東京大学

【東京大学英語】対策と傾向を徹底分析!東大英語攻略のコツは英作文?

東京大学英語の対策と傾向
志望校別の対策を見る!こちらをクリック

合格実績を見る!こちらをクリック!

日本のトップ・東京大学の英語はその名にふさわしく総合力が問われる試験。そんな東大英語だからこそ、きちんと傾向をつかんで必要な対策に絞っていくことが重要です。

この記事では、東京大学英語の攻略に必要な情報をすべて、レベルごとにお伝えしていきます。

動画でも解説中!

東京大学の英語出題傾向

東京大学の英語の入試は、「読む」「書く」「聞く」すべてにおいて高いレベルの英語力が要求されます。
また全体の問題量も多く、限られた制限時間の中でいかに正確に処理をしていくか、が勝負の分かれ目となっています。

各問題の特徴

大問構成はこのようになっています。

  • 第1問A 要約
  • 第1問B 文補充など
  • 第2問 英作文
  • 第3問 リスニング
  • 第4問A 文法
  • 第4問B 和訳
  • 第5問 読解

第1問A:要約

A41枚程度の英文(600語程度)を読み、80字〜120字程度の日本語で要約する問題です。要約問題ということで、本文の論旨や構成を崩さないまま、必要な部分だけを抽出して解答にする必要があり、正確な読解能力が求められます。
とはいえ、その後の問題に比べると部分点含めてとりやすい分野であるため、しっかり解ける必要があります。

第1問B 文補充など

年度により変わり、過去では段落整序がでていたこともありますが、近年ではもっぱら空欄にあてはまる文章を選ぶ問題です。こちらも文章を正確に読み取る必要がありますが、要約と比べると長文の難易度が高いため、完答するのは意外と難しい問題です。

第2問 英作文

従来からAとBの2題方式。いままではABともに自由英作文が出題されていましたが、2017年から京都大学に近い和文英訳も出題されるようになったため、両方の対策が必要となりました。和文英訳はさまざまな英文に触れつつ、まずは英語にできる日本語に直す力が必要となります。自由英作文は「もし祝日を新たに設けるとしたらどんなものにするか」「絵の状況を描写しなさい」などテーマこそ特殊なものが多いですが、語数も60〜80語程度なので書きにくくはないはずです。きちんと対策することで点を一番稼げる分野としてはここになります。

第3問 リスニング

会話文3つで、ひとつにつき5問の問題がついている設問。記号の選択式であることがほとんど。スピーカーから放送されること、受験会場によって聞き取りづらさが変わること、再生スピードが比較的早いことが高得点を妨げる要因になるので、早めの音声で慣れておくことが必要。ただ、設問の難易度は「やや難しい」程度なので、ここも得点源にしたいところです。

第4問A 文法問題

文法問題としてはさまざまなものが出題されているが、誤文訂正や空所補充が多い。文法問題だからといって簡単なわけではなく、細かいイディオムや注意していないと見落としがちな文法事項が多いため高得点は狙いにくいです。

第4問B 和訳問題

短めの文章の一部に下線が付されておりその部分を和訳する問題。単語の難易度は難しくないが、構文についてはいろいろなパターンを知っておかないと見分けるのが難しいことが多いので注意が必要。構文に忠実に訳ができるかどうかがカギになりますが、それができれば比較的特典しやすい分野です。

第5問 読解

700語程度の読解問題が出題される。評論文は第1問でさんざん扱うので、こちらは随筆的な文章や物語文が比較的出題されやすい。設問は和訳、内容理解、論述、文法など多岐にわたり、これを時間内に読み切ることが必要。物語文などは特殊な表現が使われることも多いため、会話表現や中間話法なども復習して戸惑わないようにする必要があります。

時間配分の例

東大の英語は120分で、真ん中に30分のリスニングが挟まります。なにかの大問をといている途中にリスニングに入ると最悪なので、計画的に解きすすめることがとても大事になってきます。ただでさえリスニング以外の4つの大問を90分、つまりひとつ22分で解く必要があるため、10分刻みで解く方針を決めておくことが大事です。

方針としては、確実に点を取れる分野、たとえば英作文や要約をはじめに解ききっておくことが王道。そして遅くともリスニングの5分前にはリスニングの選択肢、問題を先に読んでおき、出題内容を確認しておくことが必須。あとは得点に繋がりやすそうな問題から優先して解くことになります。

00:00 第1問A 要約(10)
00:10 第2問A 英作文A(10)
00:20 第2問B 英作文B(10)
00:30 第4問B 和訳(8)
00:38 第3問 リスニング先に目を通す(7)
00:45 第3問 リスニング(30)
01:15 第4問B 和訳残り
01:20 第5問 長文(18)
01:38 第4問A 文法(10)
01:48 第1問B 空文補充(12)

これでも長文をやる時間がきついので、和訳まではなるべくリスニング前におわらせられるとよいでしょう。

あなたの志望校に沿った
勉強計画を作成します

学習塾STRUXでは、第1志望校の傾向に合わせたレーダーチャート・勉強計画を作成しています!あなたの今の学力にあった勉強計画を知るには、学習塾STRUXの無料体験をご活用ください。

東大英語で必要な学力レベル

レーダーチャート

ここでは、学習塾STRUXが使用しているレーダーチャート分析をもとに、東京大学の英語に必要な参考書・レベルをチェックしていきます。

東京大学のレーダーチャートはこのようになります。

東京大学の英語のレーダーチャートはこのようになりました。すべての分野において高い完成度が求められています。

多くの大学では課されないリスニングの試験も課され、また英作文も高いレベルが求められるなど、単語・文法・長文以外の力も伸ばしていく必要があります。

英単語

英単語はレベル4。特別に難しい単語が出てくるわけではないですが、しっかりとした単語力をつけておく必要があります。

他の分野・他の科目に対策の時間を取られる分、英単語は「鉄壁」なども使いながら早めの段階に完成させておきたいですね。

英文法

英文法はレベル3。英文法単独で出題される問題は第4問のみなので、そこで少しでも点を取れ、かつ和文英訳や長文読解をする上で困らない程度の標準的な文法力が求められます。

こちらも英単語と同様、受験生になると対策の時間を十分に取れないので、早い段階で完成度を高めておきたいところです。

英文解釈

英文解釈はレベル4。東大の試験では和文英訳が課されるため、高いレベルの英文解釈能力が求められます。

英文解釈の力は長文を読む上でも不可欠ですから、英単語・英文法をひととおり学んだ後は、英文解釈も早めの段階で取り組みたいところです。

長文読解

長文読解はレベル5。最高学部の試験にふさわしく高い難易度の読解問題が並んでおり、限られた時間内でいかにすべての問題を正確に解くことができるか、が合否を左右します。

長文読解の力なしには、解くことができない問題がほとんどですから、長文読解は基礎的な問題集から演習を積んで、正確性・速さを共につけておきましょう。

英作文

英作文はレベル4。2018年入試に傾向が変わりましたが、依然として高いレベルの英作文の問題が出題される傾向は変わりません。

他の教科とのバランスを考えると、多くの時間をかけることはできませんが、確実に得点を取れるように基礎を固めて、問題演習を繰り返しましょう。

リスニング

リスニングはレベル5。全大学の中でもトップクラスの難易度のリスニングの試験が出題されます。

東大英語は全体の配点の1/4がリスニングとも言われています。勉強時間を惜しむことなく、リスニングの勉強を繰り返し満点を狙いましょう。

東京大学英語が解けるようになるためのカリキュラム

ここからは、東京大学の英語で合格点をとれるようになるための勉強内容をご紹介します。「これから勉強を始める!」という人ははじめから進めてほしいですし、ある程度基礎はできている!これから東大に特化していきたい!という人は途中から読み進めてもOKです。

まずは基礎固め、英単語と英文法を固める

東大を目指すからと言って、いきなり難しい長文や英作文からやりはじめても力は付きません。必ず基本から着実に進めていくことが重要です。まずは「英単語」「英文法」から始めましょう。

「鉄壁」については余裕があればでOK。ターゲット1900だけでも十分ではあります。
単語帳については3周やりきって7割以上覚えられている状態、英文法についてはスタサプを見切って、問題集で8〜9割取れるようになったら、次のステップに進みましょう。

そして英語の基礎になる英文解釈についても、少し触れておけるといいですね。

こちらは2周ほど読み進めていけばOKです。

このあたりを高校1年〜高校2年中盤までにできると、ペースとしては良いです。

一通り参考書をやり終えたら次のものに進みましょう!

次に進むポイント

  • ターゲット1900の単語は8割くらい覚えている
  • 文法事項は一通り理解している
  • SVOCとはなにか、句と節の違いなど、英語の読み方の基本がわかっている

入試に必要な力をつけていく「英文解釈」と「長文読解」

基本が身につくだけでは点数には繋がりません。共通テストや東大入試の問題の基本は「英語長文」なので、この長文がしっかり読めるように、長文の読み方を身に着けていく必要があります。
とはいえいきなり長文を読み始めても、「なんとなく」しかよめません。英語の文章のルールである「英文解釈」をまずは身につけ、すらすらと正確に読めるようになりましょう。

まずは「入試の基本」レベルとして、この2冊を仕上げていきます。「入門70」である程度構文が取れるようになったら、実際に長文を読んでいきます。
まずはこの2冊を最低でも2周やりきって8割〜9割の正答率まで持っていきましょう。

どんどんレベルをあげていきます。長文を正確に読み、問題を解くうえで必要な文法、語法、イディオムは「Vintage」で身につけていきます。それ以外は一つずつレベルを上げて、入試レベルまで持っていきましょう。
ここまでを完璧にやりきれば、共通テストレベルであれば7〜8割読めるようになるはずです。まだ読めない、という場合はセンター試験の過去問や長文の参考書の音読、単語や文法の復習をしてスピードと理解度をあげていきましょう。

このレベルまでを高2冬〜高3の春辺りまでに仕上げられていれば良いですね。

次に進むポイント

  • 「基礎英文解釈の技術100」が難なく読める
  • 500〜600語程度の長文とその問題が30分程度で解ける
  • センター過去問で7割以上とれる

入試レベルの問題に太刀打ちできる「長文読解」や「英作文」「リスニング」を実践

入試を解くレベルまで実力を引き上げるためには、さらに読解を進めていきます。

東大入試で出題される和訳で確実に加点するには、あらゆる構文のパターンに触れておくことがいちばんの近道。「英文解釈の技術」までは少なくともやり込んでおきましょう。長文はより記述問題がそろっている「ポラリス」シリーズも活用。徐々に語数を増やしていき、長い文章・難しいテーマでも時間内に読めるようにしていきます。

そして、確実に点を取りたい英作文・リスニングについても少しずつ固めていきます。英作文で重要な英単語・英文法はすでに固めているので、必要な表現や文章の書き方をいろいろな文章に当たりながら身につけていきます。

リスニングについては、基本的な解き方、聞くときのポイントなどからしっかり固めて、センター試験・共通テストのリスニングレベルでは9割〜満点を狙えるまでまずは持っていきます。

これらの長文演習や英作文・リスニングの基本が高3の夏前に仕上がっているとペースとして非常に良いです。遅くとも夏が終わるまでには終わっているようにしましょう。

次に進むポイント

  • センターや共通テストの長文問題はほとんど間違えない
  • 英作文の基本的な考え方、和文和訳の考え方がわかる
  • センターや共通テストのリスニングで9割以上取れる

東大入試レベルまで引き上げる!仕上げの読解・英作文など

基本的な入試対応力は身についたので、あとは東大に向けて絞り込んでいくだけ。特殊な要約問題やリスニングの対策を適宜入れていきながら、得点を高めていきます。

東大の長文はテーマこそ難解ですがものすごく長いということもなく、本番での点のとり方からしても「ポラリス2」レベルまでしっかり読めれば十分。ここまで参考書で仕上げて、残りは過去問に取り組むのが良いです。
英作文も、基本的な所作がつかめたら自由英作文の対策を進めます。学校の先生などに添削を依頼しながら、文章の構成などにも気を配っていきます。

基本的な参考書をやり終えたら、東大の過去問や東大形式のリスニングで仕上げていきます。特に特徴的な要約問題、空所補充問題などは過去問を解いてみないと解くコツが掴めないので、意識していきましょう。英作文も過去問をどんどん解いていきます。
リスニングは過去問に加え、過去問より速く雑音も多いキムタツシリーズで満点を狙いに行きます。

これらの仕上げの参考書は夏から秋にかけてやりこむつもりでいるとよいでしょう。

  • 過去問赤本(5〜10年分)

直近10年ほどの過去問は赤本で時間を測って取り組みましょう。実際にどの順番で解くのか、というのを意識できるので、11月にある東大模試以降、11月以降の仕上げに使っていきましょう。

【ストマガ限定・これだけは伝えたい】
頑張っても成績が上がらない時に
確認すべき3つのこと

記事サムネイル

大学受験において参考書や勉強法はとても重要ですが、それだけでは合格できません。

  • 同じ参考書を使って「受かる人」と「落ちる人」の違い
  • 合格に向けて、根拠を持って勉強を進めるために必要な〇〇とは?
  • 迷いなく毎日の勉強を進める唯一の方法

について、ストマガ読者の方だけにすべてお伝えしています。

限定記事を読む

この記事を読むだけで、第一志望に向けた勉強の仕方が大きく変わり、今よりも効果的勉強を進められます。ぜひ、この記事を読んで日頃の受験勉強に役立ててください。

記事中参考書の「価格」「ページ数」などについては執筆時点での情報であり、今後変更となることがあります。また、今後絶版・改訂となる参考書もございますので、書店・Amazon・公式HP等をご確認ください。

監修者|橋本拓磨

橋本拓磨

東京大学法学部を卒業。在学時から学習塾STRUXの立ち上げに関わり、教務主任として塾のカリキュラム開発を担当してきた。現在は塾長として学習塾STRUXの運営を行っている。勉強を頑張っている高校生に受験を通して成功体験を得て欲しいという思いから全国の高校生に勉強効率や勉強法などを届けるSTRUXマガジンの監修を務めている。

詳しいプロフィールはこちら
学習塾STRUX新年度無料体験受付中!
志望校に合格するために何から始めればいいかわからない!そんな人はチェック!