレーダーチャート分析


解説

学習院大学の英語のレーダーチャートはこのようになりました。リスニングを除いた全ての分野でバランスよく英語力が求められます。

問題形式が多岐にわたるので各分野をなんとなく知っているだけでは対応できません。それぞれの問題形式に対応できるように知識をしっかり定着させておく必要があります。

英単語

英単語はレベル3。特に難しい単語は求められませんが入試頻出語句など基本的な単語はしっかり覚える必要があります。『ターゲット1900』の前半1400単語くらいは単語を見たらすぐに日本語訳できるくらいに仕上げましょう。

また学習院大学では英作文が出題されますので、表現ができる幅を広げるためにもしっかり暗記しましょうですので暗記するときにスペルも気にしながら覚えていきましょう

覚えた単語を書く前提でインプットしていこう!

英文法

英文法はレベル3。学習院大学では文法単独での問題が出題されますので、文法書に載っている基本的な文法事項を覚える必要があります。

特段難しい文法事項は求められませんので『Vintage』などの文法書を9割の正答率を目標にしっかり仕上げてしまいましょう。それが終わったら各学部の出題形式に慣れるために過去問演習に入りましょう

細かい文法事項までしっかり覚えないといけないんだね!

英文解釈

英文解釈はレベル3。学習院大学では和訳問題も出題されます。決して難易度は高くなく英文解釈の基礎をしっかり押さえられていれば解答することができます。ですので参考書を何周か行い完成させましょう。

また英文解釈の力は長文を読む上でも不可欠ですから、英単語・英文法の学習を終えた後、カリキュラムの内容を参考にして対策していきましょう。

英文解釈を学び終えたら、和訳問題に対応できるようになるぞ!

長文読解

長文読解はレベル3。長文読解では、空欄補充問題や内容一致問題などに対応できる力をつけていく必要があります。空欄補充問題に対応するには空欄の前後から文章を推測できる必要があります。そのためにはどんな話がされているのか予測しがら読み進める習慣をつけましょう。

また、内容一致問題では本文を正確に理解できているかが試されます。主な対策方法はパラグラフごとに何が話されていたかまとめながら読み進めていくことがあげられます。何題も長文を繰り返し解いて読解力をつけていきましょう。

演習するときに推測したりまとめたりしながら読むようにしたほうがいいんだね。

英作文

英作文はレベル2。難易度の高い英作文は求められません。参考書1冊は確実に完成させましょう

英作文は基本的な書き方をしっかり身につけて、減点されずに確実に得点したい問題です。ただし国際学部を志望する人は作文が出題されませんので特に対策する必要ありません

基本的な書き方をしっかり押さえて高得点を取ろう!

リスニング

リスニングはレベル0。特に対策する必要はありません。

出題されないものは勉強しなくていいね!

学習院大学の英語入試の対策法|具体的な勉強内容を分析

学習院大学の英語でやるべき参考書リスト


やるべき参考書の詳しい解説は、下を見てね!

英単語カリキュラム

レベル0→2
レベル2→3

英文法カリキュラム

レベル0→1

レベル1→2
レベル2→3

英文解釈カリキュラム

レベル0→1
レベル1→2
レベル2→3

長文読解カリキュラム

レベル0→1
レベル1→2
レベル2→3

英作文カリキュラム

レベル0→2

対策の全体方針|学習院大学の英語

学習院大学の英語では、リスニング以外の分野でバランスのとれた演習をこなしていく必要があります。カリキュラムにある参考書をこなすことができれば、学習院大学に合格できるだけの力がつくのでしっかり演習しましょう。

また、ひととおり学習を終えそれぞれの分野の力が身についたら過去問演習に入って各学部の対策をする必要があります。学習院大学の問題は種類が多いのはもちろん、形式や出題の仕方に癖がある大学ですので何度も解いて対策しましょう。また過去問を解いていて知識に穴が見つかり次第、該当する分野の穴埋めを行って抜かりなく対策できるとベストです。

最後の過去問演習で問題の出題形式に完全に対応してから、入試に臨もう!

ライター|学習塾STRUX講師陣

STRUX講師陣

『自学自習で合格する』をコンセプトにした学習塾です。生徒に学習トレーナーをつけることで、第1志望校合格に導いています。学習トレーナーが、第1志望校合格までに【どの参考書を】【どの時期に】【どれくらい】【どの勉強法で】やるべきかまでを指定するので、「今日、なにを勉強すればいいの?」といった悩みを持たせません。

STRUXの詳細を見る
line@の概要
友だち追加
line@限定動画
line@限定記事
友だち追加